児童書初のコンセプトカフェ「おばけのアッチCafé」オープン

児童書初のコンセプトカフェ「おばけのアッチCafé」オープン

2019/01/21

新宿小田急百貨店で2月28日まで。

metropolitana tokyo

metropolitana tokyo

児童書初のコンセプトカフェ「おばけのアッチCafé」オープン

レストランの屋根裏に住む食いしん坊のおばけ・アッチ、おしゃれなコッチ、歌好きのソッチらを描き、長く愛される絵本『アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ』。リズミカルな文章で、次々とページをめくりたくなるストーリーを紡ぎ、幼い子どもが”ひとり読み”に目覚めるきっかけになってきました。大人になっても、アッチが作るちょっと変わったメニューを忘れられない人は多いのではないでしょうか。

そのシリーズ開始40周年を記念した「おばけのアッチCafé」が、2月28日(木)までの期間限定で新宿の小田急百貨店にオープンしています。メニューはもちろん、作中でアッチがつくった料理。『おばけのアッチとドララちゃん』で登場した「いもむしグラタン」は、コンニャクやニョッキ、オクラ、ジャガイモなどを使用し、お話で描かれたレシピを忠実に再現しています。

「レストラン ヒバリ」特製 アッチのいもむしグラタン(1280円/パペット付き 3780円)

ミルクの上に、アッチの顔をチョコレートで表現した「ふわふわミルクのアッチカフェラテ」(650円)などドリンクメニューも充実。テーブルを飾るランチョンマットをアッチからの手紙にするなど、温もりを感じる演出がいっぱいです。

右:ふわふわミルクのアッチカフェラテ(チョコレート)、左:ふわふわミルクのドッチカフェラテ(キャラメル)(ミニチョコ1個付き・650円)

併設した雑貨ゾーンではオリジナルグッズも販売。作品の世界観がぎゅっとつまったカフェで、アッチの料理に舌鼓をうってみてはいかがでしょうか。

一筆箋(各500円)

この記事を書いたライター情報

metropolitana tokyo

metropolitana tokyo

「街(エリア)」を特集の切り口にした、新しいライフスタイル誌。東京メトロに乗って行ける駅=街(エリア)を、各号のテーマとして、その街の個性を衣・食・住さまざまな角度から楽しむライフスタイルの提案をしていきます。

metropolitana tokyo が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載