ワンコインでなにわの地酒が味わえる!大阪・本町の日本酒酒場

特集

出張先で味わう! ご当地の地酒&グルメ〜札幌・名古屋・大阪・福岡〜

2018/12/28

ワンコインでなにわの地酒が味わえる!大阪・本町の日本酒酒場

企業のオフィスビルが軒を連ねる大阪・本町。出張で訪れるビジネスマンも多いこのエリアで地酒が楽しめるとあれば、打ち合わせ終わりの一杯に訪れてみない手はないですよね。今回は、そんな場所に居を構える、大阪アップな日本酒を豊富に扱う酒場「楽酒楽肴 越冬」に突撃してみました!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

大阪ラバーな店主が扱う、地の酒に酔える

アテのメニューも豊富な越冬では地酒とのペアリングを追求することで楽しみ方が何倍にも広がります

大阪・本町エリアにお店を構える「楽酒楽肴 越冬」。こちらは、もともと飲み友達であったという店主の船越さん、谷口さんが、お酒好きが高じてオープンした日本酒酒場。「お店を営むなら、地のええもんを集めたい!」という思いから、酒類には大阪産の日本酒がズラリ。

高層ビルはもちろん、ホテルも多く出張族にもなじみの深い本町エリア
日本酒のラベルが所狭しと貼られた外装が目を引く「楽酒楽肴 越冬」。最寄り駅は大阪メトロ堺筋線の堺筋本町駅

大阪の地酒と聞いてピンとこない人もいるかもしれませんが、実は江戸時代から北摂・泉州・河内の地域では酒造りが盛んに行われ、食文化と共に発展してきたという歴史があるのです。お店の周囲にはホテルやオフィスが多いこともあり、出張のたびに訪れる常連客もいるそうです。

元は喫茶店だったという店舗。カウンターやテーブルに名残が見受けられます
カウンター前に掛けられたブラックボードには、日本酒の銘柄がズラーッと。左上から5種が人気の大阪産です

「フラッと立ち寄って、楽に飲んで食べてもらいたいんですよ。それが店名の由来でもあるので」と語る船越さんの言葉通り、メニューのフロントマンを務める大阪産の日本酒は、すべて500円ポッキリという良心価格。そして料理もリーズナブルな価格の品ばかり。そう、お小遣いをやりくりして飲みに出かけるサラリーマンにとって、手札に加えない手はないお店なのです。

元・教員で特撮好き! 気になる店主の素顔とは!?

絶妙なコンビネーションでお店を切り盛りされている船越さんと谷口さん

店主の船越さん・谷口さんは、なんと元・教員という経歴の持ち主。2人とも20年あまり教壇に立ちながら、いつしか居酒屋開業への夢を募らせていったそうです。

2人の教員時代がこちら。ともに高校で国語の教員をしていたのだとか
「楽酒楽酒 越冬」店主・谷口さん
「楽酒楽酒 越冬」店主・谷口さん
「一時期、同じ学校に勤めていたことがあって、その頃からずっと飲み友達だったんです。飲み好きが高じて、いつかは一緒にお店でもやりたいね、なんて話すようになって。私が先に教員を辞めて1年間料理を学んで、船越が教員を辞めたタイミングで一緒にお店をオープンしました」

ちなみに店内を見渡すと目につくのが、ゴジラ、ガンダム、仮面ライダー、ウルトラマンなどなど、懐かしいアニメ・特撮のフィギュアや資料本。こちらは船越さんの専門ジャンルということで、昭和世代の男子諸君は、そのあたりの話をじっくりするのもオススメです。

ズラリと並ぶ特撮のDVD。BGMは懐かしのアニソンというのもグッとくる
「楽酒楽酒 越冬」店主・船越さん
「楽酒楽酒 越冬」店主・船越さん
「昔から特撮やロボットアニメが好きだったもんで、店にもDVDやらフィギュアやらが増えていきました。同世代のお客さんはやはり気になるようで、そっち方面で話が盛り上がることも。日本酒でいうと、ウチでも扱わせていただいている、滋賀の美冨久酒造さんの『三連星』なんかは、完全に初代ガンダムのドムを意識していますしね(笑)」

学校では教えてくれない大阪産の日本酒とオススメのペアリング

「秋鹿」×「ハゼの唐揚げ」

サクッと香ばしい、「ハゼの唐揚げ」は500円。人気の「秋鹿」は100mlで500円

冷・ぬる・燗どの状態でも味が崩れづらく、濃厚な味わいながらクセも控えめな「秋鹿」とのペアリングには、頭や骨ごといただける「ハゼの唐揚げ」をチョイス。ちなみにこちらのハゼは淀川産。大阪×大阪のセットは、一度味わうと病み付き必至な名コンビですゾ。

「片野桜」×「牛すじの玉子とじ」

「片野桜」(100ml・500円)は、「牛すじの玉子とじ」(500円)と合わせたい

芳醇な香りと、ノビのある味わいがクセになる「片野桜」には、力強い味わいの料理がオススメ。甘辛く炊き込んだ柔らかな牛すじを卵の優しい味わいでコーティングした「牛すじの玉子とじ」とのペアリングは、頬張るたび、飲むたびに口福が訪れること間違いナシの酒盗コンビです。

「國乃長」×「自家製ポテトサラダ」

キュートなカエルのラベルが目を引く「國乃長」(100ml・500円)は、「自家製ポテトサラダ」(450円)と共に

スッキリと爽やかな味わいの「國乃長」は、燻製したチーズとたくあんとの合わせが絶妙な「自家製ポテトサラダ」と好相性。ポテサラを頬張るたびに、鼻からスッと抜ける薫香に誘われて、ついつい杯のピッチも加速してしまいます。

芳醇(ほうじゅん)な日本酒と料理のペアリングはお店の楽しみの一つとして、お客さんにも浸透しているようで……

仕事で出会った人たちにも越冬をおすすめしているというあいちゃんさん
常連客・あいちゃんさん
常連客・あいちゃんさん
「その日の気分に合わせて、重ため・軽め……と、日本酒を選ぶんですが、それに合わせた料理がたくさんあるので、いくつもの組み合わせを楽しめるんです。たまたま訪れたことが常連になったきっかけですが、仕事で一緒になった東京の人や、出張で来られた方にもオススメの店を聞かれたらここを教えています」
6年ほど前から通いつめているという常連客のひろりんさん
常連客・ひろりんさん
常連客・ひろりんさん
「日本酒も料理もおいしくって、気づいたら常連客になってしまいました。もともと近所に住んでいたんですが、引っ越して少し離れてしまった今でも週3回は通っています

まだある、必食&必飲な品がコチラ

「日本酒飲み比べセット」

好きな日本酒を少量ずついただける、「日本酒飲み比べセット」(500円)

せっかくなら、いろいろなお酒を楽しみたい!という方には、利き酒を楽しめる飲み比べセットを。メニューから気になる銘柄をチョイスするのはもちろん、好きな飲み口を店主に伝えて、おまかせ3種という楽しみ方をしてみるのもオススメです。

「特製からあげ」

塩麹仕込みの「特製からあげ」(550円)は、同店イチの人気メニュー

オープン当初からフードメニューの不動の4番を務める、「特製からあげ」。塩麹仕込みゆえ、同じく米が原材料となる日本酒との相性は言わずもがな。平日のお昼限定で営業しているランチタイムの看板メニューとしても、ビジネスマンから愛されている品です。

\大阪に来たら、地産の料理とお酒を/

いつでも、笑顔で出迎えてくれる店主コンビのファンも多い

出張で訪れたなら、ぜひ味わいたいその土地のお酒と料理。そんな願いをオフィス街のド真ん中で叶えてくれるのが「楽酒楽肴 越冬」。豊富な酒類とウマイ肴はもちろん、常に笑顔を絶やさない店主コンビの人柄や濃ゆい常連客の面々との一期一会な出会いも魅力なのです。何をとっても満足必至の酒場ゆえ、日本酒ラバーならずとも大阪へ訪れた際はぜひ、足を運んでみてください!

年末年始の営業(2018-2019)
12/30(日)までは通常営業、12/31(月)貸切、1/1(祝)~1/2(水)休業、1/3(木)~1/7(月)15:00~21:00(ランチなし)、1/8(火)~1/10(木)休業、以降は通常営業

取材・文・写真=ロマン 構成・編集=伊東孝晃(クエストルーム)

Yahoo!ロコ楽酒楽肴 越冬
住所
大阪府大阪市中央区 本町橋7-13 松井ビル1F

地図を見る

アクセス
堺筋本町駅[1]から徒歩約4分
谷町四丁目駅[3]から徒歩約7分
松屋町駅[1]から徒歩約11分
電話
06-6943-8161
営業時間
火~金11:30~13:30,17:30~23:00 土15:00~23:00 日祝15:00~21:00
定休日
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

ご当地の地酒&グルメ〜札幌・名古屋・福岡〜もチェック!

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES