室内でもぐんぐん育つ、パキラのかんたんお手入れ方法

2019/01/22

室内でもぐんぐん育つ、パキラのかんたんお手入れ方法

見慣れた部屋で過ごす日々を、もの足りないと感じたことはありませんか? 暮らしのシーンを彩ってくれるお気に入りの植物に出合ったら、そんな印象はガラリ、変わるかも。生育旺盛で室内でもどんどん育つ「パキラ」で毎日のインテリアに変化を加えてみませんか?

HOUSTO おウチの収納.com

HOUSTO おウチの収納.com

今回の植物は…パキラ

パンヤ科。原産地は熱帯アメリカ。

根強い人気のパキラは手を広げたような瑞々しい葉と根本がぷっくりふくらんだ樹形が特徴。本来は日当りのよい場所を好みますが、耐陰性があり室内のさまざまな場所におくことができるので、家具や雑貨とコーディネートしてたのしめるグリーンです。

基本的な育て方

5〜7月は屋外のよく日の当たる場所で育てるのが理想的。けれど、真夏は強烈な直射日光によって葉がやけてしまうことが。午前中は日が当たるけれども午後からは日陰になるような場所、一日を通して明るい日陰などを置き場所に選ぶとよい状態を保てます。

比較的育てやすい品種ですが、あまり日当りが悪いと枝が間延びしてバランスが悪くなることがあります。そんなときは、状態をみて日に当てる、あるいは乾燥に強いパキラは、水やりの頻度を調整することで改善することが可能なこともあるので販売店などプロの方に相談してみてください。

水やりのポイント

5〜9月の生育期は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにします。秋〜冬にかけては徐々に水やりを控え、真冬は土が乾いて2〜3日経ってから水を与えるように調整を。(※真冬でも15℃以上の気温が保てる場合は通常通りの水やりを行います)

グリーンのプロ「TRANSHIP」に学ぶ!

パキラは生育旺盛なのもうれしい特徴。枝や幹の成長を見守りながら剪定して、好みの樹形に整えながら育ててみましょう。

「成長とともに鉢を変えてたのしむ」

小さなサイズから大きなものまで豊富にそろうパキラ。成長が著しい性質をいかして、生育の過程で置き場所を変えていくのも楽しみのひとつです。
たとえば、サイズが小さいうちはテーブルの上、徐々に大きくなってきたら床置きに。インテリアの模様替えをするように、場所に合わせて鉢まで大胆に一新すると植物の表情もガラリと変わりますよ。

HOUSTO おウチの収納.com

HOUSTO おウチの収納.com

『HOUSTO おウチの収納.com』は、「おウチで過ごす時間に上質の心地よさを」をコンセプトとして、『HOUSTO おウチの収納.com』ならではの整理収納に纏わるオリジナル情報を発信しています。

この記事を書いたライター情報

HOUSTO おウチの収納.com

HOUSTO おウチの収納.com

『HOUSTO おウチの収納.com』は、「おウチで過ごす時間に上質の心地よさを」をコンセプトとして、『HOUSTO おウチの収納.com』ならではの整理収納に纏わるオリジナル情報を発信しています。

HOUSTO おウチの収納.com が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES