罰ゲーム級!?地元唐辛子工房の激辛一味で作るカレーパン/新潟

特集

【特集・第1回】地元人が推薦! グルメ甲子園 〜 カレーパン編 〜

2019/02/01

罰ゲーム級!?地元唐辛子工房の激辛一味で作るカレーパン/新潟

新潟市郊外、新津(にいつ)地区にある「手作りパンの店 グーテ」。この店のカレーパンが「超辛い」と巷で話題です。(「月刊にいがた」)

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

シンプルなパンに定評あり。地元民に人気のベーカリー

新潟薬科大学、県立植物園などがある新津地区の郊外に「グーテ」はあります。温もりあるプロヴァンス風の外観・店内が印象的です

「手作りパンの店 グーテ」があるのは、新潟市秋葉(あきは)区の新津地区。新潟市中心部からのアクセスがよく、ベッドタウンとして発展を遂げてきたところです。ここに店を構えて約15年。シンプルなパンのおいしさに定評があり、特に毎日食卓に並ぶ食パンが人気というのは、地元の人たちに愛される店である証拠です。

店主・須摩豊さん。「毎日食べてもらえるものを作りたい」とパン職人になることを決めたそうです

なぜこの店で「激辛カレーパン」?

練乳と蜂蜜で香りと甘みを加えた、人気の「食パン」。しっとりとした中身に反し、むっちりとした引きのある食感で、噛むほどに味わいの広がる耳がおいしいと評判です

「シンプルなパンのおいしさに定評あり」、「食パンが人気」なのに、なぜカレーパン? と思いますよね。その理由を店主・須摩さんに聞きました。

店主 須摩さん
店主 須摩さん
「もともとカレーパンは作っていたんですが、2~3年ほど前に、お客さんからの『もっと辛いものが食べたい!』という要望に応えて提供を始めました。でも、そのお客さんに『あんまり辛くない』と言われてしまい、悔しくてどんどんエスカレートしていったという感じです。結局どこまで辛くしてもかなわなかったんですけどね(笑)」

現在のカレーパンのラインナップは3種類

手前が「焼カレーパン」(150円)辛さ度★☆☆☆☆、奥右が「激辛カレーパン」(160円)辛さ度★★★★★、奥左が「極辛カレーパン」(180円)辛さ度★×100個!!
須摩さん
須摩さん
「『激辛』は、『焼カレーパン』のカレーに、地元・新津にある唐辛子工房『からし屋 大祐』さんの『超鬼殺し』という一味唐辛子をたっぷり加えて作っています。辛い唐辛子を探していた時に『超鬼殺し』に出会い、以来ずっと愛用していますね。『極辛』には、『激辛』のカレーに、さらに世界一辛い唐辛子と言われるジョロキアを乾燥させ砕いたものと、ハバネロパウダーを加えて作ったカレーを包んでいます」
右から「焼カレーパン」「激辛カレーパン」「極辛カレーパン」とその中に入っているカレー。色の違いで辛さは一目瞭然ですね
「激辛カレーパン」の辛さのもとである、「からし屋 大祐」さんの「超鬼殺し」。細びきの一味唐辛子ですが、ちょっと舐めるだけでも尋常じゃない辛さ! ラベルの「危険」の文字が恐ろしい……
「極辛カレーパン」の辛さのもと、ジョロキア。生で仕入れたジョロキアを乾燥させて、それを砕いてカレーに加えるのだそう。素手で触ると危険!! なので、手袋に入れて保管しているそう(笑)

では、いざ実食!

「焼カレーパン」を割ったところ

まずは定番「焼カレーパン」から。「グーテ」のカレーパンは、揚げではなく焼きタイプ。ふわふわやわらかな生地の中には、特製ビーフカレーがたっぷり。ビーフのコクがいきた深い味わいのカレーです。

「激辛カレーパン」を割ったところ

続いて「激辛」。パクリと口に入れた瞬間に、辛さがグワッと襲い掛かります。その後すぐさま顔から汗が吹き出しました。ヤベエ、これマジで辛い……。でもふわふわ生地のやさしい口当たりと、ビーフカレーそのもののおいしさというアシストによりなんとか食べ切れました。

「極辛カレーパン」を割ったところ

ついに「極辛」行きます! 勇気を出してパクリ!! うわ、辛いっていうか、苦い!! 飲み込む喉を突き刺すような辛さが急襲!! 汗が吹き出し、顔は紅潮。すると不思議なことに、怒りのような、変な感情が湧き上がってきました! 当然、次の一口はなかなか進みません…。しかし小鳥に餌をやるように小さくちぎりながら食べ進め、時間をかけてなんとか完食。その後数十分、辛さと興奮状態は収まりませんでした……。

作る方も大変!

カレーを包む店主・須摩さん
須摩さん
須摩さん
「実は作るのも大変なんです。カレーを煮込む際に出る湯気に辛み成分が入っているので、厨房は地獄のような状態に(笑)。マスクとゴーグルを必ず装着して作っています。さらにカレー鍋を洗うのもつらいらしく、スタッフにはいつも嫌な顔をされます……」

「辛いカレーパン」目当てに足を運ぶ人多数!

プライスカードの説明は意外にもお気楽!? でもお会計時に「辛いものは大丈夫ですか?」とちゃんと確認してくれるそうです。毎日提供されていますが、数に限りがあるので、必ず購入したいという場合は事前に予約を

最近では辛いカレーパンを目当てに、お店に足を運ぶ人も増加中。一度食べると、ハマって中毒状態になってしまう人と、もう二度と食べないという人に分かれるそうです(笑)。また、「極辛」を何個かまとめて予約し、仲間同士で集まって、ゲーム感覚で食べるなんてお客さんもいるとか。地元唐辛子工房の唐辛子を使用したカレーパン、新津名物としてさらに注目を浴びる日も近いかも!?

パンが売り切れ次第閉店となるので、早めの来店がおすすめ

取材メモ/恐ろしいほど辛いカレーパンを生み出した店主・須摩さんですが、実は辛いものが苦手!「ちゃんと食べ切ったのは、作り始めた頃に1回あるかないか……。でも味には自信があるので、ぜひ味わってみてくださいね!」とのことです(笑)。

取材・文=霜鳥彩 撮影=鈴木修司

月刊にいがた

月刊にいがた

毎月25日発行、480円

新潟のグルメ&レジャー情報ならおまかせ。話題のニューショップの情報もいち早くお届けします。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES