気軽に楽しめる人気のワカサギ釣りに挑戦!釣るポイントとは?

気軽に楽しめる人気のワカサギ釣りに挑戦!釣るポイントとは?

2019/03/29

神奈川県相模原市緑区にある相模湖は、さまざまなレジャーが気軽に楽しめる観光地。冬はワカサギ釣りが楽しめる絶好のスポットとしてもにぎわっています。県内でも珍しいドーム船を運航する天狗岩釣り案内所の山口一さんにワカサギ釣りのポイントについて聞きました。

ショッパー

ショッパー

水温が安定する冬は絶好の釣りどき

相模湖

相模湖でのワカサギ釣り解禁は9月~3月。解禁直後の釣果も上々だったそうですが、本番はやはり冬。水温が下がる12月以降はワカサギの食いつきもよくなるとのこと。餌は時期によって赤虫と白さしを使い分けるそうです。どちらもサイズは小ぶりですが、この生き餌にワカサギが食いついてきます。

屋根、暖房器具付きのドーム船で初心者も安心

ドーム船まではモーターボートで移動

船をテントのように囲ってあるドーム船は、暖房器具付きで冬のレジャーが苦手な人や初心者にもってこい。ドーム船の船内は左右の足元が開いており、そこから見える水面に釣り糸を垂らす仕組みです。ドーム船まではモーターボートで移動します。穏やかな湖上を囲む木々や水鳥を眺めながらの移動は、リラックス効果も抜群。 

相模湖に浮かぶドーム船
ワカサギ用の釣竿、仕掛け、餌

持ち物は釣竿、仕掛け、餌、クーラーボックス。
取材日は、釣れるワカサギのサイズが小さめとのことで、餌の白さしを半分にカットして挑戦しました。釣りのこつを教えてもらえる点もビギナーにはうれしいこと。

相模湖に浮かぶドーム船中のワカサギ釣りに初挑戦

竿からのびる糸にはゴムがついており、それが引くと「当たり」。ワカサギは小さな魚ですが引きは強いので、すぐに竿を上げるタイミングがつかめてきます。
この日は常連客から魚群探知機を貸してもらい、魚影を見ながら糸の長さを調節することができました。見事にワカサギ釣りに成功。乗り合いのドーム船ならではの人情が感じられるやりとりもまた魅力でしょう。

きらきらとしたワカサギをゲット

相模湖の穏やかな自然に癒やされながら楽しむ冬のレジャー。日々のストレスを忘れさせてくれる楽しいひとときでした。
釣った魚の持ち帰り用に氷を入れたクーラーボックスを用意しましょう。
=編集町田

天狗岩釣り案内所 山口一さん

天狗岩釣り案内所 山口一さん

この記事を書いたライター情報

ショッパー

ショッパー

地域密着、生活情報紙ショッパーは地元に愛され続けて半世紀。埼玉県、東京都下、神奈川県一部で毎週金曜日発行。86万世帯に無料でお届け。最新のグルメ、美容、健康、イベントなどお得情報満載。ポータルサイトのチイコミ、ショッパー電子版、ちいき新聞Webにも面白ネタ絶賛掲載中。

ショッパー が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載