海上からの絶景を堪能する「ぶらり旅_真鶴編」

2019/01/12

海上からの絶景を堪能する「ぶらり旅_真鶴編」

歴史と自然の宝庫である「真鶴町」は懐かしい原風景が残る小さな美しい港町。東京都心からは在来線で1時間半、新幹線を利用すれば約1時間というアクセスの良さが魅力で、新鮮な魚介類の宝庫として知られています。
遊覧船から三ツ石裏側を眺め、カフェでゆったりとした時間を過ごす。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

神奈川県の景勝50選にも選ばれる「三ツ石」

相模湾

真鶴半島は相模湾にある小さな半島。約15万年前にこの半島で複数の噴火活動があり、溶岩によって真鶴半島が形成されたと考えられています。特に真鶴半島先端付近は自然がそのまま残されており、黒潮系の沿岸水により海岸動植物の宝庫となっています。

三ツ石

真鶴半島の最先端に巨大な岩が3つ並んで突き出ているのが「三ツ石」。太平洋の荒波が岩を洗う先端にある三ツ石は名勝として名高く、かながわ景勝50選にも選ばれています。潮の引いている時間帯には浜辺から200mほど先に見える巨大岩まで歩いて渡ることができ、神秘的な雰囲気も楽しむことができます。

三ツ石

年間を通じて、その非常に美しい姿を見せる名勝三ツ石ですが、夫婦岩があり縁結びの神様が祀られております。真鶴半島から見て左の大岩には、頂上付近に小さな社があり左右の大岩はしめ縄で結ばれており、神々さを醸し出しています。

真鶴半島遊覧船を利用すると海から三ツ石裏側を眺めることができ、きれいな三つの岩を眺めることができます。

開放感溢れたカフェレストラン「真鶴さんかく屋根」でゆったりと過ごす

店舗外観

真鶴半島の高台の位置に2017年7月にオープンした相模湾が望めるカフェレストラン「真鶴さんかく屋根」。店内は天井が高い大きな掃出し窓になっている開放的な空間で、愛犬家には嬉しいドッグランが併設されています。

テラス席

相模湾の絶景を独り占めすることができるテラス席は海風が気持ち良く、つい時間を忘れて寛げてしまいます。季節や時間帯で違う景色になり、天気がよければ遠く三浦半島が望むことができます。

シフォンケーキ(アイス付)

手作りのイチゴジャムやアイスクリームが添えられた、フワフワな口あたりのシフォンケーキ。シンプルで飽きのこない、新鮮なたまごのやさしい味わいが魅力です。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本全国のこだわりの食情報をお届けするWEBマガジン

“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れ発信している。

この記事を書いたライター情報

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れている。

おいしんぐ! が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES