「ジェイアール京都伊勢丹」地下1階リモデル【和菓子エリア】

2019/01/03

「ジェイアール京都伊勢丹」地下1階リモデル【和菓子エリア】

今回は12月5日にリモデルオープンした[ジェイアール京都伊勢丹]の地下1階 食品フロアにある和菓子エリアのレポートをお届けいたします!

WEB Leaf

WEB Leaf

老舗から新ブランドまで盛りだくさんの【和菓子エリア】〜「ジェイアール京都伊勢丹」地下1階 食品フロア増床 リモデルオープンレポ①〜

和菓子エリアに新たに登場したのは全25店舗。まずは、その中でも日本初出店中心にご紹介します。まず気になったのは、京都の老舗から新しいブランドが多数オープンしているということです。

今出川に本店がある[俵屋吉富]の新ブランド[といろ by Tawaraya Yoshitomi]。一口サイズの可愛らしい琥珀糖やラムネなどが楽しめます。
龍安寺近くにあり、わらび餅が評判の[笹屋昌園]の新ブランド、[凛旬菓]のフルーツわらび餅。柔らかい口当たりのわらび餅とフレッシュなフルーツが新感覚!
創業300余年の老舗[笹屋伊織]がプロデュースする新ブランド[十代目伊兵衛菓舗]がオープン。職人の遊び心と美意識が生み出す和のカップスウィーツや抹茶テリーヌをぜひ!
あずきバーで有名な[井村屋]が手がける新ブランド[井村屋 和涼菓堂]。こんなにかわいい見た目は飾りのように見えますが、これ、全部アイスです!
全国各地の特産品などを使ったお菓子を販売する[Usu-kihada]。こちらは愛媛が誇る柑橘“紅まどんな”と抹茶をたっぷりと使った看板商品Usu-kihada。

そのほかにも人気のブランドがタッグを組んだ[伊藤軒/SOU・SOU]や、これからの100年を考えた和菓子ブランド[ネクスト ワンハンドレッド イヤーズ]など、注目店舗が目白押しです。


さて、続いては京都初出店となる店。こちらもぜひ一度食べてみたい商品がたくさんです。

奈良に本店を構える[柿の専門 いしい]。“柿バターもなか”はジェイアール京都伊勢丹限定品です。
大阪・中崎町の焼き芋専門店[蜜香屋 TUTITO]。こだわりの焼き芋やサツマイモ菓子を販売。焼き芋のいい香りがたまりません…
斬新な米菓を販売する[十火]。今回は日本酒の獺祭を使ったお菓子を試食させていただきました!お酒のつまみにもぴったりの美味しさでした。
広島のもみじまんじゅうで人気、[藤い屋]の新ブランド[古今果]。もみじまんじゅうに使用している餡を使って作られたあんぱんはぜひ食べて欲しい一品。

そのほか、長野に本店を構える[くりのあんこや 小布施堂]や広島の[旬果瞬菓 共楽堂]など、全国でも人気のお菓子が勢揃い。どれを買うか本当に迷います…!


もちろん、京都でおなじみの人気店も入っています。

京都市内で5店舗を展開している[梅園]の新ブランド[梅園 oyatsu]。餡をわらび粉と寒天で流し固めた“かざり羹”は写真にもおさめたくなるような可愛い商品です。
千寿せんべいで有名な「鼓月」のどら焼き専門店[京菓子処 洛心館]。どら焼きの概念を覆す“モンブランどら焼き”など、気になる商品が多数!
お茶好きなら外せない[一保堂茶舗]。甘い和菓子と一緒に、お茶も欲しくなりますよね。

そのほか、リニューアルした[とらや]や、[日本茶菓 SANOAH]などなど…。まだまだ紹介しきれていないお店がありますが、とにかく魅力的で新しい和菓子にたくさん出会えます。ぜひゆっくり和菓子エリアを回ってみてくださいね。

WEB Leaf新着情報

WEB Leaf新着情報

京都・滋賀のnewsを日々配信中!

この記事を書いたライター情報

WEB Leaf

WEB Leaf

京都・滋賀のタウン情報誌『Leaf』の出版社、(株)リーフ・パブリケーションズが運営するWebマガジン。「観光地・京都」ではなく、ここで暮らす「私たちの街・京都」にスポットライトを当て、「京都を知る、京都で遊ぶ。」をテーマに、いつもの京都がもっと楽しくなる情報をお届けしています。

WEB Leaf が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES