アンジャ渡部、EXILEのNAOTOと極上うなぎの旅へ出る

2018/12/26

アンジャ渡部、EXILEのNAOTOと極上うなぎの旅へ出る

芸能界のグルメ王・渡部がオフを利用して、ときに自らアポ取りし、行きたい店を気ままにハシゴする姿を追った脱力系密着番組『渡部の歩き方』。そんな“食べ歩きの達人”である渡部が、番組で訪れた名店をご紹介。今回は、高知で極上のうなぎを堪能できる名店を目指す!

Hulu

Hulu

極上うなぎを求め、グルメ仲間のNAOTOと高知へ!

福岡のライブ終了後にこのロケに駆けつけたNAOTOさん。「めちゃくちゃ楽しみにしていたんですよ」と期待に胸を膨らませてお店へ

今回は、渡部さんと旧知の仲で、「芸能界で食べ歩いている人の中でもトップクラス」というEXILE/三代目JSoulBrothersNAOTOさんをゲストに、「高知うなぎの旅」へ。一行が向かったのは、高知龍馬空港からクルマで約30分のところにある「かね春」。店はすでにお客さんでいっぱいという繁盛店だ。

かね春は開業から20年になる。大きな厨房ではスタッフさんたちが手を休めることなく働いている

さっそくいただきましょう

メンバー同士で一緒に食事に行くことも多いというNAOTOさん。「最近は自転車にハマっていて、後輩にもゴリ押しですすめて買わせました(笑)」なんて話をしていると出てきたのが、貴重な「肝の炭火焼」

今回は、特別に単品で出してもらった「肝の炭火焼」
渡部さん
渡部さん
「おいしい! 肝ってタレで食べる機会が多いから、これは珍しいね」
NAOTOさん
NAOTOさん
「うわ〜、全然臭みもなくておいしい。こんなにどさっと盛られてくるなんてありがたいですね」

続いては「う巻き」

う巻きを巻いたのは、かね春のおかあさん(冒頭の写真でNAOTOさんの隣に写っている方)
渡部さん
渡部さん
「いい意味で洗練されてないこの見た目もいいよね。うん、甘い、おいしい。玉子焼きの味付けが優しい感じでいいね」
NAOTOさん
NAOTOさん
「うま! ご家庭感がいいですね。でもうなぎがけっこう入ってる!」

「白焼」は、塩こしょうとわさび醤油から選べる。

今回は、スタッフさんオススメのわさびをチョイス
渡部さん
渡部さん
「うん、うん、あーうまい! 周りは薄くパリッと中はふんわり焼いてある」
NAOTOさん
NAOTOさん
「刻みわさびが合いますね」

「蒲焼」もどうぞ! この日は徳島産のうなぎだ。

こちらの蒲焼は、うなぎを蒸さずにそのまま焼く「地焼き」というスタイルで、表を2回、裏を1回焼き込みふわっと仕上げている
渡部さん
渡部さん
「うん、あーうまい! お米に合いそうな感じ」
NAOTOさん
NAOTOさん
「タレはちょっと甘めな感じでうまいですね」

そして、いよいよ本丸の「うな重」が。最初はタレをかけずにいただき、お好みで調整していく。

「せーの!」で蓋をオープンし、「うわ〜!うなぎがびっちり!」と歓喜の二人
思わずうな重と記念撮影も

ちなみに熱々の茶碗蒸しは、お吸い物風で固まっていないタイプで、「これいいなぁ。この緩い感じがいいですね」(NAOTO)。

 
渡部さん
渡部さん
「このままでもめっちゃくちゃうまいし、タレをかけてもご飯がすすむ!」
NAOTOさん
NAOTOさん
「うん、うーん、おいしい。最高だね!」

「こんなにおいしいうなぎがいただけて、これが仕事ですか?」と終始、感動しきりのNAOTOさんに、ニンマリの渡部さんであった(※お店は予約はできないのでご注意を!)。


Huluの『渡部の歩き方 グルメ王の休日』では、このほか各地の名店を盛り沢山で配信中。またこの回では、実は「ダンスかお笑いか進路を迷った」というくらいお笑い好きのNAOTOさんが、高校時代に組んでいたユニットの名前や思い出話も語っている。ぜひチェックしてみて!

『渡部の歩き方 グルメ王の休日』

『渡部の歩き方 グルメ王の休日』

全国の名店をひたすら食べ尽くすだけのグルメ旅に密着

アンジャッシュ渡部が月イチで行く、地方の名店一人旅に同行。地上波では紹介できない彼の聖域にカメラが入る。静岡、神奈川、鹿児島、広島、岡山、熊本、小田原、富山、仙台、青森、佐賀、長崎編ほかを配信中!

この記事を書いたライター情報

Hulu

Hulu

Huluは人気映画やドラマ40,000本が見放題のオンライン動画配信サービスです。

Hulu が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES