店ごとに違う沖縄の「おかず定食」 名護まるみつ食堂の中身は?

特集

先週の人気記事 TOP10 (12/31~1/6)

2019/01/05

店ごとに違う沖縄の「おかず定食」 名護まるみつ食堂の中身は?

沖縄の新聞社「沖縄タイムス」の取材ドライバーが、各地で食べまくったご飯を紹介します。基本的にメガ盛り、脂質・タンパク質多めですが、本土にはない珍しいメニューも多く、読むだけでも大満足。地元民オススメのレア店を教えちゃいます(「今日もがっつり!運転手メシ」からの転載です)。

沖縄タイムス

沖縄タイムス

店ごとに違う沖縄の「おかず定食」 名護まるみつ食堂の中身は?

皆さんこんにちは。
今回は名護市辺野古の「まるみつ食堂」さんにやってきました。

店の外観です

沖縄自動車道宜野座インターチェンジから国道329号を北上します。
久志(北)の信号を超えて左手です。
ファミリーマート名護マルチメディア館前店の並びです。

国道329号沿いにあります

それでは行ってきます。
手前はテーブル席とカウンター。

カウンター席があるので、1人でも安心です

小上がりがなくなってソファー席となっています。
店主さんに聞いたところ、夜のカラオケ用でソファーを置いているそうです。

ほっこり落ち着けそうなソファ席です

そばが4種類、汁物とカツ丼、しょうが焼き、おかず定食ですね。

シンプルなメニューです

今回はおかず定食700円をチョイスしました。
ごはん、ミニそば、たくあんが付いています。

ボリューム十分です

沖縄の食堂には「おかず」というメニューがあります。
お店によって具材も変わりますが、野菜炒めの上に目玉焼きや卵焼きをのせるのが一般的ですね。
まるみつ食堂さんは目玉焼きです。うれしい!
おかずって、具材が決まってないので待ってる間ワクワクするんですよねー。

食欲が高まる高まる~

島豆腐、スパム、三枚肉と一緒に炒めた野菜がたっぷり入っています。
いただきまーす。

目玉焼きをめくって量を確かめます

味は醤油ベースの濃いめの味付けでごはんが進みます。
三枚肉の旨みと野菜の相性が素晴らしくうまいです。

三昧肉、最高です

島豆腐や野菜を強火で炒めることが重要なポイントですね。
炒め加減も絶妙で野菜の歯ごたえがしっかりと残っていますね。
ここ大事ですね。これはうまい!

はしが進む進む、ススム君です

カツオベースのミニそば。

ミニそばで一息つきます

具材は三枚肉、スパム、島豆腐、キャベツ、ニンジン、タマネギ、ニラ、モヤシ、とたくさんです。
ニラのアクセントがまたいいですね。

どんどん食べ進めます

恒例の一味唐辛子です。

味変して後半戦へ

黄身を崩して野菜と絡めて食べるのも好きですが、最後にとっておきました。
ごはんにのせたいですよね。

先におかず完食しました

目玉焼きと言えば醤油です。

醬油と黄身とご飯のハーモニーがたまりません

完食しました。
満腹です。
おかずは具材が豊富でコスパいいですね。
目玉焼きもポイント高いです。
皆さんもぜひ、食堂で「おかず」を発見しましたら迷わず注文してくださいね。
営業時間は11:00-14:00、日曜定休日です。
今日もごちそうさまでした。

この記事を書いたライター情報

沖縄タイムス

沖縄タイムス

沖縄タイムスの取材で本島のあちこちに出かける運転手チームが、各地の美味しい店の情報を紹介します。

沖縄タイムス が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES