「蕃ebisu YORONIKU」は本店の味を伝える

2019/01/12

「蕃ebisu YORONIKU」は本店の味を伝える

週2ペースで都内を中心に焼肉店を探索する「焼肉探検家/Yakiniku Explorer」が、極上の焼肉店と食べ方を紹介します(「日刊ゲンダイ」の連載「キングの焼き肉新作法」からの転載です)

日刊ゲンダイDIGITAL

日刊ゲンダイDIGITAL

外国人観光客の予約でいっぱい

本日の特上ににぎり

東京・南青山の「よろにく」本店は今、予約困難店です。特に外国人からの予約依頼が多く、なかなか訪問することが出来ません。DJとして活躍していた代表によると、「自分が逆の立場だったら、せっかく日本に来て和牛を求めてきてくれているのに食べられないのは残念でしょう」ということもあり、新店のオープンに踏み切ったそうです。プレオープンからしれっとグランドオープンしていた、何となく始まっていた、というのがいかにもよろにくグループらしい。記憶が正しければ、3号店「生粋」の時もプレオープンから、いつの間にかグランドオープンしていたはずです。訪問時は9500円のコースに本日の特上にぎりを追加注文しました。

食べごたえあるユッケ

まず、前菜のキムチの盛り合わせ、3種のナムルに始まり、冷製の盛り合わせは本日のお刺し身、ユッケ、甘辛い味噌で味付けをした白センマイです。ユッケは炙ったパンにのせ、ブルスケッタのようにいただきます。その後に本日のサラダを挟んで続くのは焼き物で、塩の盛り合わせの肩ロース、上タン、モモロース。焼き上がった肩ロースはネギをのせ、塩を一つまみ、ニンニクチップをトッピングしていただきましたが、絶妙なハーモニーが口の中に広がりました。

鮮やかな赤身肉

焼き物タレの盛り合わせは、シンシン、ツチノコ。ツチノコは腰から下のあたりのごくごく希少な幻の部位だそうです。箸休めのハチノスのお吸い物を挟んで、焼き物希少部位盛り合わせのシャトーブリアン、名物シルクロース。名物シルクロースは、お出汁にたっぷり浸し、大根おろしをのせていただきます。

食欲をそそる…

焼き物の最後を飾る特選部位はサーロイン、ザブトンのすき焼き。ザブトンは、さっと炙るように焼き、たっぷりとタレをつけ、生卵の黄身とご飯でいただきます。間に、追加の特上握りを挟み、麺ものの阿波の手延べ素麺、デザートのかき氷はシロクマをいただきました。かき氷は、焼き肉屋さんのデザートとは思えないほど、本格的。

食べ方のバリエーションが豊かで、安定的なよろしいおにく、よろにく本店と同様のコース料理でした。今の焼き肉ブームは「希少部位食べ比べ」から始まったものですが、最初に希少部位のいろんな食べ方を提案し、焼き肉をコース料理に仕立てたのは、紛れもなく焼き肉ブームを牽引するよろにくです。「蕃ebisu YORONIKU」は焼き方も含めて、そんな、よろにく本店の味を伝える店となっています。
2018年11月14日掲載 ※情報は取材時点のものです

キング

キング

焼肉探検家/Yakiniku Explorer

この記事を書いたライター情報

日刊ゲンダイDIGITAL

日刊ゲンダイDIGITAL

株式会社日刊現代が発行する夕刊紙「日刊ゲンダイ」および、公式サイト「日刊ゲンダイDIGITAL」には、旅やグルメ、レジャーなどの“おでかけ情報”が満載。好奇心旺盛な記者や専門家が実際に現地に出向いて取材し、本当にオススメできる選りすぐりのスポットを紹介します。

日刊ゲンダイDIGITAL が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES