暗闇の中でエクササイズ!?トランポリンを体験してみた!

2018/12/29

暗闇の中でエクササイズ!?トランポリンを体験してみた!

趣味や夢中になれるものを探しに様々なアクティブ体験にチャレンジするこの企画。今回は、暗闇の中で「トランポリン」をしながらエクササイズが楽しめるフィットネスクラブへ。ノリノリのミュージックに合わせて弾んで飛ぶトランポリンは、短時間で汗がかける全身運動!さぁ、みなさん弾みましょう!

WEB Leaf

WEB Leaf

トランポリンに挑戦してみた!

始める前に知っておきたいこと

トランポリンはこのサイズ

<服装>動きやすい服装ならOK!
<持ち物>タオル、水分補給ができるもの、運動靴
<予算>「ウェルネスクラブ オーク21」の場合 6,200円(税別)〜 ※会員制
<所要時間>「ウェルネスクラブ オーク21」の場合 20分・30分

ウェルネスクラブ オーク21

京都市にあります

街中のフィットネスクラブへ!

Yahoo!ロコウェルネスクラブオーク21
住所
京都府京都市中京区蛸薬師通烏丸東入一蓮社町293

地図を見る

アクセス
烏丸駅[21(阪急)]から徒歩約3分
烏丸御池駅[5]から徒歩約3分
烏丸駅[22(阪急)]から徒歩約3分
電話
075-255-1361
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

教えて!トランポリンの魅力とは?

教えてくださる先生

●全身の筋肉を動かせる全身運動
●「弾む・跳ぶ」の動作が、血流やリンパの流れを促進してくれる
●体幹部が強化されるのに加え、姿勢改善にも期待がもてる
●平衡感覚を意識するためバランストレーニングにもなる

レッスンプログラム「JUMP」にチャレンジ!

トランポリンはフィットネスジムでも大人気!

たくさん設備がありました

「トランポリンエクササイズがしたい!」と向かった先は、2018年10月1日にリニューアルしたばかりのフィットネスジム「ウェルネスクラブ オーク21」。
リニューアルに伴いボルダリングエリアが新設され、ジムに通いながらボルダリングも楽しめると話題を呼んでいるこちら。

トレーニングルームには、体の機能を高めるファンクショナルトレーニングを多数取り揃えているそう。

レッスンプログラムには、エアロビクスやダンス、ヨガなどに加え、最近では暗闇の中で楽しむエクササイズが大人気!
なかでもWebLeafスタッフが気になっていたトランポリンエクササイズ『JUMPチャレンジ』レッスンに挑戦します!

更衣室で着替えを済ませたらGO!

ノリノリなミュージックとともに♪

バランスが難しい

『JUMPチャレンジ』レッスンは20分間。
幼少の頃に飛んでいた大きなトランポリンを想像していたのですが、レッスンでは直径1mくらいのひとり用のトランポリンが相棒となります。

「さぁ、始めますよ!」と、ノリノリなミュージックが流れる中、まずはトランポリンに乗ってみます。

「ぐらつくーーーー!!!」とりあえず、バランスさえ崩さなければOK。先生の「ワンツー・ワンツー」の合図とともにレッスンがスタート。

ジャンプのテンポを掴む

簡単そうに見えて難しいのがトランポリン

はじめのうちは、足はトランポリンから浮かさず、かかとを上げてリズムを掴みます。「そんなの簡単じゃん!」って思いながらいざやってみると、、、まず「ワンツー」のテンポとジャンプのリズムがズレる…「コントロールがうまくできない!

「落ち着け、落ち着け…」と言い聞かせて、身体を音楽のテンポに合わせていき、なんとか先生と同じリズムで動くことができました。つま先を地に付けた状態で弾み、腕を前後に引いたり肩をまわしたりしながらウォーミングアップ!

まだジャンプしていないのに、じんわり汗ばむ。

ジャンピングその1

ワンツワンツー

水分補給をしっかりして、いよいよジャンプ。トランポリンのコツは、ジャンプするという意識よりも太ももをしっかりと上げて、そのあとにトランポリンを押しこむことに意識を集中させると身体がブレにくく、うまくジャンプができるそうです。

身体は直立ではなく、少しだけお尻を出し、体を安定させるようなイメージ。まずは手は腰の位置に置いて、足だけを動かします。「ワンツー、ワンツー」のリズムに慣れてきたところで、次は「ワンツースリーフォー」のリズムに合わせて足を動かします。 5分間休む暇はありません〜!燃焼!燃焼!ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ!

ジャンピングその2

テンションもアップ

ジャンプの基本編はおしまい。今度は足だけでなく手も動かします。同じくワンツーのリズムに合わせて、ジャンプしながら手を広げたり閉じたり、上げたり下げたりを繰り返します。

暗闇の中で光るカラフルなレーザービームのせいか、時間の経過とともにテンションがハイになるWebLeafスタッフ。汗はダラダラ流れていましたが、暗闇だから見えないだろうと、おかまいなしで弾むこと5分。「お疲れ様でした〜」の合図でレッスン終了です。

「やりきった…」。身体はとってもスッキリ!

ストレッチも欠かさずに

しっかり伸ばして…

最後は足を入念に伸ばしてストレッチ。早くも心地よい筋肉痛?というより「全身動かしたぞ!」っという疲労感でしょうか。トランポリンでは、お腹とお尻に筋肉痛がくると正しいジャンプができているそうです。直立状態でジャンプをすると膝に負担がかかり、脚を痛めてしまうそうなので、太ももを上げることがやはりポイントだそうです。楽しかった〜!

トランポリンに挑戦してみて…

「筋肉痛がお腹とお尻に感じたら正解!」とのことでしたが、翌日じんわりお尻に筋肉痛を感じつつも、腹部への影響は薄かったWebLeafスタッフ。ともあれ、初めて体験した暗闇でのエクササイズは、周りを気にせず思いっきり体を動かせたり、テンションも上がったりとすべてが新鮮でした!もちろん、ノリの良い音楽に合わせて飛び続けるトランポリンも、非日常なスポーツ体験でとても楽しくあっという間の20分間でした。正しいフォームで飛ぶと、やっているうちに体幹とバランス感覚が鍛えられそうです。やりきった後、「あースッキリした!」と清々しくなるレッスンでした。

WEB Leaf

WEB Leaf

京都・滋賀のnewsを日々配信中!

この記事を書いたライター情報

WEB Leaf

WEB Leaf

京都・滋賀のタウン情報誌『Leaf』の出版社、(株)リーフ・パブリケーションズが運営するWebマガジン。「観光地・京都」ではなく、ここで暮らす「私たちの街・京都」にスポットライトを当て、「京都を知る、京都で遊ぶ。」をテーマに、いつもの京都がもっと楽しくなる情報をお届けしています。

WEB Leaf が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES