超人気貸切店「肉と日本酒」九条ネギソースの谷中カルビ

2019/01/10

超人気貸切店「肉と日本酒」九条ネギソースの谷中カルビ

週2ペースで都内を中心に焼肉店を探索する「焼肉探検家/Yakiniku Explorer」が、極上の焼肉店と食べ方を紹介します(「日刊ゲンダイ」の連載「キングの焼き肉新作法」からの転載です)

日刊ゲンダイDIGITAL

日刊ゲンダイDIGITAL

「肉」と書かれた表看板が目を引く貸切店

 

焼き肉と日本酒をマリアージュさせる店は増加傾向にありますが、常時60種類をそろえる圧倒的存在感のある店はここだけかもしれません。谷根千の新名所「肉と日本酒」――「肉」と書かれた表看板が目を引く定員20~45人の貸し切り焼き肉店です。

日本酒に合う

冷蔵庫から日本酒を取り出し、自分でつぐセルフサービスがうれしい店。日本酒は、「府中 中久」「御徒町 ふくはら酒店」「四谷 鈴傳」「吉祥寺 大阪屋」の都内有名4酒店から肉に合う日本酒を仕入れしていて、2時間30分の飲み放題となっています。
 

塩味の焼肉皿

コースメニューは前菜、葉物、焼き肉(塩、タレ14種)、ご飯、スープ、冷麺。肉は、当日の仕入れ状況に合わせてバランスよくプレートで提供されます。よく出されるのが通常タン、熟成タンの2種類のタン。シルキーな霜降り肩ロースの美しいザブトンも看板メニューです。塩味になるかタレ味になるかは、当日のお楽しみですね。

タレ味の焼肉皿

中でも、ひときわ目立つのが、緑の九条ネギソースの谷中カルビ。九条ネギとアサツキを湯通ししてブレンドし、ニンニクとオリーブオイルで作ったネギソースをたっぷりつけて焼くのがオススメです。

特別メニューが出ることも…

メニューには書かれていない裏の締めメニューもあります。牛丼かカレーの日替わりですが、牛丼が当たればラッキー(カレーもかなりおいしいです)。入り口付近に置かれた炊飯ジャーから白飯をセルフでよそい、カウンターに持っていくと、牛肉がゴロゴロ入った“上”を豪快にかけてくれます。オプションで生卵(1個100円)をかけることもできます。肉々しい牛丼に生卵――これはインスタ映え間違いなしです。

ごろごろ肉に生卵がとろり

日本酒は、入り口手前に熱燗ができる場所も用意されています。冷蔵庫にはレアなブランド酒も多く、山形のあの酒が提供されることもあります。当日のラッキーに期待しましょう。
2018年12月12日掲載 ※情報は取材時点のものです

キング

キング

焼肉探検家/Yakiniku Explorer

この記事を書いたライター情報

日刊ゲンダイDIGITAL

日刊ゲンダイDIGITAL

株式会社日刊現代が発行する夕刊紙「日刊ゲンダイ」および、公式サイト「日刊ゲンダイDIGITAL」には、旅やグルメ、レジャーなどの“おでかけ情報”が満載。好奇心旺盛な記者や専門家が実際に現地に出向いて取材し、本当にオススメできる選りすぐりのスポットを紹介します。

日刊ゲンダイDIGITAL が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES