旅サラダ・ヒロド歩美が食レポ! 富山・氷見市の絶品グルメ4選

連載

旅サラダ・ヒロド歩美が全国の飲食店を突撃取材!【Vol.41~】

2019/01/24

旅サラダ・ヒロド歩美が食レポ! 富山・氷見市の絶品グルメ4選

土曜の朝の旅番組『朝だ!生です旅サラダ』。この番組の「ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅」は、ABCテレビアナウンサー・ヒロド歩美さんが日本各地の飲食店を突撃取材する人気コーナーだ。同コーナーでヒロドさんが訪れた店を紹介するグルメ連載。第42回は富山・氷見市のグルメをチェック。

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ)

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ)

ブリしゃぶ、ブリ丼、氷見牛ラーメン、白エビの天ぷら。氷見市でしか味わえないグルメを満喫

今回ヒロドさんがやって来たのは、富山県の氷見市。日本海に面した港街から、“コレうま”なグルメ探しの旅、スタート!

氷見市に到着
港街を歩いていると……
「何これ、ブリ小僧?」(ヒロドさん)
「すっごい遠い目をしてブリを抱いていますよ!」(ヒロドさん)
「あっ、いた! 今度はブリを持ち上げていますね」(ヒロドさん)
「ブリ小僧ですよ、これ多分。何人兄弟かな?」(ヒロドさん)
氷見市といえば寒ブリの街。産卵前の脂が乗ったブリを「氷見寒ブリ」というブランドで出している
そんな氷見市でおいしい店を聞き込み!

\氷見市で見つけたグルメ4選/
1.脂が乗った寒ブリのしゃぶしゃぶ
2.寒ブリの切り身がてんこ盛りな丼
3.ブランド肉・氷見牛のラーメン
4.富山湾の宝石・白エビの天ぷら

1.脂が乗った寒ブリのしゃぶしゃぶ

「味処 割烹(かっぽう)しげはま」

最初にやって来たのは、1940(昭和15)年創業の割烹料理店「味処 割烹しげはま」。この店では、寒ブリの胃袋の味噌(みそ)煮や、エラのから揚げなど、地元の人も驚く変わり種のブリ料理が味わえる。

「味処 割烹しげはま」
氷見市の郷土料理や魚料理を提供する人気店だ
寒ブリ料理が待ちきれないヒロドさん
「ブリしゃぶでございます!」(スタッフの方) 「うわっ、すごい!」(ヒロドさん)
「きれい〜。ありがとうございます!」(ヒロドさん)
「鰤(ブリ)しゃぶ」(2500円)
ヒロドさん
ヒロドさん
「寒ブリはしゃぶしゃぶでいただくのはもったいないくらい分厚くカットされています」
「しゃぶしゃぶしゃぶ」(ヒロドさん)
「く〜っ!」(ヒロドさん)
「何ていうんですか、この……」(ヒロドさん)
「スジというか、何ていうの、この感じ(笑)。いいですね〜」(ヒロドさん)
「おお、ポン酢につけたら脂が……!」(ヒロドさん)
「いただきます!」(ヒロドさん)
パクリ
「おいしい!」(ヒロドさん)
「うわ〜!」(ヒロドさん)
「噛み終わった後、飲み込んだ後も、ブリのうまみがずーっと残っています」(ヒロドさん)
「冬の王者、さすがですね」(ヒロドさん)

2.寒ブリの切り身がてんこ盛りな丼

「氷見魚市場食堂」

翌朝、すっかり寒ブリのとりこになったヒロドさんがやって来たのは、氷見市の特産物・寒ブリの競りが行われる「氷見漁港」

寒ブリを積んだ船が帰港する

氷見漁港の競りは一般見学も可能。今年は数も多く、大きな寒ブリもよく獲れるそう。

「あっ! 床に寒ブリがたくさん並んでるんじゃないですか?」(ヒロドさん)
「うわっ、すごい!」(ヒロドさん)
「おっきいな〜。あの人なんて両手に一匹ずつ」(ヒロドさん)
ヒロドさん
ヒロドさん
「筋トレですね、まさに」

漁港内に朝からやっている寒ブリの店があるそうで、早速行ってみることに。

「氷見魚市場食堂」
競りで落としたばかりの新鮮な魚が味わえる食堂だ

この店の一番人気の朝ご飯がコチラ。

「お待たせしました。氷見の寒ブリ丼でございます!」(スタッフの方) 「はい、え!? きゃはっはー」(ヒロドさん)
「これ何枚ですか?」(ヒロドさん) 「22枚入っております」(スタッフの方)
「22枚!」(ヒロドさん)
ヒロドさん
ヒロドさん
「さっきまで海で泳いでいた寒ブリの身が何と22枚!」
「しかも寒ブリのアラでだしをとったお汁もついた、ぜいたくすぎる朝ご飯です!」(ヒロドさん)
「氷見朝どれ寒ブリ丼」(2800円〜)
「いただきます!」(ヒロドさん)
モグモグ
「か〜!」(ヒロドさん)
「おっはようございます〜!」(ヒロドさん)
「弾力があるんですけど、脂で身がしっとりしています!」(ヒロドさん)

続いてお汁も。

ズズズ
「うわっ!」(ヒロドさん)
「果てしない〜!」(ヒロドさん)
「おだしと寒ブリのうまみの染み込み方が果てしないですね!」(ヒロドさん)

続いてやって来たのは、氷見漁港から車で約2分のところにある「氷見漁港場外市場 ひみ番屋街」。飲食店やお土産店から、日帰り温泉、展望広場まである人気スポットだ。

「うおお!」(ヒロドさん)
「何だかいろいろな……。ああ、ここで全部コレうまが……」(ヒロドさん)
 
 
「氷見をはじめ、富山の漁港で獲れた新鮮な魚がたくさん並んでいますね」(ヒロドさん)

3.ブランド肉・氷見牛のラーメン

「麺屋 いく蔵 ひみ番屋街店」

ひみ番屋街に並んでいるのは魚だけではない。

「すごいの見つけました!」(ヒロドさん)
「氷見牛しゃぶしゃぶラーメン!」(ヒロドさん)
「どっちかにして〜!」(ヒロドさん)

ひみ番屋街のフードコートにある「麺屋 いく蔵 ひみ番屋街店」では、氷見牛を乗せた麺に熱々のスープをかけて食べる「氷見牛しゃぶしゃぶラーメン」を提供している。

「氷見牛しゃぶしゃぶラーメン」(1300円)
肉質5等級の氷見牛を麺の上にかぶせて
その上から醤油(しょうゆ)と煮干しでとったおだしをかける
「あっ、色が変わってきた! しゃぶしゃぶとラーメンの対決ですよ」(ヒロドさん)
「いただきます!」(ヒロドさん)
「うん!」(ヒロドさん)
「どっちも勝ち〜!」(ヒロドさん)
「おいしい!」(ヒロドさん)
ヒロドさん
ヒロドさん
「このコラボは最強ですね」
「考えたこともなかった」(ヒロドさん)

4.富山湾の宝石・白エビの天ぷら

「浜焼き屋台 かぶすや」

ひみ番屋街にある、ちょい食べ・ちょい飲みができる店「浜焼き屋台 かぶすや」で、気になるものを発見。

「あっ!」(ヒロドさん)
「白エビの天ぷら!」(ヒロドさん)
「今回は天ぷらでいただいちゃいますよ!」(ヒロドさん)
「あっ!」(ヒロドさん)
「お待ちどうさまでした! どうぞ」(スタッフの方) 「ありがとうございます!」(ヒロドさん)
「味が薄いようでしたら、塩をちょっとかけていただいて」(スタッフの方) 「分かりました」(ヒロドさん)
「じゃあ、いただきます」(ヒロドさん) 「アルコールはよろしかったですか?」(スタッフの方)
「はい?」(ヒロドさん)
「すぐそこで、お魚に合うようなお酒を造っておられます」(スタッフの方)
「よろしくお願いいたします〜!」(ヒロドさん) 「はい、かしこまりました(笑)」(スタッフの方)
「オススメされましたから(笑)」(ヒロドさん)
「オススメされたらいただくのがコレうまの旅じゃないですか!」(ヒロドさん)
写真右「白エビ天ぷら」(500円)、写真左「曙」(400円)
ヒロドさん
ヒロドさん
「ぜいたくすぎる富山セット! まずは……」
「主役さん、白エビ!」(ヒロドさん)
パクッ
「うわっ、おいしい!」(ヒロドさん)
「甘い!」(ヒロドさん)
「ちょっとコクのある甘み」(ヒロドさん)
「いい富山セットですね〜」(ヒロドさん)
ヒロドさん
ヒロドさん
「そして、そして〜!」
ゴクゴク
「う〜ん!」(ヒロドさん)
「あ〜!」(ヒロドさん)
「生き返った(笑)」(ヒロドさん)
「もうお酒飲んだから締めくくっちゃった、ロケ」(ヒロドさん)

構成/樋口和也(シーアール)

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ)

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ)

毎週土曜午前8時~放送

全国のグルメやおでかけスポットなど、多彩な旅のスタイルを提案する情報バラエティ番組。ヒロド歩美さんが全国の飲食店を突撃取材する「ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅」は同番組の人気コーナー。

この記事を書いたライター情報

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ)

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ)

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ