働きマンに愛される美唄のソウルフード「もつそば」を札幌で!

特集

出張先でご当地あったか麺〜札幌・名古屋・大阪〜

2019/01/25

働きマンに愛される美唄のソウルフード「もつそば」を札幌で!

北海道の麺料理といえば、札幌ラーメンや函館ラーメンといったラーメンを思い浮かべる人が多いかもしれないが、北海道はそばの収穫量が日本一。美唄やきとり専門店だからこそ誕生した一杯をご紹介する。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

そばも焼き鳥も一度に食べられる! 鶏のおいしさを凝縮した一杯

知らなきゃもったいない麺料理が北海道にはある

ブランド産地も多いそば王国の北海道。今回は、中でもとりわけユニークなそばをおすすめしたい。それが美唄やきとりがのった「もつそば」だ。

濃いめの味付けが特徴。どこか懐かしい味わい

美唄やきとり最大の特徴は、もも肉・鶏皮以外に、キンカン(玉子になる前の卵)、砂肝、レバーといった鶏の内臓(モツ)が一串に刺さっていることだ。かつて炭鉱の街として栄えていた美唄市で、今もなお愛されているご当地グルメ。店では「もつ串」という名で提供されている。

長ネギではなくタマネギを使うのも、美唄やきとりならでは

札幌から美唄までは車で約1時間半。今の時期だと、なかなか気軽に足を運べない距離だが、札幌のオフィス街で美唄やきとりを食べられる店がある。「元祖美唄やきとり 福よし 札幌中央店」だ。

札幌駅から大通へと向かう途中、北1条通りを右折。角にあるコンビニエンスストアの向こう、興銀ビル(KOGIN PLAZA)1階にある。写真右の地下歩行空間(チ・カ・ホ)10番出口からすぐ

福よしは美唄で創業して90余年の老舗店。4代目社長が美唄やきとりの味をさらに広めようと、2004年の岩見沢店を皮切りに、翌年には札幌に進出。現在は美唄の本店を含め、道央圏で11店舗展開している。

今回紹介する「もつそば」は、福よしとお客様とのストーリーによって誕生した。

持ち帰りもOK。店内に入ってすぐ左には焼き場がある

美唄っ子の習慣から生まれたもつそば

もつそばを語る上で外せないのが美唄やきとりのルーツ。美唄は、大正から昭和にかけて全国でも有数の石炭の街として栄えた。毎日汗水流して働く炭鉱マンの栄養源として愛されたのが焼き鳥。福よしの「もつ串」は90余年前に誕生した。

美唄やきとりは塩が基本で、もつ串と鶏せいは塩のみ
強火で一気に焼き、肉汁を閉じ込めている

鶏一羽余すところなくすべて食べ切る「一本の串に鶏一羽」をキャッチフレーズに、さまざまな部位を味わうスタイルになった。一般的な焼き鳥は若鶏を使用しているが、美唄やきとりは弾力のある親鶏を使用している。

「肉質がやわらかい若鶏に対して、親鶏はしっかりした歯ごたえがありますが、肉のうま味が強いんです」と教えてくれたのは、店長の村上亮太さん。

「子どもの頃、美唄に住む親戚の家で美唄やきとりを食べていたので、福よしで働く前からなじみがあったんです」と村上さん

炭坑が閉山した後も、地元の人にとって美唄やきとりはなくてはならない存在であると村上さんは話す。

店長 村上亮太さん
店長 村上亮太さん
「ゴールデンウィークやお盆など家族や親戚が集まるような場面では必ず食卓にあがります。50〜100本とテイクアウトしていく人が多いんですよ。1人10本は食べるという計算なのでしょうね」

同店では食事の最後に、かけそばを注文する人が多いそう。いつの頃か、そこにあえて残しておいたもつ串を串から外して入れて食べる人を見かけるようになった。ここからヒントを得て「もつそば」発祥の店としてメニュー化し、徐々に広まっていった

\ランチメニュー人気No.1/

もつそば(もつ串2本入り 780円、3本入り850円) ランチではプラス100円で鶏めしと漬け物がセットに

鶏ガラに鶏脂を入れた、しょう油ベースのそばつゆは濃厚な味わい。美唄の炭鉱マンは、ビールに合う塩味の濃いものを好んで食したそうだ。現在のものは、当時より塩分を抑えたものになっている。

店長 村上亮太さん
店長 村上亮太さん
「麺は北海道の方なら誰もが知っている西山製麺と共同開発したオリジナルです。道産のそば粉を使用し、濃い味付けに負けないように太めにしてもらっています

普通に串のまま食べて、そばをすすってもよいし、すべて串から外してかしわそばのように食べてもよい。鶏のうま味が溶け出したことによる、味の変化をぜひ楽しんでほしい。

各テーブルには串抜きが置かれており、それを使えば簡単に抜くことができる。

先が二股になっている串抜き
割り箸ではなかなか外しにくいが、この通り

昼夜の人気メニューもチェック!

\福よし流カレー南蛮/

もつカレー南蛮そば(単品820円、ライス・漬け物付き920円)

もう1品、ランチタイムに人気を集めているのが2本分のもつ串が入った、もつカレー南蛮そば。

店長 村上亮太さん
店長 村上亮太さん
「こちらは肉類を串から外して、カレー味のそばつゆと一緒に煮込んでいます。美唄やきとりの老舗だからこそできる、他にはない深い味わいです」

\もつとワインの不思議な出合い/

美唄の鶏もつワイン煮(454円)

夜メニューの中にも、もつ料理がある。赤ワインと秘伝の調味料で甘辛く煮詰めた一品で、噛めば噛むほど味が出る。

店長 村上亮太さん
店長 村上亮太さん
キンカン、レバー、砂肝、鶏皮、鶏ももが入っています。お酒が進む濃い味付けです」

\門外不出のレシピでつくる煮込み料理/

味噌ホルモンの煮込み(734円) ※写真は2人前

通年販売しているが、寒い季節にはもってこいの煮込み料理。たっぷりのホルモンの下には豆腐が入っており、味噌(みそ)のやさしい甘みにほっとする。

店長 村上亮太さん
店長 村上亮太さん
「このメニューだけ美唄本店で作っています。レシピは僕たちも知らないんですよ」

働きマンが英気を養う場所

札幌市内で8店舗展開している福よしだが、ランチ営業(平日)しているのは札幌中央店のみ。「このあたりは官庁街で、オフィスも多いため、オープン当初からランチ営業しています」と村上さん。

お客の大半が30〜60代のサラリーマン。昼はもつそばのほか、炭火焼とり丼や豚丼といったボリュームのあるものが好まれるそう。丼物はハーフサイズのかけそばとのセットもある。食後のコーヒーが無料で付くというお財布にうれしいサービスも!

席数は84席。カウンターのほか、テーブル席、小上がりがある。また、地下にはその昔貸金庫だったという宴会場も完備

夜はビール、焼酎、日本酒など種類豊富な酒と美唄やきとりを楽しむ人でにぎわう。

時代は変われど、所変われど、働く人に支持されている美唄やきとりと、もつそば。炭坑マンも食べた美唄のソウルフードを食べて、午後からの仕事、明日に向けて英気を養おう。

取材メモ/美唄やきとり、もつそば、鶏めしのほかに、袋のままかぶりつく焼きそばがあるなど、美唄にはちょっと変わった食べ物があります。今回のもつそばをもって、私は美唄のソウルフードを制覇しました!

取材・文=西田晴美(みんなのことば舎)、撮影=山下恭子

他エリアの記事もチェック!

\あわせて読みたい!/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES