博多のソウルフード「めんちゃんこ」の旨辛メニューでポカポカ

特集

冬は辛ウマグルメで芯から温まる!〜札幌・名古屋・大阪・福岡〜

2018/12/14

博多のソウルフード「めんちゃんこ」の旨辛メニューでポカポカ

福岡・博多に出張の際に食べたくなるご当地料理。寒くなると旨辛なメニューで体を暖めたいということで、今回は福岡のローカルチェーン「博多めんちゃんこ亭」を紹介します。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

福岡市民で知らない人はいない!「めんちゃんこ」とは?

基本味となる「元祖めんちゃんこ」734円。餅ぬきにすると691円。

創業者の米濱昭英が、同郷の横綱「琴桜」の稽古場で食べた、ちゃんこ鍋をヒントに、「めん」と「ちゃんこ」がひとつになった「めんちゃんこ」を考案。さまざまなダシのうまみが溶け込んだスープ、特注の鉄鍋で提供するスタイル。うどんでもラーメンでもない料理だ。

広報資料に残る「相撲めんちゃんこ」時代の広告

1979〜1981年に「相撲めんちゃんこ」として、福岡都市圏に一気に6店舗を開店したが、実力以上の出店スピードで現本店の藤崎店を残して閉店。その後、ニューヨークに2店舗、ハワイにも1店舗出店。現在は、福岡市内6店舗、長崎に1店舗、ハワイに1店舗の8店舗を展開する。

ちなみに創業者で現会長の米濱昭英と、とんかつ専門店「濱かつ」、長崎ちゃんぽん店「リンガーハット」を展開するリンガーハット創業者・米濱豪は実の兄弟で、一緒に長崎で「浜かつ」を創業。昭英は独立して、「博多めんちゃんこ亭」を展開する鬼が島本舗を起業した。

福岡市早良区藤崎にある「博多めんちゃんこ亭」本店

出張ついでに行きやすい!福岡市の中心・天神にオープンした新店舗

国体道路のドン・キホーテ福岡天神本店前にある「博多めんちゃんこ亭」天神店。朝5時まで営業しているのもうれしい

2018年8月に福岡市の中心部、天神に新店舗がオープン。出張や旅行で福岡を訪れた人が行きやすくなった。

店内の様子。老若男女が入りやすい雰囲気だ
広報の酒井克之さん
広報の酒井さん
広報の酒井さん
「寒くなると、辛いメニューがやはり人気になります。「チゲ味噌めんちゃんこ」と「カレーめんちゃんこ」の注文が増えますね。この2つのメニューは辛さが選べるのも魅力です」

冬になると注文が増える人気メニュー「チゲ味噌めんちゃんこ」

自家調合のチゲ味噌が女性に人気の「チゲ味噌めんちゃんこ」。甘辛いチゲスープは中辛、大辛、鬼辛、超鬼辛と、好みの辛さを選ぶことができる。

チゲ味噌めんちゃんこの作り方をキッチンで見せて頂いた。

まずは野菜と肉、麺をグツグツ煮込む
唐辛子とハバネロなどを調合したスパイスは、スプーンの杯数で辛さを調整。作っているのは鬼辛
特製チゲ味噌をイン
グツグツと煮込み続ける
具をトッピングしたら完成。2本の唐辛子は鬼辛の意味。3本だと超鬼辛、1本だと大辛となる
広報の酒井さん
広報の酒井さん
「私は最初は鬼辛が辛過ぎたのですが、今では食べられるようになりました。辛口好きの方でも超鬼辛だと満足してもらえると思います」

ちゃんこ鍋がルーツの「めんちゃんこ」は食べ方も鍋スタイル。具材を食べたら、追加で具を入れるもよし、麺をおかわりするもよし、シメの雑炊にするもよし、鍋の楽しみ方を1人でも楽しむことができる。

\めんちゃんこの楽しみ方とは!/

鍋なので1人でも木製のおたまで取り皿に移して食べるのが基本
博多のラーメンあるある替麺システムもあり。「めんちゃんこ麺」173円、「ラーメン」151円
具や麺を食べた後は残ったスープで「しめのぞうすい」(216円)を注文できる。一度、鍋を下げて、厨房で調理される

「カレーめんちゃんこ」や居酒屋メニューなど楽しみ方はいろいろ

スパイシーな「カレーめんちゃんこ」821円

冬場に人気のもうひとつのメニュー「カレーめんちゃんこ」はカレーのルーが旨いと人気。ひとくちごはんが付いているので、麺を食べた後にごはんを投入して、カレーライスを楽しむこともできる。オプションのチーズトッピング(プラス108円)もあり。

料理を待つ間におでんを楽しむことも。各おでん(130円)

お店の一角におでんコーナーがあり、全品130円。セルフで取って、めんちゃんこができるまでの間、ビールのお供でいただこう

昼飲みメニュー、18時からの居酒屋メニューもあり。「新熟旨からあげ」313円、「ゆでぎょうざ」421円、「プレミアムモルツ(生)」410円

18時からは居酒屋メニューがあり、290円メニュー(税込313円)、390円メニュー(税込421円)が約30種類そろう。昼のみメニューもあるので、つまんで、飲んで、シメにめんちゃんこという楽しみ方もできる。

ゆうや君とわかこちゃん

取材時に来店していた、ゆうや君とわかこちゃん。どちらも「チゲ味噌めんちゃんこ」が一番好きとのこと。

天神店入口には、ニューヨークのワールドトレードセンターの店舗にあったレジスターを展示。9.11同時テロで崩壊したビルの店内に残っていたものだ。

天神店入口に展示しているレジスター

ほぼ、福岡市でしか味わえない「めんちゃんこ」の味。麺メニューは他にも「味噌めんちゃんこ」「野菜ばんざいめんちゃんこ」「もつ鍋めんちゃんこ」など、種類は豊富だ。

「ホワイトカルボナーラめんちゃんこ」など季節メニューもあるので、いつ行っても、新しい味を楽しむことができる。ぜひ、福岡で「めんちゃんこ」体験してみてはいかがだろう。

Yahoo!ロコめんちゃんこ亭 天神店
住所
福岡県福岡市中央区天神 2-3-10 1F

地図を見る

アクセス
西鉄福岡駅[ソラリア口]から徒歩約3分
天神南駅[1]から徒歩約4分
天神駅[5]から徒歩約6分
電話
092-406-5659
営業時間
月~日 10:30~29:00
定休日
無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/めんちゃんこの魅力は、野菜や肉を煮込むことによるスープの美味さ。ベーシックな「元祖めんちゃんこ」はたまに食べたくなる博多のソウルフードです。

取材・文=シーアール、撮影=宮田雅臣(ミヤタオフィス)

「〜札幌・名古屋・大阪・福岡〜」他エリアもチェック!

\あわせて読みたい!/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES