海の幸とカモメと遊ぶクルーズを楽しむ「ぶらり旅_真鶴編」

2019/01/11

海の幸とカモメと遊ぶクルーズを楽しむ「ぶらり旅_真鶴編」

歴史と自然の宝庫である「真鶴町」は懐かしい原風景が残る小さな美しい港町。東京都心からは在来線で1時間半、新幹線を利用すれば約1時間というアクセスの良さが魅力で、新鮮な魚介類の宝庫として知られています。
ランチで地魚を使った料理をいただきつつ、遊覧船からカモメに餌付けをする。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

真鶴漁港で水揚げされた地魚を「honohono」でいただく

店舗外観
前菜

ランチは日替わりで、肉ランチ、魚ランチ、パスタランチ、カレーランチの4種から選ぶことができます。

この日の前菜は、地元の高橋農園産のリーフサラダ、鶏もものロースト、イサキのエスニック風マリネ、特製ポテトサラダの組み合わせ。鶏もものローストは低温調理を施したレアな火入れで身が柔らかくジューシーで、ナンプラーがアクセントになったエスニック風な味付け。ポテトサラダは、具材の食感を感じる上品な味付け。

コショウダイとメジナののトマトスープ仕立て

真鶴漁港の浅吉丸の漁師から直接仕入れた魚を使った「魚ランチ」のこの日のメインは、コショウダイとメジナのトマトスープ仕立て。香ばしくポワレしたコショウダイとメジナを、フュメ・ド・ポワソンで旨味をプラスしたトマトソースでスープ仕立てにしています。

トマトの持つ爽やかな味わいと魚介系のダシの旨味、魚介類の味わいが一体感のある美味しさを生み出しています。

カモメと遊ぶクルーズ

真鶴半島の景色を海上から楽しめる遊覧船

真鶴半島遊覧船は、緑豊かな真鶴半島の景色を海上から楽しめる遊覧船。真鶴港魚座横の発着場を出航し、約15分で真鶴半島突端の景勝地三ツ石に到着。Uターンし再び真鶴港へ帰航する約30分間のクルージングです。

カモメの群れ

船尾デッキに出れば潮風が心地よくスピード感も味わえ爽快なクルージングが楽しめます。出航するとすぐにエサを求めて集まってきた数十羽のカモメやトンビが全力で船を追いかけてきます。

潮風を浴びながらカモメに餌付け

チケット売り場でえびせんを購入してから乗船すれば、船尾デッキで潮風を浴びながらカモメに餌付けをすることができます。えびせんを指でつまんで腕を高く挙げるとカモメが勢いよく飛んできて、投げるとパクッとキャッチしてくれます。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本全国のこだわりの食情報をお届けするWEBマガジン

“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れ発信している。

この記事を書いたライター情報

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れている。

おいしんぐ! が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES