動かない大切な時計はありませんか?今話題の時計修理の専門店。

2018/12/24

動かない大切な時計はありませんか?今話題の時計修理の専門店。

大掃除や片づけで出てきた動かないけど大切な時計。そんな時にぴったりの宮崎では珍しい時計修理の専門店を紹介します。

月刊情報タウンみやざき

月刊情報タウンみやざき

MAYRO WATCH&REPAIR

部品ひとつひとつを丁寧に調べ、不具合をチェック

お気に入りだった腕時計、思い出の腕時計、電池が切れてしまったままの時計、引き出しに眠っていませんか──。

2018年10月でオープン1年を向かえたMAYRO(マイロ)は、宮崎では珍しい時計修理の専門店。

“親方”についてみっちり8年、現場修行を積んだ代表の福井雄士さんは、30代の若き一級時計修理技能士。

工房も兼ねた店内

電池交換800円~やベルト交換1000円~など、若い世代も気軽に持ち込める良心的な価格設定です。

特に経年変化が顕著になる革のベルトの交換は、バリエーション豊かなメーカー6社のカタログから取り寄せます。
印象ががらっと変わり、新品のように見違えると好評です。

カジュアルなナイロンベルト1000円~は店頭にも展示

「10年、20年と長い間、動いていない腕時計は、一旦お預かりして状態をみます。電池交換にくわえて、オーバーホールの必要の有無も合わせて見積もりをお出しします」と福井さん。

オーバーホールとは、部品を分解して清掃や調整を行い、正常な状態にすること。
「いまお使いの時計でも、長く付き合うには3~4年での点検をおすすめします。車検と似ていますね」と話します。

時計は精密な機械。修理(リペア)はまさに職人技

店内では、アンティークの腕時計も販売。
女性もので1950~60年代のスイスのアンティーク30000円~と、一見の価値ありです。

華奢な作りのアンティークはアクセサリーとして
店舗は「あみろーど」から一歩入った場所
宮崎を楽しむ大人の情報誌「jupia」

宮崎を楽しむ大人の情報誌「jupia」

偶数月15日発売

最新号!初春号の特集は「あの人を連れて行きたい店2019」

この記事を書いたライター情報

月刊情報タウンみやざき

月刊情報タウンみやざき

「月刊情報タウンみやざき」は毎月27日発売。宮崎での生活をよりHappyに!暮らしに役立つホットで楽しい情報を発信!話題の新店舗やグルメ、レジャー、イベントなど、読者のみなさまのライフスタイルに寄り添う旬情報が満載です。Webサイトではデイリーインフォメーション毎日配信中!!

月刊情報タウンみやざき が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES