大阪唯一のブランド豚は別次元のうまさ!居酒屋で豚に魅了される

特集

旅先でご当地肉を食べたい!〜札幌・名古屋・大阪・福岡〜

2019/01/18

大阪唯一のブランド豚は別次元のうまさ!居酒屋で豚に魅了される

豚のブランド肉といえば鹿児島の六白黒豚などが有名ですが、実は大阪にも唯一のブランド豚があることをご存じでしょうか。今回は近年、食肉業界でじわじわと頭角を現している犬鳴ポークのメニューが味わえる居酒屋「すもぉ~き~」をご紹介します。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

話題のグルメエリア福島で大阪メイドな豚料理を

犬鳴きポークの独特の旨味は、多様なメニューに対応可能

「すもぉ~き~」が店を構えるのは、今、大阪で注目の飲食店が多数集まる福島。梅田や難波のような大きな街より地元感があり、かつおしゃれな店が多く、一歩進んだ大阪旅行を楽しむなら要チェックなエリアです。

裏路地に気になるお店が集中している福島エリア
JR新福島駅から徒歩3分の好アクセス

エコと美味を兼ね備えたハイブリッドポーク

犬鳴ポークはエコ養豚で育てられます

大阪府内には8戸の養豚場があるのですが、「すもぉ~き~」で取り扱う犬鳴ポークは、その中でも唯一、ブランド豚として販売されています。いったい何が独特なのかというと、その肥育方法。近隣の飲食店から出たパンやパスタなどの残飯を加熱・加工した飼料を食べ、通常は6カ月で出荷されるところを8カ月間じっくり時間をかけて育てるエコフィード養豚を行うことで、あっさり甘味のある脂質の豚肉が生まれるのです。

犬鳴きポークに魅了されてしまった店主がこちら

犬鳴ポーク布教のために自分でお店を開業した高橋さん

「すもぉ~き~」店主の高橋良太さんは、居酒屋のホール係から飲食店のキャリアをスタート。和風ダイニングのお店に勤めていた10年前に犬鳴ポークに出会い、いつか自分の店で扱いたいという思いを募らせて6年前に独立。2012年にお店をオープンしました。

店主・高橋さん
店主・高橋さん
「犬鳴ポークの“大阪唯一のブランド豚”というフレーズに惹かれました。食べてみると脂身にとても甘味があるのにあっさりしていて、いくらでも食べたくなるような味わいが衝撃的でした。大量生産していない品種なので出荷量も少なく、大阪以外ではほとんど食べられないのも魅力の一つですね」
料理は我流ながら、鮮やかな手つきでメニューをサーブ

犬鳴きポークを味わうなら、この3品!

人気No.1「犬鳴ポーク豚しゃぶ」

「犬鳴ポーク豚しゃぶ」(1人前1280円~※写真は3人前)

「すもぉ~き~」に来たなら、これを食べなきゃ始まらない! 犬鳴ポークの旨味をダイレクトに味わえる「犬鳴ポーク豚しゃぶ」は、昆布だしに豚肉をくぐらせ、そばつゆで食べるのが特徴的。肉の甘味とあっさりしたそばつゆの相互作用で、用意された大量のロース、肩ロース、バラもぺろりと食べてしまえます。

昆布のだしと豚肉の旨味が融合し、うどんで締めるころには極上のスープが完成
店主・高橋さん
店主・高橋さん
「つけだれにそばつゆを使うのは九州の一部で実際にある食べ方なんです。注文されるのは男性が多いのですが、ヘルシーなので女性の方も、ぜひ。冬場は日本酒と組み合わせて食べるのがおすすめです」

中華もいけるで!「犬鳴ポークのジューシー焼売」

「犬鳴ポークのジューシー焼売」(720円)。ボリューミーで食べ応え抜群

だしにくぐらせておいしい犬鳴ポークなら、蒸してもおいしいはず! 作って! ということで、お客さんのリクエストから生まれたのが「犬鳴ポークのジューシー焼売」。ドリップがほとんど出ず、旨味をしっかり閉じ込める犬鳴ポークは、ミンチ→圧縮→蒸すの行程を経て、よりジューシーに生まれ変わります。こちらは酢醤油でどうぞ。

タルタルとのコンビネーション「犬鳴ポークのヒレカツ タルタル添え」

「犬鳴ポークのヒレカツ タルタル添え」(720円)

犬鳴ポークのヒレをぜいたくに使ったヒレカツは、あっさりした肉に、お店特製の燻製タルタル&レモンがベストマッチ。普通のとんかつとは違う奥深い後味がインパクト抜群です。アテにもうってつけな一品。

お店の魅力、教えて常連さん!

メニューが豊富な「すもぉ~き~」。代表的なメニューはしっかり押さえておきたいところですが、ここで常連さんたちにちょっと違ったお店の楽しみ方を教えてもらいました。

オープン当初から通っているという高木さんは、お店が好きすぎて開店前にフライングできてしまうことも多々あるそう
高木さん
高木さん
「会社から歩いて30歩のところにあるので、週に2~3回は来ています。犬鳴ポークはしゃぶしゃぶもおいしいけど、僕はすき焼きもお気に入りなので、ぜひ、おすすめしたいです。あと、旬の野菜をたくさん出してくれるので、それを見ることでいつも四季を感じています(笑)」
通い続けて3年という水谷さん
水谷さん
水谷さん
「私はいつも、おなかすいた~と言って、後はマスターにおまかせで作ってもらっているんです。犬鳴ポークのメニューなら炒めものが好きですね~。あっさりしているからいろいろ食べられるのが楽しいです。お酒もたくさんあるので、ついつい長居してしまいます」

犬鳴ポークだけじゃない、スコッチ・燻製&日本酒も!

自家製燻製4~5種類が味わえる「くん盛A」(480円)。おともにはスコッチウイスキーを

ここまでざっと犬鳴ポークのメニューをご紹介しましたが、お店の魅力はそれだけにあらず。「すもぉ~き~」という店名を見て、勘の良い方ならお気づきでしょう。そう、こちらではチーズ、ちくわ、うずらたまごなど、燻製メニューが充実しているのです。スモーキーな味わいのラフロイアック、ボウモアなどもそろえられているので、渋く飲みたい方は、ぜひご注文を。

福島県の地酒、左から「弥右衛門」「ばんげぼんげ」「榮川」。地元の人がよく飲んでいるという品種をセレクト

そして、日本酒好きの方のために福島県の地酒も豊富にラインアップ。「単に福島区と福島県の地名のつながりだけで置いてるんでしょ」と思っているあなたは甘い! 実は福島県のお酒は、全国新酒鑑評会で6年連続で金賞、つまり日本一を勝ち取っているのです。しかも大阪ではあまり取り扱いがない品種を中心にそろえているということで、日本酒ラバーまでもトリコにしてしまうお店の守備範囲に思わずうっとり…。

店内はカウンター、テーブル合わせて20席。豚しゃぶオーダーでがっつり食べるならテーブル席へ

大阪へ旅行に来るなら、ぜひ食べて帰りたい犬鳴ポーク。福島の盛り上がりを体感しながら絶品の豚肉に舌鼓を打てば、大阪旅の思い出にまた一つ花が添えられることでしょう。

取材・文=伊東孝晃、写真=櫟原慎平

ご当地の肉グルメ〜札幌・名古屋・福岡〜もチェック!

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SERIES