和牛を独創性の高い料理で提供する肉割烹「肉屋 雪月花 」

2019/01/13

和牛を独創性の高い料理で提供する肉割烹「肉屋 雪月花 」

名古屋駅近くにビルの地下にある日本が世界に誇る和牛を様々な独創性の高い料理を提供する肉割烹。使用する肉は、松阪牛・近江牛・飛騨牛のA5等級の中でも最高峰BMS11以上のもの。肉師が産地や銘柄に甘えず一頭一頭目を凝らし、肉と会話をして最高の品質を実現している。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

大人の隠れ家肉割烹

店舗外観

店内は、ビルの地下にあるとは思えないまさに大人の隠れ家といった雰囲気で、天板銀杏の一枚板が目を引く優雅な空間が広がる。

訪問時に提供された牛は、年間は120頭ほどしか出荷されない特産松阪牛の46ヶ月飼育のもの。特産松阪牛の定義は、松阪牛の中でも兵庫県産の子牛を導入し松阪牛生産区域で900日以上肥育したの名称。

極上の和牛と季節の食材を駆使した料理

友三角のお造り

1頭から2〜3キロしかとれない希少な牛肉の部位である友三角を前日に利尻昆布〆し2時間漬けて供される。

弾力性の歯ごたえがある友三角は噛み続けるほどに旨味が溢れ、漬け山椒がアクセントになっているので最後まで飽きさせない。旨味の余韻が長いのも特徴。

タン元の炭火焼

旨いタンにはオーラがある。そして素材が「旨いぞ」と話かけてくるような勢いと風格がある。断面はまるで桜のように美しい薄いピンク色をしている。
口にすれば軽やかで爽快感すら感じるほど柔らかくもサクサクと歯が入り、旨味をそのままにぎゅっと凝縮。

史上最強ののタン焼きと思える逸品である。

特産松坂牛サーロイン

46ヶ月飼育の特産松阪牛を使用したサーロイン。絶妙な食感にするために料理人が繊密な火入れで焼き上げている。

まずじわじわと鼻腔をくすぐる甘い香りが食欲をそそる。表面は香ばしく中は美しいロゼ色に焼き上げられた肉は、噛みしめると今まで味わったことのないような凝縮された旨味が溢れ濃厚ながら上品な脂の甘みが舌の上に拡がる。
和牛香、肉の繊維、旨み、火入れの全て素晴らしい。

まさしく口福になれる逸品である。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本全国のこだわりの食情報をお届けするWEBマガジン

“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れ発信している。

この記事を書いたライター情報

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れている。

おいしんぐ! が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES