高さ5mある本棚に絵本がずらり!大人も夢中になる田村市の本屋

2019/01/10

高さ5mある本棚に絵本がずらり!大人も夢中になる田村市の本屋

心に寄り添うような絵本がきっと見つかる、福島県田村市の書店『石川屋』。また、同じく田村市のかわいい動物たちと触れ合える牧場や、ご当地グルメ「たむら八彩(やさい)カレー」が食べられるレストランを合わせてご紹介!

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま編集部・美波

シティ情報ふくしま編集部・美波

人に寄り添う絵本が揃う、大人も子どもも夢中になれる場所

『石川屋』

5mある本棚は、表紙が見えるよう、角度や高さを調整したこだわりの特注品!

『石川屋』は、店主・石井さんがおすすめする約1,700冊の絵本が店内を包み込む。本棚の前に置かれたイスに座って試し読みしながら、ゆっくりお気に入りを探そう。

相談すれば、その人にあった本を選書してくれるので、贈り物探しにもぴったり。また、朗読会なども開催。詳細はHPで確認を。

タイトルや絵が見やすく、気になる作品がたくさん♪
白い壁がぱっと目を引く建物

動物たちと触れ合いながら、食について楽しく学べる

『アニマルフォレスト うつしの森』

どの動物も近い距離でふれあえる。じっくり観察してみよう

「安心して食べられるものを作る」という想いのもと、2016年、田村市船引町移地区に牧場『アニマルフォレスト うつしの森』をオープン。今では、鶏250羽をはじめ、ヒツジやヤギ、ウサギ、カモ、ポニー、七面鳥などたくさんの産業動物がのびのびと暮らしている。

事前に電話かメールで予約すれば、間近に動物たちと触れ合いながら、生態について学ぶことができる。冬場の見学の際は、長靴を持参しよう。また、牧草地を利用して行うイベントなどもあり。

俊敏な動きをするウサギ。毛がふわふわで、鼻がヒクヒクしていて……かわいい……
うつしの森で育った栄養たっぷりの卵。4種類(上から、会津地鶏、アローカナ、白色レグホン、烏骨鶏)を詰め合わせた「にじたま(6個入り)」(540円)を販売中。取り扱い店は、HPで確認を

田村市のご当地グルメが堪能できる

『レストラン ドルフィン』

季節の旬な野菜を使用。取材日の「たむら八彩(やさい)カレー」(700円)には、二十日大根、水菜、ルッコラ、リーフレタス、サラダからし菜をトッピング

夫婦で営むレストラン『ドルフィン』。2014年に「田村市ご当地グルメプロジェクト」から生まれた「たむら八彩(やさい)カレー」が店の新たな定番メニューに。高原野菜など田村市産の食材を8種類(うち野菜5種類)以上使い、彩りにもこだわった一品だ。

田村市内8店舗で提供しているが、箱崎さんが作るカレーは、ピリ辛で大人向け。目玉焼きやジャガイモコロッケが付き、ボリュームも満点!

温かく迎えてくれる箱崎さんご夫婦。2018年1月、第3回地産地消大賞を受賞した「田村市ご当地グルメプロジェクト」の代表も務める
オープン当時から提供している昔懐かしい味わいの「ナポリセット」(900円)も人気
シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

毎月25日発売

福島県北エリアのタウン情報誌。創刊(1985年)から、地域に密着したメディアとして親しまれている。 ※主なコンテンツ…グルメ・イベント・おでかけ・宴会・子育て・映画・地元の人紹介

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

奇数月10日発売

「福島再発見」にこだわり、地域の魅力を発信。福島の四季やおでかけ情報を中心とした、大人の地元情報誌。

ふくしま日帰り温泉

ふくしま日帰り温泉

福島県内・近県の日帰り入浴ができる施設を100軒紹介している『ふくしま日帰り温泉なごみの100湯』。お得な読者クーポン券も!

この記事を書いたライター情報

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『シティ情報ふくしま』は、福島に精通した編集者選りすぐりの情報を、雑誌・Web・SNSでお届けしています。Webでは、グルメ、おでかけ、イベント、その他福島での生活を彩る情報を毎日配信中!

シティ情報ふくしま が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES