アンケートで選んだ新潟で今行きたい新店6選

2019/01/08

アンケートで選んだ新潟で今行きたい新店6選

2018年もさまざまなお店がオープンしました。その新店の中から、「行ってよかった!」「また行きたい!」を月刊新潟Komachi読者400人に調査。みんなのクチコミから6軒を選びました。新潟県民が今注目している新潟の新店が分かります!

月刊新潟Komachi

月刊新潟Komachi

話題沸騰「俺の」シリーズが新潟に初上陸!

俺のイタリアン 新潟三越前【2018.1.25 OPEN】

俺のバーベキュー(1,706円)は16時~18時の時間限定メニュー。

おいしい料理をリーズナブルに味わえる「俺の○○」シリーズ。なかでも人気の高い「俺のイタリアン」が2018年1月新潟に初上陸しました。
オープン以来、うわさを聞きつけた人たちで連日大盛況。
本場の味を知る熟練のシェフが作る料理に加え、毎日4回行われるアーティストによるジャズライブが多くの人の心を引きつけてやみません。

平日ライブは17時20分、18時20分、19時20分、20時20分の4回。週末は5回開催。

心地いい音楽とともに、会話と料理を楽しむ…新潟にはあまりなじみのない非日常の世界ながら、トラットリアのようなカジュアルな雰囲気で、普段使いしやすいと好評です。

店内の様子。

ワインのチョイスに迷ったら、常駐のシニアソムリエに気軽に相談を。料理と好みにぴったりな一杯を提案してくれますよ。
料理、サービス、生演奏が三位一体となった「俺の」シリーズ。「まだ行ったことがない」という方、新潟以外の方も、お近くの、もしくはお出かけの際に足を運んでみてはいかがでしょう。

専門スタッフによる明るく、丁寧なサービスも支持される理由。

【みんなのクチコミ】
・リーズナブルなのにとてもおいしい料理で感動! 生演奏もあって、新潟にはあまりない雰囲気のお店でとても良かったです。/新潟市・TNさん(20代・女性)
・コスパが高くてビックリ! スタッフさんの気配りがきいて初めてでも注文に困らなかった。/新潟市・OAさん(30代・女性)
・新潟初出店と聞いてオープン早々に行きました。雰囲気もいいし、料理もおいしい! 特にウニがおいしかったです。/新潟市・SSさん(40代・女性)

【食べるべき一品】

殻付きウニのコンソメジュレ添え1,058円~

オーダー率ナンバーワンの前菜。ウニの下には、コンソメジュレ、ボイルエビ、トマトクリームソースがたっぷり。コンソメの塩味がウニの甘さを引き立てています。

俺んちサラダ626円

新鮮野菜をこれでもかと味わえるボリューミーなサラダ。コクのあるアンチョビソースと温泉卵が見事にマッチ。いくらでも食べられます。

【こんなメニューや特徴も!】

トリュフとポルチーニのビスマルク(1,058円)。トロトロたまごがたまりません。
濃厚なカニの風味を楽しめるワタリガニのトマトクリームパスタ(842円)。
スパークリングワインはこぼれるほど注ぐのが俺スタイル。

ソースの二度づけ禁止!大阪名物・串カツが新潟でも注目を集める

串カツ田中 新潟駅前店【2018.4.18 OPEN】

衣、油、ソースすべてがオリジナルブレンド。あっさりとした特製ソースが美味!

本場・大阪の串カツ、かすうどん、肉吸いなどの名物料理を提供する全国チェーン「串カツ田中」が新潟市と長岡市に立て続けにオープン!
今、新潟県内で一大ブームを巻き起こしています。

丸イスにテーブルという下町情緒あふれる店内は、毎日夕方ともなれば大にぎわい。女性、男性問わずに人気で、居酒屋には珍しく子ども連れのファミリーの姿も。

店内の様子。

お目当てはやはり串カツ。サクサク食感の串カツは衣が薄いため、揚げ物特有のくどさがありません。メニューは30種類以上と豊富で、大阪ならではのメニューもたくさん。

コースでは串カツのほか、大阪名物の一品も味わえます。

「ソース二度づけ禁止」の文字にドキドキしながら、どんどん串が進みます。ハイボールを片手にアツアツの串カツをほおばれば、気分は一気に大阪にトリップ!

【みんなのクチコミ】
・新潟初出店だったので行ってみました。夕方の4時の予約ですでに満席! リーズナブルで楽しく飲めたのでまた行きたいです。/新潟市・SYさん(40代・女性)
・串カツを初めて食べましたが、本当においしい! これから通って全種類制覇してみたいです。 わいわいやれる雰囲気もGOOD!/新潟市・AIさん(30代・女性)
・子どもと行っても楽しめました。全席禁煙はうれしいし、子どもはたこ焼きが無料でビックリ! また行きたい!/新潟市・OHさん(40代・女性)

【食べるべき一品】

ポテトサラダ 464円

すり鉢にジャガイモ、ゆで卵、マヨネーズといったポテトサラダの具材をイン。好みの大きさにつぶして、オリジナルポテサラを作ろう。

肉吸い 529円

「肉うどんのうどん抜き」との異名を持つ大阪名物のひとつ。ダシの効いたスープには、絹ごし豆腐とやわらかな牛肉がたっぷり。

さいぼし 637円

馬肉を薫製にしたもので、独特の歯ごたえとうま味がクセになる味わい。

【こんなメニューや特徴も!】

2つのサイコロを振って出た目によって、ハイボール1杯が無料、半額、もしくは、倍額のWサイズになる楽しいサービスもあり。
子連れグループは自分で作るたこ焼き1セット(9個)が無料に!

県外の人にもおすすめ!釜飯、おにぎり、定食…おいしいお米を心ゆくまで

はじめ土間家(ドマヤ) 別邸【2018.8.28 OPEN】

新潟のお米を味わって。

新潟市西区にある和食処「土間家」の姉妹店。
契約農家から玄米の状態で仕入れる加茂市産の特別栽培のコシヒカリを、釜飯やおにぎりなど、さまざまなスタイルで提供しています。

ご飯は毎朝土鍋で炊き上げます。

「数多くの水を試して、このお米に合う水を見つけました」と店長の長嶺諒さん。
一粒一粒がきらきらと輝くご飯は、もっちりとやわらかく、かむほどにお米の甘さが感じられます。
県産食材も楽しめるので、新潟県民はもちろん、県外の人にもおすすめです。

朝はおにぎりを販売。毎日11種類のおにぎりが並びます。

【みんなのクチコミ】
・新潟米のおいしさをダイレクトに楽しめるので、県外の友人が来た際にも連れて行きたいお店です。/新潟市・SHさん(30代・女性)
・お店が会社の近くにあるので、テイクアウト用おにぎりを出勤前に買っていくこともあります。とにかく米がおいしい!/新潟市・HAさん(30代・男性)
・ランチで利用したときにいただいた釜飯が絶品でした。ふたを明けた瞬間の炊きたてのいい香りがたまりません。/新潟市・KKさん(40代・女性)

【食べるべき一品】

左から紀州南高梅140円、高菜明太マヨ200円、肉味噌180円

ホタテの風味が効いたダシ塩や佐渡産のノリなど、厳選食材を使用しています。

鮭といくら釜飯定食2,030円

釜飯のふたを開ける瞬間はなんとも幸せな気分に。付け合わせの副菜には、地元の農家から仕入れた野菜を取り入れています。

【こんなメニューや特徴も!】

夜には目利きの魚屋さんから仕入れる新鮮な刺し身も登場。
店内には精米機があり、提供前日に精米するこだわりよう。

※営業時間の7時~10時はおにぎりのテイクアウトのみ

リピーター続出!焼かずに食べる“生”食パン

乃が美(ノガミ) はなれ 新潟店【2018.6.13 OPEN】

手で持つと指の跡が付いてしまうほど、しっとりやわらか。

新潟に初上陸した食パン専門店「乃が美」。
オリジナルの高級マーガリンやバターに、生クリームを配合した「生」食パンは、何も付けず、トーストもせず、そのままちぎって食べるのがスタンダード。
今までの食パンの概念を覆す驚きのしっとり感は、体験する価値あり!

オープンは2018年6月ですが、いまだに開店直後は行列ができるほどの人気で、「ここの食パンが一番好きになった!」という声も。

まだ食べたことがない人は、ぜひお近くの「乃が美」でこの感動を味わってみてください。

クセになるしっとり食感です。

【みんなのクチコミ】
・オープンしたばかりの頃に並んで買いました! とても、おいしいふわふわのパンが食べれました!/新潟市・STさん(20代・女性)
・今まで食べた食パンの中で一番おいしかった! テレビで芸能人が行っていたお店が新潟にもオープンしてうれしい。/長岡市・KMさん(20代・女性)
・値段、名前に違わず、うわさ通りのおいしい食パンでした。また、購入したいと思います!/新潟市・TSさん(50代・男性)

【食べるべき一品】

「生」食パンレギュラー(2斤)864円

卵不使用で、アレルギーの人でも食べられます。

【こんな特徴も!】

最高級といわれるカナダ産の小麦粉を100パーセント使用。豊かな香りが特徴です。
併設のパン工房では職人が手作りする様子を眺められます。

※営業はパンがなくなり次第終了。

フレッシュ野菜がたっぷり!体が喜ぶヘルシーデリ

SUZUVEL(スズベル)【2018.3.5 OPEN】

ヘルシーデリが好評。

地元野菜を取り入れた体に優しい料理を推奨するスズグループの新店「SUZUVEL」は、「ローカルファストフード」と「旅」がテーマ。

ランチのメインはショーケースにズラリと並んだデリの中から、好みを選んでカスタマイズするスズベルライスボール
季節によって変わる個性的なデリは、都会的なビジュアルと家庭的な味付けが調和した、ここでしか味わえないものばかり。

デリはどの時間帯でもオーダーできるので、ランチはご飯とともに、夜はお酒とともに楽しめそうです。

スズベルライスボール(写真は4デリ)1,382円~。みそポタージュスープとドリンク付き。

【みんなのクチコミ】
・2018年は、ランチでよく利用しました。家では絶対に食べられないデリがたくさん! おいしいし、体にも良さそう。/新潟市・SOさん(40代・女性)
・ズラリと並んだデリをいろいろ選べるランチがGOOD! セットで付いてくるスープも抜群においしいし、全体的にヘルシーな感じ。/
新潟市・OYさん(30代・女性)
・ランチもいいけど、夜の雰囲気も好き。駅チカなので、仕事帰りにフラっと1杯飲んで帰るのがお気に入りです。/新潟市・KYさん(40代・男性)

【食べるべき一品】

ヴィーガン麻婆豆腐のフォー950円

ひき肉の代わりに大豆ミートを使用。コチュジャン、テンメンジャンなど4種の醤(ジャン)によるウマ辛仕上げ。2019年2月末までの限定メニュー。

バーニャカウダ950円

オープン以来、圧倒的な支持を得る、採れたての地野菜をシンプルにいただく一品。ソースは別売りもしています。夜のみ提供。

【こんな特徴も!】

店内の一角にはバーカウンターも。キャッシュオンで気軽に飲めます。
広い店内はパーティーにもぴったり。プロジェクターも無料で使用可能。

ムードあるカウンターでこだわりの寿司を

喬山(キョウザン)【2018.10.20 OPEN】

ムードあるカウンター。

シックなバーを思わせる一枚板のカウンターの中で、職人が寿司を握る。
いい意味で寿司専門店らしくないムードある店内で、ゆったりと食事を楽しめる「喬山」。

佐渡産のネタを贅沢に使った握りや、趣向を凝らした一品料理を手掛けるのは、20年以上県内外の料亭や寿司の名店で腕を磨いた料理長・伊藤英高さん。
「寿司や料理に合わせたお酒のペアリングも提案しています」。

記念日やデートなど、特別な日には確かな味と大人の空間で、大切な人とディナーを楽しみたいですね。

寿司盛り合わせ・月(3,780円)。お椀付き。「神経締め」を施された上質な魚介を使用しています。

【みんなのクチコミ】
・スタッフおすすめの赤ワインと合わせて食べたウニトロ巻が絶品でした! リピート確実です。/新潟市・TEさん(40代・女性)
・寿司屋さんぽくなくて女性同士でも入りやすい雰囲気。どの料理もキレイな盛り付けで、思わず写真を撮ってしまいました。/新潟市・CMさん(30代・女性)
・予約して個室で食事をしました。落ち着いていて、雰囲気もとてもいいので、取引先との食事なんかにも良さそうです。/新潟市・TSさん(40代・男性)

【食べるべき一品】

手毬寿司2,160円

行儀よく折に詰められたお土産用の手毬寿司は見た目もステキ。ネタは季節によって変わります。店内で食べる場合は5貫1,080円。

ウニトロ巻1,620円

豪華食材を惜しげもなく使用。トロのうま味、ウニの濃厚な風味、キャビアの程よい塩味が一体となるリッチな味わい。

【こんな特徴も!】

寿司店らしくないムードある店内。上品な調度品がしつらえられ、和モダンな趣。
シンプルに品よくまとめられた個室。8名まで利用可。

新潟に2018年オープンした新店の中から、読者アンケートで選んだ「今行きたい」6軒を紹介しました。いかがでしたか?

県外の人気店が新潟に続々出店。その人気が目立ちます。また、地元の食材を生かした料理をオシャレに楽しめるお店も人気ですね。

2019年、新潟にお越しの際はぜひ訪れてみてください。県外にも店舗があるお店は、お近くの店舗を訪れてみてはいかがでしょうか。

※掲載の情報は取材当時のものです。
※各地に店舗があるお店は、店舗ごとにメニューやサービスが異なる可能性があります。

KomachiWeb

KomachiWeb

新潟県のグルメ、イベント、観光、ニューオープン情報などを発信&検索できるWEBサイト。新潟で今すぐ楽しめる、使えるフレッシュな地元ネタをお届けしています。

この記事を書いたライター情報

月刊新潟Komachi

月刊新潟Komachi

創刊25周年を迎えた新潟県のタウンマガジン。「グルメ」「おでかけ」「イベント」「ライフスタイル」など、新潟女性の毎日をもっと楽しくする、お役立ち情報をお届けしています。

月刊新潟Komachi が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES