磐梯山を眺めながらまったり。身体が喜ぶオーガニックカフェ

2019/01/08

磐梯山を眺めながらまったり。身体が喜ぶオーガニックカフェ

猪苗代町は、猪苗代湖や磐梯山を望むロケーションの良さもあり、年間多くの方が訪れる観光地です。2018年春にオープンした「den en cafe(デン エン カフェ)」は、その名の通り季節ごとに表情を変える田園風景と磐梯山を眺めながら過ごせるカフェ。ゆったりとした時間が過ごせます。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

磐梯山を眺めながらまったり。身体が喜ぶオーガニックカフェ

ログハウス風の外観。「ペットと一緒に入店できるカフェを作りたかった」と話す皆川さん。1階のテラス席は、ペット同伴可

その名の通り、のどかな田園風景とその向こうに広がる磐梯山の優美な姿を望めるロケーションが魅力。フードやドリンクは無添加にこだわる。野菜はなるべく有機栽培、無農薬・低農薬栽培で育てられた地元産を中心に使用している。

暖かい季節はテラス席もおすすめ(写真提供『den en cafe』)
アメリカンカジュアルな空間にケーブルドラムのテーブルが似合う。これからの季節は薪ストーブが暖かさを演出してくれる。カフェは2階にあるが、シルバー世代が利用しやすいようエレベーターも設置されている

自らも野菜を栽培するオーナーの皆川麻里さんは、「化学肥料を使うと手が荒れてしまう。使わなくてもおいしい野菜が栽培できるんですよね」と話す。

料理は健康と環境のために、白砂糖を使わず、夏の間はキビ砂糖、これからの季節は身体を温める働きがある甜菜糖(てんさいとう)を使うという。

季節のランチプレートの一例。「自家製ハンバーグ和風おろしソース」。スープ、デザート、ドリンク付きなら1,500円。単品は1,200円。五穀米かバケットか選べる

ランチは、ボリュームたっぷりの自家製ハンバーグなど常時2種類を用意。湯川村産の米に栄養価の高い穀類を加えた五穀米、野菜たっぷりの自家製キッシュなど、栄養バランスも満点。

冬は白菜やニンジンなど地元産の根菜や、鶏肉を煮込んだまろやかな味わいの「チキンと白菜のクリームシチュー」などが登場する。甘みのある地元産の「雪下キャベツ」など、猪苗代ならではの野菜をふんだんに使ったメニューも考案中だ。

焼マシュマロの上からカラメルソースをかけた「有機豆乳きな子chan」(600円)

寒い冬は有機豆乳のホットドリンク「有機豆乳きな子chan」や、ポット出しで提供するオーガニック紅茶などでおいしく温もる時間を過ごしてはいかが。

その他のメニュー

・ノンアルコールカクテル(600円)
・ノンカフェインハーブティー(600円)、他

Yahoo!ロコden en cafe
住所
耶麻郡猪苗代町三ツ和家北500-3

地図を見る

アクセス
翁島駅[出口]から徒歩約34分
猪苗代駅[出口]から徒歩約52分
電話
0242-93-8860
営業時間
11:00~18:00(17:30ラストオーダー)※季節によって変動あり
定休日
毎週火曜日
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

奇数月10日発売

「福島再発見」にこだわり、地域の魅力を発信。福島の四季やおでかけ情報を中心とした、大人の地元情報誌。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

毎月25日発売

福島県北エリアのタウン情報誌。創刊(1985年)から、地域に密着したメディアとして親しまれている。 ※主なコンテンツ…グルメ・イベント・おでかけ・宴会・子育て・映画・地元の人紹介

ふくしま日帰り温泉

ふくしま日帰り温泉

福島県内・近県の日帰り入浴ができる施設を紹介している『ふくしま日帰り温泉』。お得な読者クーポン券が付いています

この記事を書いたライター情報

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『シティ情報ふくしま』は、福島に精通した編集者選りすぐりの情報を、雑誌・Web・SNSでお届けしています。Webでは、グルメ、おでかけ、イベント、その他福島での生活を彩る情報を毎日配信中!

シティ情報ふくしま が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES