スイスホテル南海大阪で楽しむ男も納得のストロベリーブッフェ

2019/01/27

スイスホテル南海大阪で楽しむ男も納得のストロベリーブッフェ

どこもかしこもストロベリーブッフェが花盛り。大阪市内のホテルでは現在、年明けからストローベリーをメインに据えたスイーツブッフェが展開中です。今回は、大阪なんば駅の真上にある「スイスホテル南海大阪」で1月5日から始まったストローベリーブッフェをご紹介いたします。

ラプレ

ラプレ

\チョコレートをベースにしたスイーツブッフェ/

スイスホテル南海大阪では、名物の「スイスチョコレート」をベースにしたスイーツブッフェを一年間を通じて開催しています。中でも、1月5日からは本命とも言える、チョコレートとストローベリーが競演するスイーツブッフェ「Swiss Chocoholic ~strawberry~」が始まり、にぎわいを見せています。今回はスイーツ大好きな40代男性のDがレポートしてまいりました。

ストローベリーブッフェのメインコーナー

\24種類のスイーツが並ぶメインコーナー/

スイーツブッフェが開催されるレストラン「タボラ36」は、その名の通りスイスホテル南海大阪の最上階、36階に広がる開放的なダイニングレストランです。スイーツブッフェは1月5日~4月28日の土曜・日曜限定で、15時30分~17時の90分制で開催されます。料金は大人=4,500円、子ども(4~12歳)=2,250円で、税金・サービス料は別途となります。

タボラ36の様子。中央部分の天井はガラス張りになっており、シャンデリアも辛れています
ゆったりとした窓際のテーブル席。スイーツブッフェは主にこのテーブル席でいただきます

さておまちかねのストロベリーブッフェをドドーンとご紹介いたしましょう。今回は24種類のスイーツに加え、名物のチョコレートファウンテンが今回はストローベリーバージョンとなって登場。さらには自家製アイスクリームや、「味チェンジ」にも最適なサンドイッチ、ローストポークなどのお料理も提供されています。

名物のチョコレートファウンテンが今回はストロベリーバージョンに!
ストロベリーがたくさん乗っかった、ストロベリーとホワイトチョコレートのタルト
ド定番ですがマストアイテムのストロベリーショートケーキ
パクッと食べたい、ストロベリーとチョコレートのシュークリーム
えっ、こんなものまで・・・ストロベリーチョコレートスープ

\月替わりでテーマを設定。1月のテーマは「和」でした/

さてこのスイーツブッフェですが、4月末までの期間中、月ごとにテーマが設けられており、1月のテーマは「和」。今後、2月は「バレンタイン」、3月と4月は「あまおう」となります。今回のテーマ「和」にちなみ、和菓子も数多く登場していますので、こちらもドドーンとご紹介します。

和菓子とストロベリーの盛り合わせ
抹茶とチョコレートのティラミス
抹茶餡の水饅頭
芋羊羹

\男子も納得!スイーツブッフェなのにお食事も充実/

さて最後に、レポーターDが自信をもっておススメしたいのが、セイボリーコーナーのお食事の数々。一般的なスイーツブッフェは、その名の通りスイーツが中心で、基本的には甘いものばかりなのですが、甘いものが苦手な方や、ガッツリ食べたい男性の方にはぜひこのスイスホテル南海大阪をおススメしたいと思います。というのも、お食事メニューが超充実しているのです。ローストビーフ、サンドイッチ、カレーライス、茶そば、ピザ、そして焼き芋など、これだけ食べても満足度は高いのです。

定番のピザ。今回は照り焼きチキン キノコ ホウレン草のピッツァでした
グリルベジタブルサンドイッチ バジルマヨネーズ
クロックムッシュ
レポーターDの一押しはカレーライス!味チェンジにも最適ですし、ホテルのカレーって憧れがありませんか?それが食べ放題なんて素敵

いかがでしたか?女性も男性も納得のスイーツブッフェ、優雅な景色を見ながら週末のひとときを楽しんでみませんか?

36階からのなんばの景色を眺めながらスイーツブッフェを楽しめます

この記事を書いたライター情報

ラプレ

ラプレ

大阪・関西を中心に、新しいお店、イベントなどの取材活動を行っています。地域ニュースサイト「梅田経済新聞」「なんば経済新聞」「大阪ベイ経済新聞」も運営しています。

ラプレ が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES