熊本・菊池市のゆるキャラ“きくちくん”が「斬新すぎる」と話題

特集

「熊本で見る」〜熊本でやりたい100のこと。〜

2016/07/13

熊本・菊池市のゆるキャラ“きくちくん”が「斬新すぎる」と話題

熊本のご当地ゆるキャラといえば“くまモン”があまりに有名ですが、菊池市に突如誕生したゆるキャラ“きくちくん”が密かな話題になっています。今後、くまモンについでブレークする(かもしれない)キャラクター、要チェックです!(タウン情報クマモト編集部・羽田野)

月刊タウン情報クマモト

月刊タウン情報クマモト

菊池市の特産品をこれでもか!と詰め込んだビジュアル

「きくちくん」のビジュアル。パンチ効いてます

まずその見た目。顔は真っ青、アタマはヘルメットのよう、そして足はシマシマ。実はこれ、菊池市の特産品を全身に盛り込んでいるのです。

たとえば、顔は「菊池渓谷」の川の色、アタマはメロン、足は酪農、まゆ毛は温泉マーク、鼻はお米、口は桜……という具合。

詰め込みすぎてもうワケがわかりません(笑)。

熊本県民おなじみの、夏の避暑地「菊池渓谷」。周辺はひ~んやりとしています。さらに秋には、紅葉で木々が真っ赤に染まります

熊本弁バリバリのトーク

しゃべるゆるキャラといえば“ふなっしー”や“ねば~る君”が有名ですが、彼もしゃべります。

それが超ネイティブな熊本弁

おそらく、初めての方はきくちくんが何をしゃべっているかほとんど聞き取れないと思います。しかも結構口が悪く、ツッコミなんかもガンガン入れてきます。

熊本県内のイベントなどに勝手におじゃまするみたいなので、運が良ければ会える……かも!? 問い合わせや出演オファーは『菊池観光協会』まで!

この記事を書いたライター情報

月刊タウン情報クマモト

月刊タウン情報クマモト

創刊から37年、熊本県民の皆さんに“タンクマ”の愛称で親しまれ続けている『タウン情報クマモト』。グルメ、温泉、観光、人、音楽、ファッション、アートなど、熊本の“旬”を満載。毎月27日発売。360円。

月刊タウン情報クマモト が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES