「知多牛の魅力を伝えたい」生産者の思いが生んだ直営店

特集

旅先でご当地肉を食べたい!〜札幌・名古屋・大阪・福岡〜

2019/01/18

「知多牛の魅力を伝えたい」生産者の思いが生んだ直営店

知多市や常滑市・半田市・南知多町など5市5町からなる知多半島は、名古屋市の南に突き出した半島。その知多半島が誇るブランド牛「知多牛」をご存知だろうか? 地元ではスーパーなどでも手に入れることができるほど、地元民に親しまれている。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

生産者直営の醍醐味! 知多牛一頭を余すことなく堪能

今では地元民に人気の知多牛だが、20年程前はなかなか認知されていなかった。そこで立ち上がったのが、半田市で牧場を経営する3人の生産者たち。「知多牛のおいしさをもっと広めたい」直営店「黒牛の里」をオープン。今では3店舗を構えている。

「黒牛の里 クラシティ半田店」は名鉄知多半田駅直結の「CLACITY半田」2階に位置する

知多牛を世界が認めるブランド牛に

知多牛を溶岩焼きで味わえる「黒牛の里 本店」、ハンバーグやステーキ・すき焼きなどが楽しめる洋食レストラン「farm restaurant 黒牛の里」、そして今回ご紹介する焼肉・ホルモンの「黒牛の里 クラシティ半田店」は、すべて半田市内にある。

種浦一徳さん
種浦一徳さん
「溶岩焼き・洋食・焼肉と、お店ごとに異なる調理法で知多牛をご提供しています。同じ知多牛でも、食べ方によって色々な味わいを楽しんでいただくことができるんですよ」
「黒牛の里 クラシティ半田店」の責任者・種浦一徳さん

乳牛のホルスタイン種と肉牛の黒毛和種を交配した交雑種だという「知多牛」。どんなお肉なのだろうか? 

種浦一徳さん
種浦一徳さん
「サシが多く柔らかな肉質の和牛と、脂控えめのホルスタインの良いとこどりをした肉ですね。脂と赤身のバランスが良く、オレイン酸を多く含んでいるので、脂には甘みがあり、赤身には旨味が感じられます」
和の落ち着いた雰囲気の中、みんなで焼肉を楽しむことができる

そんな知多牛を直火焼肉で味わうことができる、こちらのお店。取り扱う牛肉はもちろん、すべて知多牛だ。また、その多くをオーナーたちの牧場から直送している。

毎日切り立てで提供する、鮮度抜群のお肉に舌鼓

「私たちが大切にしていることのひとつに“鮮度”があります」と種浦さん。オーナーたちの牧場から直送されるお肉は、毎日切り立てでフレッシュなものばかり。

捌かれた牛肉は、その日のうちに店舗に届けられる
種浦一徳さん
種浦一徳さん
「切り立ての肉が届くのは、生産者直営の店ならではだと思います。鮮度も品質も最高ですよ。また最もおいしく食べていただけるよう、カットの仕方や食べ方を部位によって変えています」

知多牛一頭の様々な部位を取り揃えているため、ロースやカルビなど定番人気の部位から、毎日日替わりで届く希少部位まで種類も豊富だ。そこで、迷ってしまった人には、ぜひこちらを頼んでみてほしい。

赤身肉を中心にした「知多牛旨食盛合せ」(2268円)

赤身肉の一口ステーキやネギ塩ロース、ロースカルビ、ホルモンまたは地養鶏が楽しめる「知多牛旨食盛合せ」。これに白米と味噌汁を注文すれば、結構お腹が満たされるというから、かなりリーズナブル。使用しているタレもすべて自家製というこだわりだ。

基本的に自分達で焼くが、要望があればおいしい焼き方を教えてくれる
食べ応えのある食感と、噛むたびに肉の旨味があふれてくる赤身肉の一口ステーキ

さらに、新鮮な知多牛ならではの霜降りの優しい甘みとジューシーな旨みが楽しめる、「知多牛上旨食盛合せ」もおすすめだ。

肉の旨味を存分に引き出すため、タレは使わず塩コショウのみ「知多牛上旨食盛合せ」(3024円)
種浦一徳さん
種浦一徳さん
「盛合せなら、知多牛の色々な部位を一度に味わっていただくことができます。知多牛一頭の旨味を余すことなく楽しんでください。また鮮度抜群のホルモンも、ぜひ味わってほしい一品です!」
なんと、火曜と木曜は処理したその日のうちに直送されてくるというホルモンも隠れた看板メニュー

お肉だけじゃない! 知多半島の恵みを存分に味わう

肉はもちろんのこと、米や野菜、卵なども地元産にこだわって直接仕入れている。知多半島の恵みをまるごと堪能することができるのだ。

入口の黒板には、使用している食材の生産者の名前と産地が書かれている
種浦一徳さん
種浦一徳さん
「焼肉に欠かせないお米は半田市の『山善サンライス』さんから仕入れています。本店のオープン当初から、品質はもちろん “ごはんも料理である”という考えで、ご提供の際は盛り付けてすぐのほかほか、つやつやのごはんをお運びしています

また、お肉と一緒に楽しみたいサイドメニューもすべて自家製だ。

リンゴを使用した酸味の少ないキムチが特徴の「自家製キムチ盛合せ」(864円)、優しい味付けで箸休めにピッタリの「自家製ナムル和え」(453円)
手前から/「自家製ミルクアイス」(378円)、「自家製 生ヨーグルト」(378円)、「自家製プリン」(540円)
種浦一徳さん
種浦一徳さん
「デザートに使っている牛乳も、オーナーの牧場から直送されたものなんです。搾りたての生乳を低温殺菌したものだけを使用しているので、牛乳本来の自然な甘さを味わっていただけますよ」

このように、とことん鮮度とおいしさにこだわった「黒牛の里」は、地元民にも大好評。この日は、昨年末に初めて来店し、その味に驚いたというお客さんが。

男性客
男性客
「生まれも育ちも半田市で、他の店で知多牛を食べたことがあるけれど、ここが一番! 半田のカブトビールや、隅田川ブルーイングと一緒に味わうと最高だね」

家族と一緒に楽しむおいしいお肉と地ビールに、ほころぶ顔が印象的だった。

取材メモ/「知多牛を、松坂牛や神戸牛のような世界に誇るブランド牛にしたい」というオーナーの思いが詰まった「黒牛の里」は、知多牛専門店の先駆け的存在。そこで働く種浦さんも、お話を聞いていると知多牛を愛するファンであることが伝わってきました。地元民をとりこにする知多牛を、ぜひ味わいに来ては。

取材・文・撮影=松田支信(日本プリコム)

ご当地の肉グルメ〜札幌・大阪・福岡〜もチェック!

【名古屋グルメはこちらもチェック!】

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

SERIES