旅サラダ・ヒロド歩美が食レポ! 富山・南砺市の絶品グルメ3選

連載

旅サラダ・ヒロド歩美が全国の飲食店を突撃取材!【Vol.41~】

2019/01/31

旅サラダ・ヒロド歩美が食レポ! 富山・南砺市の絶品グルメ3選

土曜の朝の旅番組『朝だ!生です旅サラダ』。この番組の「ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅」は、ABCテレビアナウンサー・ヒロド歩美さんが日本各地の飲食店を突撃取材する人気コーナーだ。同コーナーでヒロドさんが訪れた店を紹介するグルメ連載。第43回は富山・南砺市のグルメをチェック。

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ)

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ)

山菜そば、五箇山豆腐、里芋コロッケ。真冬の南砺市でおいしいグルメを発見!

今回ヒロドさんがやって来たのは、富山県の南砺市。合掌造りと雪景色のコントラストが美しい世界遺産の五箇山集落から、“コレうま”なグルメ探しの旅、スタート!

南砺市の五箇山集落に到着
「おいしいもの探し、スタート!」(ヒロドさん)
「あはははは!」(ヒロドさん)
……
「ああ、幸先いいスタート(笑)」(ヒロドさん)
「行ってきま〜す!」(ヒロドさん)

\南砺市で見つけたグルメ3選/
1.体の芯から温まる。老舗茶店の名物そば
2.江戸時代と変わらぬ製法で作る堅豆腐
3.特産物の里芋を使ったホクホクコロッケ

1.体の芯から温まる。老舗茶店の名物そば

「お休み処・茶店 まつや」

最初にやって来たのは、大正時代から五箇山を訪れる人たちの憩いの場として親しまれる「お休み処・茶店 まつや」。この店では、五箇山で採れた野菜や山菜を使ったこだわりの料理が味わえる。

「お休み処・茶店 まつや」
 
店内には五箇山ならではのお土産がズラリ
木の温もりを感じる居心地のいい店内
「五箇山づくしの……」(ヒロドさん)
「こんなに豪華な定食ですよ!」(ヒロドさん)
「まつや定食」(1850円)。旬の食材を使った献立で、年4回メニューが変わる
「こ、こんなにおそばから湯気が出るなんて……!」(ヒロドさん)
「寒いところならではの風景ですよ」(ヒロドさん)
「いただきます」(ヒロドさん)
「うん!」(ヒロドさん)
「温まる〜っ」(ヒロドさん)
「おだしが……」(ヒロドさん)
「温もりに包まれました」(ヒロドさん)
さらに、地元で採れた野菜や
山菜料理に
五箇山特産の「赤かぶのころ煮」も
パクリ
「あ、やっわ!」(ヒロドさん)
「ふふふ、やわらかい!」(ヒロドさん)
「若干ピリ辛のお味がある甘さ」(ヒロドさん)
「うん。あったまる〜!」(ヒロドさん)
ヒロドさん
ヒロドさん
「醤油(しょうゆ)と唐辛子でじっくり煮込んでいて、体も温まりました!」

2.江戸時代と変わらぬ製法で作る堅豆腐

「喜平商店」

続いてやって来たのは、五箇山の特産物・五箇山豆腐の専門店「喜平商店」。この店では、代々受け継がれてきた伝統の堅豆腐を製造・販売している。

明治時代から続く老舗だ

特別にどんな豆腐か見せていただけることに。

「うわっ、おっきい!」(ヒロドさん)
「こ、これが五箇山豆腐?」(ヒロドさん)
「はい。私らが子どもの頃は、袋じゃなくて藁(わら)で縛って持ち歩いたんですけれど……」(三代目)
「あっ、本当だ!」(ヒロドさん)
「うわっ、重い!」(ヒロドさん) 「2kg」(三代目)
「重いです! これはいい筋トレになりますね」(ヒロドさん) 「そうでしょう(笑)」(三代目)
 
「江戸時代から変わらない五箇山に伝わる独自の製法で、大豆たっぷりの堅い豆腐を作り続けているんです」(ヒロドさん)
「それではイートインスペースでいただきます!」(ヒロドさん)
「えっ、おあげさんも!」(ヒロドさん)
「五箇山豆腐」(200円)、「あつあげ」(180円)
「あげっていうのはちょっと変わっていまして、中がぽっちゃりして、独特のあげです」(三代目) 「食べ物にもぽっちゃりって言うんですね!」(ヒロドさん)
「ぽっちゃり!」(ヒロドさん) 「ふふふ(笑)」(三代目)
まずは五箇山豆腐の「あつあげ」から
パクリ
「うん!」(ヒロドさん)
「ぽっちゃり!」(ヒロドさん)
「ぽっちゃり、分かりました!」(ヒロドさん)
「昔にしたら、一番のごちそう。油なんて昔は超貴重品ですから」(三代目)
「堅い豆腐ですが、水分量も多くあげることで弾力が出るんです」(ヒロドさん)
ヒロドさん
ヒロドさん
「そしてお豆腐!」
醤油をかけて
「お豆腐ってこうね、つかみにくい。お箸でいただくには難しいハズなのに……」(ヒロドさん)
「あれ?」(ヒロドさん)
「はんぺんかな? みたいな」(ヒロドさん)
「では、いただきます!」(ヒロドさん)
パクリ
モグモグ
「うわっ、おおお!」(ヒロドさん)
「大豆のお味がしっかりしていますね」(ヒロドさん)
「しっかり大豆っていうのを味わいたい人はこれ!」(ヒロドさん)
「普通は『ツルリ』じゃないですか? 五箇山豆腐は、『クチャクチャ』と噛めば噛むほど味が出てくる」(三代目)
「いや、こんな歯形がつく豆腐、あまりないですよね?」(ヒロドさん)
「満足感があります!」(ヒロドさん)

3.特産物の里芋を使ったホクホクコロッケ

「花島精肉本店 本店」

最後にやって来たのは、1914(大正3)年創業の精肉店「花島精肉本店 本店」。看板商品はしっとりモチモチの食感が楽しめる「里いもコロッケ」だ。

「花島精肉本店 本店」
自慢の牛肉と特産の里芋を合わせた、地元民のソウルフード
「里いもコロッケ」(145円)。ショッピングモール内の「ア・ミュー店」ならあげたてのコロッケが食べられる
「いただきます」(ヒロドさん)
「うん!」(ヒロドさん)
「うわっ」(ヒロドさん)
「おおお!」(ヒロドさん)
「ジャガイモではない、里芋ならでは甘みが、すっごいしっかり」(ヒロドさん)
「で、それに負けない牛のおいしさ」(ヒロドさん)
「モッッッッッチリ!」(ヒロドさん)
「本当に!」(ヒロドさん)
もうひと口、パクリ

構成/樋口和也(シーアール)

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ)

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ)

毎週土曜午前8時~放送

全国のグルメやおでかけスポットなど、多彩な旅のスタイルを提案する情報バラエティ番組。ヒロド歩美さんが全国の飲食店を突撃取材する「ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅」は同番組の人気コーナー。

この記事を書いたライター情報

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ)

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ)

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ) が最近書いた記事

SPECIAL