売切れ御免! 3種のカレーパン/宮崎

特集

【特集・第1回】地元人が推薦! グルメ甲子園 〜 カレーパン編 〜

2019/02/01

売切れ御免! 3種のカレーパン/宮崎

素材にこだわり、口に入れた時の食感を大切にしたカレーパン。美味しさの秘密はオーナーの手仕事にありました。(「月刊情報タウンみやざき」)

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

パンのマイスターが手掛ける優しいスパイスたっぷりのカレーパン

レンガと緑のタープが目印のかわいいお店

宮崎駅から車で約15分。オフィス街や学校などが並ぶ、通勤・通学途中のエリアにあり、朝から多くのお客でにぎわう「Bakery House Sweet Sweet」。“地元の人に愛してもらいたい”とのオーナー・大田道康さんの想いがたっぷりつまったベーカリーは創業12年。平日でも60~70種の焼き立てパンがそろう人気店です。

「Bakery House Sweet Sweet」オーナー・大田道康さん

「実はパティシエになりたかったんです」

もともとはお菓子屋さん志望で飲食の世界に入った大田オーナー。高校卒業後、すぐに東京の大手ホテルで働き始めました。憧れは光り輝くウエディングケーキを作ること。日々修業の毎日でしたが、ルーティーン化された大手では、なかなか自分のやりたいことに携わることができません。そんな時、地元宮崎のホテルからの誘いが。「うちのホテルでパンを焼いてくれないか?」

ジャパンベッカーマイスター協会検定保持者でもある大田さん
オーナー 大田さん
オーナー 大田さん
「地元に戻ってすぐにパンを焼き始めました。でも、これまで私が作ってきたのはお菓子です。もちろん製造する上で、お菓子とパンは共通する部分もありますので、作ることはあったのですが、本格的に学んだことはありませんでした。なので、まずはほかの人の動きを見て真似をする、技術を盗むことを第一に頑張りました。地元のホテルでしたので、材料もほとんど宮崎県産がメイン。東京ではお金を気にすることなく、世界中からいい材料を仕入れていましたのでギャップはありましたが、地産地消の安全・安心な商品を作ることを学ばせてもらいましたね」
配合や成形、焼き上げまで毎日1人で全商品を製造

地元ホテルでパン作りを本格化させた大田さん。その実力を他社が見逃すわけはありません。大手のパン製造会社から引き抜きの声がかかります。必然的に働き始めた大田さんですが、またしても壁に突き当たることに。

大田さん
大田さん
「大きなパン屋ですから、それはもうどんどん焼いてどんどん売場へ! といった大衆向けの商品ばかりです。これまで自分が手掛けてきたホテルメイドのパンとはまったく違いました。もちろん先輩方もたくさんいらっしゃいますから、やり方も何通りもあります。その中で、より効率的で的確なパン作りの方法を自分なりに勉強しました。いろいろな店舗で責任者も務めましたし、パン作りの基礎的な部分を習得できた場所でもあります。ここでの経験が今の店に生きているんです」

モチ&フワ食感の魅惑のカレーパン

これがテッパンの「ビーフカレーパン」(194円)辛さ度★★☆☆☆

大手パン屋で約10年勤めたのち起業した大田さん。お店は今年12年目に入ります。1日70種ほど並ぶパンの中でも不動の人気を誇るのがカレーパン。なんと3種類あるんです。定番のビーフカレーパン、オーブンで焼き上げる焼きカレーパン、そして最後は変わり種、春巻きの皮で包んで揚げたパリパリカレーパンです。

「焼きカレーパン」(194円)辛さ度★★☆☆☆
大田さん
大田さん
「生地はもちろんですが、美味しさの秘密と言えば自家製のルウでしょうか。焼き上げの前日に仕込んで冷やして、それから包みます。辛さは、どんな世代の方でも美味しく食べていただけるように調整しています。ビックリするような辛味のルウはふんわりとした生地には合わないのかもしれませんね」
「春巻きの皮で包んで揚げたパリパリカレーパン」(194円)辛さ度★★☆☆☆

この3種のカレーパン、生地もそれぞれ使い分けているんです。ビーフカレーパンはフワフワした口あたりのやわらか食感。焼きカレーパンはもっちりどっしり食べ応え抜群。春巻きカレーパンはパリッとした皮としっとりとした生地の新食感で、とても面白い組み合わせです。

もちろんルウも自家製。春巻きカレーパンはほか2種とは違うスパイシーなルウを使用
小麦粉は10~20種を商品ごとに使用する
素材選びに妥協はなし。地元産をメインにパン作りを行う
大田さん
大田さん
「素材はできるだけ地元のものを使うように心がけています。そうすることでパンに季節感を出すことができますし、レパートリーも増えます。連日60種以上のパンを焼いていますが少しずつリニューアルしているんですよ」
味はもちろん女性がよろこぶ美しいビジュアルも人気のポイント
触れると幸運を招く!? マスコットのゴールドピッグ。入口で見つけてね
店に一歩入ると焼き立てパンのいい香り。11時半頃がねらい目

取材メモ/3種のカレーパン。全て試食させていただいたのですが、それぞれ食感やルウとの組み合わせが違いとっても面白い! 中でも私のお気に入りは春巻きカレーパン。丸ごと春巻きの皮で包む斬新なアイディアと、パリパリとした歯ごたえ、モッチリとした生地が絶妙にマッチした完全オリジナルの一品。ぜひ一度試していただきたいです。

取材・文=東条隆子 撮影=黒木将

月刊情報タウンみやざき

月刊情報タウンみやざき

毎月27日発売、360円

みやざきをもっと楽しく! もっと元気に! をコンセプトにアクティブな情報を発信します!

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

SERIES