札幌唯一の酒蔵の直営店で飲む 日本酒と酒の肴

特集

出張先で味わう! ご当地の地酒&グルメ〜札幌・名古屋・大阪・福岡〜

2018/12/28

札幌唯一の酒蔵の直営店で飲む 日本酒と酒の肴

北海道の中心都市・札幌には、明治5年創業の酒蔵がある。札幌のみならず道民に愛されている銘酒を飲むなら、ぜひ直営店に足を運んでほしい。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

札幌唯一の酒蔵の酒を地物と一緒に堪能

樽出しの生酒が味わえる

日本酒の味わいを大きく左右するのが、約8割を占める水。名水あるところ銘酒あり、といっても過言ではない。名水といえば、緑に囲まれた場所を真っ先に思い浮かべるだろう。それ故に、高層ビルが建ち並び、約200万の人口を抱える大都市・札幌の街中で今も酒づくりが行われているとは想像がつきにくいはず。

札幌には、開拓使が置かれて間もない明治5年から酒をつくり続ける老舗酒造がある。中央区南3条東5丁目にある、日本清酒の千歳鶴醸造所だ。道民の間では清酒の統一銘柄「千歳鶴」が酒蔵そのものの呼び名としても浸透しているため、ここからは「千歳鶴」として紹介する。

1959年に竣工された酒蔵「丹頂蔵」内の仕込み蔵(画像提供:日本清酒株式会社)

千歳鶴が創業以来、札幌で酒造りを続けている理由。それは蔵のほとりを流れる豊平川……ではなく、その「伏流水」にある。札幌の南側の山から時間をかけてろ過された水を、地下150mからくみ上げている。

一般的に、おいしい酒をつくる上で鉄分の少ない水が最適とされている。豊平川の伏流水は、その条件を満たしており鉄分が極端に少ない。

商品の多くは、道内有数の米どころ新十津川町で栽培された北海道独自の酒米「吟風」を使用している

千歳鶴は多くの人に札幌で生まれた酒を飲んでもらおうと、札幌市内中心部に3つの直営店を展開している。今回ご紹介するのは、2008年にオープンした「蔵元直営 千歳鶴 吉翔」だ。

札幌駅と大通公園のほぼ中間、札幌駅前通りに面した札幌ノースプラザの地下1階。大通公園を背にして札幌駅に向かう途中1つめの交差点の角にそのビルはある
鶴が描かれた白いのれんが目印。札幌ノースプラザは札幌駅前通地下歩行空間とも直結している。10番出口近くに「札幌ノースプラザ」の看板があり、そこから入り左に曲がると見える

和風モダンなテイストに黒を効かせた落ち着いた空間。ちょっと一杯飲みに行く店よりも格があり、かといって敷居が高すぎない店だ。

店内は74席。カウンター席でゆっくり杯を傾けるのもいい

道外から来られたお客様をもてなす接待などによく使われています。直営ですが、日本酒ビギナーの方も入りやすいお店です。実際に日本酒に詳しくない方もいらっしゃいます」と話すのは店長の青木恵介さん。

約13年前からホールに立ち、すすきのにある「割烹居酒屋 直営 千歳鶴」の店長も兼務している。「接客の心得は笑顔を絶やさないこと。アルバイトスタッフにもお酒の基本的な説明ができるように指導しています」

女性杜氏によってさらに飲みやすく進化

同店では自社の日本酒だけで20種類以上をそろえている。季節限定の酒もあり、何度来ても新しい味に出合える。現在は12月初めに登場した「新酒しぼりたて」が味わえるという。

店長 青木恵介さん
店長 青木恵介さん
「今年はお米の栽培状況も厳しく、酒づくり開始後は気温の高い日が続きましたが、昨年と比較しても引けを取らない味に仕上がっていると思います

ここ最近の千歳鶴は、以前よりもさらに飲みやすくなっているそう。その理由は、2年前に6代目杜氏(とうじ)に就任した市澤智子さんの手腕によるものだ。杜氏の存在は大きく、昔からある定番商品も作り方は同じだが、味に変化があるという。

仕込み中の市澤さん。世の中が求めている酒と、千歳鶴の方向性を考えながら酒造りしているそう(千歳鶴公式Instagramより)
店長 青木恵介さん
店長 青木恵介さん
創業以来初めての女性杜氏で、以前は釧路の地ビール会社、酒蔵で杜氏を務めていました。軽やかな口当たりで、普段日本酒を飲まれない方からも飲みやすいと評判です」

\店長おすすめ1杯目/

樽出し生酒(90ml/540円、300ml/1706円)

蔵元直営だから飲める限定酒。搾りたてを氷温熟成させ、樽(たる)で完全密封して鮮度を保っている。

ビールのようにサーバーで勢いよくつがれる ※写真は撮影用に背の高いグラスについでいる様子
店長 青木恵介さん
店長 青木恵介さん
「搾りたてなので、華やかで強い香りが楽しめます。合わせるお料理は焼き魚など淡泊な味わいのほうが酒の持ち味が活きます」

\店長おすすめ2杯目/

利き酒セット【お好み三種】(1058円)

大吟醸、吟醸、純米酒、本醸造の中から3種類をチョイスできる飲み比べセット。人気の「大吟醸 吉翔」「吟醸酒 華味之至(しかみ)」「本醸造酒 なまら超辛」を青木さんについでいただいた。

店長 青木恵介さん
店長 青木恵介さん
「『吉翔』はフルーティーな香りが特長です。『華味之至』はすっきりした飲み口で香り豊か。千歳鶴の中で最も日本酒度が高い『なまら超辛』は、爽やかで切れ味が良いです」

北海道の魚介や手間ひまかけた逸品も充実

「料理は地酒に合うことが大前提。できる限り北海道の食材を使っています」と青木さんが語るように、お品書きには「釧路産明太子炙り」「襟裳産つぶ刺身」「エゾシカのロースト」「知床鶏もも焼き」など北海道らしいメニューが並ぶ。

\見た目も華やか! 海のごちそう/

本日の刺身盛り合わせ3〜5人前(3780〜5400円) ※写真は撮影用に6種盛り。お一人様用の本日の刺身盛り合わせ1人前〈5種〉(1274円)もあり

道内各地で水揚げされた魚介を中心としたお造り。基本はホタテ、ボタンエビ、マグロ、サーモン、ハマチの5種盛りだが、写真のようにツブなどの刺身をプラスできる。

店長 青木恵介さん
店長 青木恵介さん
「やっぱり地酒と相性の良い刺身は大人気です。繊細な盛りつけは目でも楽しめると好評です」
接待などにも利用されるというのもうなずけるほど、美しく盛られていく

\店内でいぶした自慢の逸品/

燻製盛り合わせ(950円)

中札内産枝豆、いぶりがっこ、ホタテ、チーズ、ゆで卵を調理場内に設置した薫製機で、じっくりいぶしている。噛めば噛むほどうま味が口の中に広がり、酒が進む。

店長 青木恵介さん
店長 青木恵介さん
桜のチップを使い、長いものでは10時間いぶしています。ホタテの燻製を食べるのが初めてという方が多く、言われるまでホタテと気づかれない方もいらっしゃいます」

思い出とともに。地元の人に愛される酒

周りを気にせず酒を酌み交わせる個室も雰囲気が良い

先述の通り、道外から訪れた人をもてなすために使われることが多い同店。それは札幌の人にとって、千歳鶴が身近な存在であることも理由の一つだ。

店長 青木恵介さん
店長 青木恵介さん
「『親父がよく飲んでいた酒』とか『お正月など、めでたい席には必ずあった』と話すお客様が多いですね」
カウンターにはさまざまな酒器が並ぶ

縁起の良い名前ということもあり、正月や結婚式など特別な日の思い出とともに、人々の記憶に残る千歳鶴。地酒とは、その土地でつくられる酒を意味する言葉だが、「地元の人に愛される酒」ともいえるのではないだろうか。

店長 青木恵介さん
店長 青木恵介さん
「札幌の中心部で146年にわたり酒づくりしていますが、北海道の酒米の品質はますます良くなり、味にも磨きがかかっています。札幌の水と良質な酒米が育んだ地酒を、ぜひご堪能ください」

※年末年始の休みは、12/31(月)から1/6(日)まで

Yahoo!ロコ蔵元直営 千歳鶴 吉翔
住所
北海道札幌市中央区北1条西4-2-2 札幌ノースプラザビルB1

地図を見る

アクセス
大通駅[7]から徒歩約2分
さっぽろ駅[11]から徒歩約4分
西4丁目駅[出口]から徒歩約6分
電話
011-242-2205
営業時間
月~土 11:00~14:00 (L.O. 13:30 )17:00~23:00 (L.O. 22:30)
定休日
日曜
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/日本酒に詳しくない人でも道産子なら誰もがその名を知っている千歳鶴。醸造所の近くにある酒ミュージアムには酒造りの歴史を伝える資料が展示されていますので、そちらにも足を運んでみてください。

取材・文=山下晴美(みんなのことば舎)、撮影=山下恭子

「〜札幌・名古屋・大阪・福岡〜」他エリアもチェック!

\あわせて読みたい!/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES