「味噌おでん」の印象が変わる!? ソムリエ提案のワイン酒場

特集

旅した時に食べたい!あったかご当地グルメ

2019/02/01

「味噌おでん」の印象が変わる!? ソムリエ提案のワイン酒場

名古屋といえば味噌! 味噌カツ、味噌煮込み、どて煮……など味噌文化が定着していますが、おでんも然り。「味噌おでん」というと濃くて甘いイメージを持つ人が多いと思いますが、「カモシヤ」ではワインに合う一風変わった「味噌おでん」を提案しています。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

これはひと味違う! が味わえる名古屋の「味噌おでん」

こだわりぬいた出汁と味噌で作り上げた「味噌おでん」はワインとの相性抜群!

名古屋の中心地・栄の久屋大通沿いにある「カモシヤ」。ご当地グルメ「味噌おでん×ワイン」というちょっと意外にも思える組み合わせが話題となり、多くのメディアでも取り上げられる人気店です。

とオーナーの橋本さん(左)とオープン当初から通う中村さん(右)
中村さん
中村さん
「僕が頼むのは定番の大根、こんにゃく、卵ですかね。何日も煮込んだ大根は味が染みて最高です。コッテリしすぎないから、たぶん名古屋の人じゃなくても好きになってくれる味だと思いますよ」

食べてみるとわかりますが、確かに一般的な味噌おでんより少しあっさりしているような……。
決め手は出汁にあり!創意工夫の味わい

フレンチやワインバーで経験を積んできた橋本さん
橋本さん
橋本さん
「おでんといえばカツオ出汁が一般的ですが、うちはしじみ出汁を使っています。しじみを使うと、カツオの丸みのある味とは違って、シャープな味になるんですよ」

とオーナーの橋本雄生(ひろむ)さん。

じわっと染み出る味噌の風味がたまりません! おでんは90円(税別)~とリースナブル

二日酔いに染みる、あのしじみの味噌汁からヒントを得たという出汁。これがワインに合う味噌おでんの秘密だったんですね。オープンの2年前から試行錯誤を繰り返してたどり着いた味にはさらに工夫が。

橋本さん
橋本さん
「うちのおでんは砂糖を使っていません。その代わりに、赤ワインを煮詰めたものをブレンドし、独特の甘みを出しています」

味噌は地元の老舗味噌醸造元「ナカモ」の名古屋味噌を使用。あっさりとしつつも奥行きのある味わいが特長です。

辛子と味噌はお好みでトッピング

各テーブルには辛子と味噌が置いてあります。

橋本さん
橋本さん
「お好みで味変できるように置いているんです。なかには濃くて甘い昔ながらの味がいいという地元の方もいらっしゃいますしね」

ソムリエのオーナーがチョイスしたワインがラインナップ

飲みやすいニューワールドワインをはじめ、オーナーが選び抜いたワインがカウンターに並びます

ソムリエの資格を持つオーナー。
ヨーロッパ各地のワイナリーを訪れ、スコットランドではウイスキー、フランスのマルティニーク島ではラム酒の蒸留所を見学する旅を決行しお酒に関する知識を深めた方。海外を視察したことで日本、もっといえば名古屋を振り返るきっかけになったと言います。

店内のボードにはボトルワインのリストが
橋本さん
橋本さん
「海外の人たちはみんな自分の国や産まれ育った町、文化に誇りをもっていますよね。彼らのように自分も自信をもって地元をアピールできるようになりたいと思い、たどり着いたのが名古屋のご当地グルメ、味噌おでんだったんです」

なるほど! 味噌おでん×ワインのアイデアはそんな経験から生まれたものだったんですね。

おでん以外にも和洋さまざまなアラカルトが用意

「味噌おでん」以外にもアラカルトが豊富。なかでもほとんどのお客さんが頼むという人気ダントツ1位は、ご当地グルメを食べつくしたオーナーが考案した新名古屋メシ「名古屋ハヤシ」(780円・税別)!

こちらが「名古屋ハヤシ」(780円税別)。黄身を混ぜるとよりまろやかな味になって味の変化を楽しめます

ご当地グルメのメニュー開発にも携わる橋本さん。「カモシヤ」の〆メニューとして人気の高い「名古屋ハヤシ」もそのひとつ。常連のお二人に「名古屋ハヤシ」について聞いてみると。

月に数回訪れるという常連の小澤さん(左)と山下さん(右)
山下さん
山下さん
「デミグラスと赤味噌のコクがマッチしていて、絶妙な味なんですよ」
小澤さん
小澤さん
「ワインにも合いますし、〆のごはんのつもりで頼んでも、ついまたそこから飲み始めてしまうこともよくあります(笑)」

さらにおすすめメニューを聞いてみると。

食べだすと止まらなくなる「アンチョビポテト」(480円・税別)
小澤さん
小澤さん
「アンチョビポテトは毎回頼みます。アンチョビの独特の風味が、ワインにもよく合うのでおすすめです」

この日お一人で訪れていた常連さんにもおすすめメニューを聞いてみました。

小林さん
小林さん
「おでんは当然注文しますが、オリエンタルチキンも香ばしくて好きですね」

ちなみに小林さんはビール派。ビール×味噌おでんもなかなかイケるそう。

パリッとした食感とスパイスが楽しめる「オリエンタルチキン」(680円・税別)

日本全国47都道府県のご当地グルメをすべて食べて回って研究しつくしたというという橋本さん。自らをグルメオタクと笑うが、その探求心に裏付けされたメニューは食してみれば納得できるはず!

老舗のワイン酒場をイメージした店内

レトロな灯りがともる店内
山下さん
山下さん
「出張で名古屋に来た先輩を何度か連れてきたことがあるんですけど、みんな喜びますね。昭和っぽいお店の雰囲気も気に入ってもらえます」

BGMには昔懐かしいテレビの音声が流れます。

橋本さん
橋本さん
「お洒落なワインバーというよりも、肩ひじ張らずに気軽にワインを楽しめて、幅広い層の人に愛されるお店にしたかったんです」

カウンターもあるので、一人でも気軽にふらっと立ち寄れるのもいいところ。女性の一人客も多いそうですよ。

カウンター横の大鍋でグツグツ美味しそうな音をたてるおでん。何を選ぶか迷ってしまいそう

名古屋名物「味噌おでん」。ワインで味わうもよし、ビール、地酒で味わうもよし。思い思いの楽しみ方で名古屋の味を満喫してみてはいかがでしょうか。

橋本さん
橋本さん
「豆味噌文化が根付いた名古屋でしか味わえない『味噌おでん』を、ぜひ味わってほしいですね」
名古屋栄の中心地。杉玉と町家風の外観が目印です

「カモシヤ」は16時からオープン。ゴールデンタイムは混雑必至なので早めに来店するか10時以降が狙い目ですよ!

Yahoo!ロコおでん&ワイン カモシヤ
住所
愛知県名古屋市中区錦3-16-8 森万ビル1F

地図を見る

アクセス
栄町(愛知県)駅[10B(セントラルパーク)]から徒歩約0分
栄(愛知県)駅[3(栄駅)]から徒歩約0分
久屋大通駅[3(久屋大通駅)]から徒歩約5分
電話
052-963-6730
営業時間
16:00~24:00
定休日
日曜(祝前日は営業、その他不定期に日曜営業あり)
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

【取材メモ】ワインフェスタを主宰するなど地元の活性化にも力を注いできた橋本さんのお話に、もっと名古屋を知ってもらいたい、という情熱を感じました。味噌とワイン、2つの醸造品と橋本さんの地元愛が”醸し出す”「カモシヤ」の味は、ぜひ味わってほしいと思います。にこにこ迎えてくれるスタッフさんの笑顔も印象的でした。

取材・文・撮影=まつおまいこ(日本プリコム)

\もっと知りたい名古屋めし/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES