必見!都内クリスマスイルミネーション検索ランキングTOP10

必見!都内クリスマスイルミネーション検索ランキングTOP10

2018/12/20

「Yahoo!検索」での検索数をもとに、東京都内のイルミネーションをランキング。毎年バージョンアップしながら人々を楽しませている都内のイルミネーションを、注目したいポイントとともにご紹介します。幻想的な世界へと誘う光の演出を楽しみに、ぜひ出かけてみては?

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

都内で人気のイルミネーションは? ランキングをご紹介!

都内のイルミネーションを、「Yahoo!検索」をもとにランキング化。冬のお出かけの参考にぜひ!(集計期間:2017年11月1日〜2017年12月31日)

都内で人気のイルミネーションはこちら!

1.『青の洞窟 SHIBUYA』
2.Caretta Illumination 2018 ~ディズニーMovieNEX プリンセスイルミネーション~
3.よみうりランド ジュエルミネーション®~輝きのライトピア~
4.丸の内イルミネーション2018
5.表参道イルミネーション2018
6.ミッドタウン・クリスマス 2018
7.NAKAMEGURO CHRISTMAS 2018
8.国営昭和記念公園 Winter Vista Illumination 2018
9.目黒川みんなのイルミネーション2018
10.恵比寿ガーデンプレイス クリスマス・イルミネーション

1.『青の洞窟 SHIBUYA』

ロマンティックな青の世界を鈴の音色が盛り上げる!
期間:代々木公園内~2018年12/31(月)、渋谷公園通り~2019年1/16(水)

©『青の洞窟 SHIBUYA』実行委員会

2014年の冬に中目黒で始まり、2016年冬から渋谷に場所を変えて復活したイルミネーションイベント『青の洞窟 SHIBUYA』。ケヤキ並木に登場する青の洞窟はもちろん、昨年好評だった光が動く調光演出も実施します。さらに、約2000個の鈴による音の演出が行われ、ロマンティックなムードでいっぱいに。また、クリスマス期間には、プロによるピアノの生演奏と連動した光の演出も行われる予定。目と耳で楽しめるイルミネーションは、冬の訪れを感じさせてくれるはず。
\こちらも注目!/

©『青の洞窟 SHIBUYA』実行委員会

青の洞窟の世界観を表現したフォトブース「BLUE CUBE」が登場。青の装飾が施された全面鏡張りの空間で、青色で満たされる世界を楽しめます。また、代々木駅側のケヤキ並木道の売店『青の洞窟 Blue Parks』では、フードやドリンクの販売も。青の洞窟をイメージしたシャンパンやホットレモネードは、味はもちろん写真映えも抜群です。

 

2.Caretta Illumination 2018 ~ディズニーMovieNEX プリンセスイルミネーション~

イルミネーションで彩るディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』の世界観を堪能
期間:〜2019年2/14(木)

©カレッタ汐留/ディズニー映画『アナと雪の女王』の世界観をイメージした演出

カレッタ汐留では、ディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』の世界観をイメージしたイルミネーションを開催。2つの作品は1週間ごとに交互に入れ替わり、それぞれ楽曲に合わせて光が織りなすイルミネーションショーを15分毎に楽しめます。『アナと雪の女王』のプログラムでは、名曲「Let it go」に合わせ、青の世界にきらめく氷の魔法を表現。『塔の上のラプンツェル』のプログラムでは、ランタンが幻想的に浮かび上がり、あたたかな光に包まれる空間を堪能できます。
\こちらも注目!/

©カレッタ汐留/ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』の世界観をイメージしたフォトスポット

イルミネーションの開催に合わせて、カレッタ汐留館内にはフォトスポットも。46階には、ディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『美女と野獣』の世界観をイメージしたミラールームが登場しています。物語を象徴するモチーフがミラールームの中で可憐に輝き、幻想的な一枚が撮影可能です。また、ディズニー映画『プーと大人になった僕』の世界観をイメージしたフォトスポットやギフトカードが作れるスタンプラリーなどもお楽しみいただけます。

 

3.よみうりランド ジュエルミネーション®~輝きのライトピア~

宝石の輝きを遊園地で遊びながら堪能
期間:〜2019年2/17(日)

©よみうりランド/ジュエルミネーション全景

9シーズン目となる「よみうりランド ジュエルミネーション」は、宝石の色をイメージしたLEDはそのままに、初めて全エリアをリニューアル。世界で活躍する照明デザイナー・石井幹子氏がプロデュースし、光の理想郷“ライトピア”を作り上げています。ソリ遊びができるゲレンデにもなっている「ジュエリー・マウンテン」をはじめ、遊びながらイルミネーションが楽しめるのがこちらの魅力。特に、園内のイルミネーションとともに都心の夜景が一望できる観覧車「ジュエリー・オーロラ」からの景色は、格別です。
\こちらも注目!/

©よみうりランド/噴水ショー「ラ・フォンテーヌ」

毎年人気の噴水ショー「ラ・フォンテーヌ」は昨年比122%に規模を拡大します。噴水216本を使うショーは、幅60メートル、高さ15メートルと大迫力。12月25日(火)までの間はクリスマスバージョンを上映しており、1日4回、噴水のクリスマスツリーがお目見えします。

 

4.丸の内イルミネーション2018

美しさにうっとり。上品なシャンパンゴールドのきらめき
期間:〜2019年2/17(日)

©丸の内イルミネーション実行委員会/丸の内仲通りのイルミネーション

丸の内エリアのメインストリートでブランドショップが立ち並ぶ丸の内仲通りを中心に、約1.2キロメートルに渡り200本以上の街路樹が輝きます。2007年より冬の丸の内を光の世界に包むのは、オリジナルカラー“シャンパンゴールド”のLED。今年は、2014年から一部採用している「NEWエコイルミネーション」をさらに増やし、より環境に優しいイルミネーションになりました。また、昨年に引き続きアール・ヌーボー調の光のゲートが見られる他、有楽町電気ビル前のランタンオブジェも楽しめます。
\こちらも注目!/

丸ビル1階にある「Knit Tree with Yuming」

12月25日(火)までの間、丸の内エリアでは、「Marunouchi Bright Christmas 2018〜北欧から届いたクリスマス with Yuming〜」を開催。北欧のクリスマスをイメージした装飾やイベント実施のほか、シンガーソングライターの松任谷由実さんの楽曲とコラボしたクリスマスツリーもお目見えします。ツリーの「Knit Tree with Yuming」は、北欧の伝統的な模様を毛糸やフェルトなどを使用して表現した温かみのあるデザイン。ユーミンの名曲に合わせた幻想的なツリーイルミネーションも実施しています。

 

5.表参道イルミネーション2018

まばゆい光のトンネルがクリスマス気分を高める
期間:〜2018年12/25(火)

©表参道イルミネーション事務局

毎年シャンパンゴールドの美しい光でクリスマスを彩る「表参道イルミネーション」が今年も開催。表参道駅すぐの表参道交差点から、原宿駅近くの神宮橋交差点までの約1.1キロメートルのケヤキ並木が光のトンネルとなり、来街者を出迎えます。単色のLEDによるシンプルなイルミネーションは、表参道にぴったりな落ち着いた雰囲気で大人のデートにおすすめです。また表参道エリアでは、ショッピングビルや教会などでもイルミネーションを実施しているので、合わせて楽しんで。
\こちらも注目!/

©表参道イルミネーション事務局

普段歩行者は歩道から楽しむ「表参道イルミネーション」ですが、12月23日(日)、24日(月)は、表参道車道を一車線来街した歩行者に開放! 車道の中から、左右の木々に施された幻想的な「表参道イルミネーション」が楽しめます。シャンパンゴールドの温かく優しい光に包まれれば、ロマンティックな世界に浸れること間違いなし。また、光のパノラマが広がる様子はフォトジェニックなので、SNS映えも◎。

 

6.ミッドタウン・クリスマス 2018

約100個のバルーンが演出する光の宇宙空間
期間:〜2018年12/25(火)

©東京ミッドタウン/芝生広場「スターライトガーデン2018」

約50万球のLEDを使用し、4つの表情が異なるイルミネーションが登場する東京ミッドタウン。中でも人気なのが、約2000平方メートルの芝生広場を会場とした「スターライトガーデン2018」です。例年同様に宇宙をテーマにし、今年は約100個の光るバルーンを使って立体的で神秘的な空間が誕生しました。イルミネーションのきらめきで、星々の誕生から、輝き、そしてそれらが爆発し星屑になるまでの宇宙の姿を表現。臨場感あふれる演出は息をのむほど美しく、心に残ります。
\こちらも注目!/

©東京ミッドタウン/ガレリア1階「サンタツリー」

東京ミッドタウン館内もクリスマス一色。見所はガレリア1階に設置されている「サンタツリー」です。よく見ると小さなサンタクロースで飾られており、その数なんと約1800体! 中には、サンタクロース以外のキャラクターも紛れているのが面白い。さらに館内とガーデンの各所へお出かけしているサンタクロースが計12組もいるので、探してみてください。

 

7. NAKAMEGURO CHRISTMAS 2018

温かな光で街を包み込むイルミネーション
期間:〜2018年12/25(火)

 

中目黒駅周辺を舞台にした「NAKAMEGURO CHRISTMAS 2018」。目黒川にゴールドの温かなイルミネーションが灯り、来街者をもてなしています。会場は、宝来橋から日の出橋まで目黒川から中目黒アトラスタワー、中目黒GTタワー周辺。木々を光で彩るだけでなく、トナカイやバルーン型などのイルミネーションもあるので、老若男女楽しめます。
\こちらも注目!/

 

バスターミナル前には大きなクリスマスツリーも登場。色とりどりのオーナメントと光の演出で輝く姿は、心温まる美しさです。ツリーをバックに撮影すれば、心に残るクリスマスの思い出になりそう。

 

8.国営昭和記念公園 Winter Vista Illumination 2018

多彩なモチーフで楽しませる光の祭典
期間:〜2018年12/25(火)

©国営昭和記念公園/「シャンパングラスツリー」

東京ドーム約40個分の広さを誇る国営昭和記念公園でも、クリスマス当日までイルミネーションが楽しめます。約200メートルのイチョウ並木のライトアップで来場者をお出迎え。大噴水のライトアップや4.5メートルの巨大なシャンパングラスツリー、2メートルの巨大リースなどバラエティ豊かな見所が揃っています。“ナイトピクニック”がテーマのイルミネーションは、休憩所としても利用でき、のんびりと光の祭典が楽しむことが可能。
\こちらも注目!/

©国営昭和記念公園/冬の花火とイルミネーションの様子

12月22日(土)〜25日(火)の4日間は、冬の花火を実施。19時から各日5分間、澄んだ冬空に色鮮やかな大輪の花を咲かせます。イルミネーションと花火のコラボは、他では見られない幻想的な景色。冬の思い出作りにぜひ訪れてみては。

 

9.目黒川みんなのイルミネーション2018

都内屈指の桜の名所は冬の夜も桜色に染まる
期間:〜2019年1/6(日)

©目黒川みんなのイルミネーション実行委員会/目黒川沿道のイルミネーション

「目黒川みんなのイルミネーション2018」は、総延長2.2キロメートルに渡って“冬の桜®”が満開に。目黒川の春の風物詩である桜を表現したのは、約40万個の桜色のLED電球。使う電力は、地域の家庭や飲食店から集めた廃食油をリサイクルして作ったもので、100%エネルギーの地産地消を実現しています。地域の人々の絆によって花咲くイルミネーションの桜は、大切な人と絆を感じながら楽しむのにぴったりです。
\こちらも注目!/

©目黒川みんなのイルミネーション実行委員会/品川区立五反田ふれあい水辺広場のガーデンイグルー

会場のひとつ、品川区立五反田ふれあい水辺広場に“冬の桜®のお花見スポット”が登場。このお花見スポットはガーデンイグルーというドイツ生まれの透明のアウトドアドームで、直径3.6メートル、高さ2.2メートルの広々サイズ。内装が異なる3基の中で、雨や風を避けながら、のんびりと冬のお花見ができます。

 

10.恵比寿ガーデンプレイス ウィンターイルミネーション2018

キラキラと表情が変わるゴージャスなシャンデリア
点灯期間:〜2019年2/28(木)

©恵比寿ガーデンプレイス/「Baccarat ETERNAL LIGHTS」

恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションは、世界最大級のバカラシャンデリア「Baccarat ETERNAL LIGHTS」が主役。8472ものクリスタルパーツと250灯のライトからなり、見る時間や場所によって違う美しさが楽しめます。また、クリスマスらしい高さ約10メートルの赤のオーナメントで飾り付けたオーセンティックなツリーも用意。さらに、施設全体をシャンパンゴールドの約10万球ものイルミネーションが彩り、クリスマス気分を盛り上げてくれます。例年、クリスマス直前は混み合うため、早めのご来場がおすすめです。
\こちらも注目!/

©恵比寿ガーデンプレイス/「Baccarat ETERNAL LIGHTS Champagne Bar with TAITTINGER」

バカラの世界観にどっぷり浸れる「Baccarat ETERNAL LIGHTS Champagne Bar with TAITTINGER」がオープン中。こちらは世界で初めてのバカラによるシャンパンバー。バカラシャンデリアが間近に見える特別席に座ってバカラのグラスで乾杯すれば、五感でバカラを感じる極上の時間が堪能できます。12月25日(火)までの限定で、平日17:00〜21:00、土日祝は13:00〜21:00。

 

取材メモ/東京都内だけでも、これだけの個性あふれるイルミネーションがあることにビックリ! 丸の内や表参道のように、仕事帰りにふらりと寄れるスポットもあるので、カップルや家族ではもちろん、おひとりさまでも楽しめそうですね。

取材・文=河島まりあ

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載