地元民と試行錯誤の末できたちゃんこ鍋/奈良

特集

【特集・第3回】地元人が推薦! グルメ甲子園 〜 鍋 編 〜

2019/01/11

地元民と試行錯誤の末できたちゃんこ鍋/奈良

昔ながらのお店に旅情さえ感じる。そんなどこか懐かしさを覚える「松田」であったかい鍋料理を……。(奈良のタウン情報「ぱーぷる」)

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

納得のいく味ができるまで探究心は持ち続ける

できたてをすぐに食べてほしい。それがお客の“おいしい”につながる

戦前から続く鮮魚店を4代目である現店主が飲食店として「うなぎ料理・なべ料理専門 松田」をオープンさせた。商品に使用する食材は地元の商店街などで調達するため、地域とのつながりも大切にしている。

ちゃんこ鍋を作るのは料理長の安田さん、うな丼を作るのは店主の藤原さん

1つ1つの工程を丁寧に。盛り付けに至るまで一切の抜かりなし(写真は安田さん)
店主 藤原さん
店主 藤原さん
初めてちゃんこ鍋を作った時は、地元の人に味見をしてもらったんや。その時は味について、いっぱい指摘を受けたわ」

そう、このちゃんこ鍋のおいしさは、地元民からの辛口コメントの末に行き着いた味

創業12年になる昔ながらのお店

鮮魚店の名残も残る外観

JR高田駅より徒歩約1分の好立地な場所にあるお店。

お店には小上がり席もあり、ゆったりくつろげる

お昼時には、カウンター席がサラリーマンでいっぱいになる
藤原さん
藤原さん
「曜日によって、お客さんの入り具合はちがう」

そう話す店主だが、店内はいつもにぎわっている。きっと、この落ち着いた雰囲気と店主のこだわり抜いた味がお客の心を鷲掴みにしているからだ。

あっさり食べられると評判のちゃんこ鍋定食

ちゃんこ鍋定食(1300円)はお一人様用サイズの小鍋で提供

シイタケ、薄揚げ、ハクサイ、モヤシ、白ネギ、タマネギ、エノキ、木綿豆腐、豚肉、ニラ、つみれと具材が盛りだくさん。秘伝の鶏ガラスープはコクがあり、まろやかな味に仕上がっている。しっかりとした味わいの中に旨み深みもきちんとある、自慢の逸品。

これで1人前! 驚きのボリューム!

“いつでも新鮮なものを”と食材選びには妥協しない

綺麗に盛られた食材はお一人様用の小鍋に入れてグツグツ煮込む。だが、煮込みすぎない。お客に提供するタイミングは、ちょうどいい火の通り具合になった時。その判断は職人である店主にかかっている。

この“つみれ”がちゃんこ鍋には欠かせない

ふんわりとした大ぶりのつみれ2個を早めの段階からお鍋に入れる

自慢のつみれは、あらかじめニラ、ショウガ、ニンニクなどで味付け。つみれは具材にもなるがスープに入れた瞬間、旨みにもなる、最高の調味料。

ウナギもウマイ! それが「松田」の誇るべきところ

ふわふわのウナギは大和郡山市の中央卸売市場から仕入れる

愛知県の三河一色産のウナギを使用。古くからウナギの養殖が盛んな地域。全国で唯一、矢作川水系の清流水を利用して育てられている。そのため、ウナギの品質向上には多大な効果があり、おいしいウナギへと成長する。

国産のウナギは鮮度が命!

タレは秘伝ダレのため企業秘密

ウナギを焼いて、秘伝のタレを3度塗り。そして素早く包丁で切る。ウナギの油で身がより締まり、旨みが凝縮される。店主曰く、毎日300gのウナギを仕入れるそう。

タレがごはんにも染み渡り最後までおいしい!

ウナギが2切れのった、うな丼定食(850円)

香ばしい香りとふくよかな旨みがうな丼の醍醐味。これほどの価格で提供する店主の太っ腹さに感無量。

地元民を中心に絶大な支持を誇る

一品一品丁寧に仕込みから調理まで行い、お客の元へ提供するのが「松田」流

食材のほとんどを地元商店街から仕入れるこだわりは、昔から変わらない。今後も地元を愛し、地元からも愛されるお店であり続ける同店は今日もサラリーマンやファミリーでにぎわっている。

Yahoo!ロコうなぎ料理・なべ料理専門 松田
住所
奈良県大和高田市本郷町2-36

地図を見る

アクセス
高田(奈良県)駅[西口]から徒歩約1分
大和高田駅[出口1]から徒歩約6分
高田市駅[出口]から徒歩約12分
電話
0745-22-4177
営業時間
11:30〜14:00(L.O)、17:00〜22:00(L.O)
定休日
水曜
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/カウンター席と小上がり席、どちらもゆったりとくつろげるように席と席の間隔が広く取られている。これからの季節、「松田」自慢のあっさりしているけど、しっかりとコクのあるちゃんこ鍋を食べて温まろう!

取材・文=杉本沙知 撮影=西岡真奈美

奈良のタウン情報 ぱーぷる

奈良のタウン情報 ぱーぷる

偶数月25日発売(隔月発行)、450円

「週末・休日のお出かけをもっとハッピーに!」をコンセプトに、奈良に精通した編集者が選りすぐった情報をお届けするマガジン。発行エリア:奈良県内の書店・コンビニ、一部京都・大阪、発行部数40000部。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES