一人焼肉のトレンドは、うまい・速い・お値打ち

2019/02/05

一人焼肉のトレンドは、うまい・速い・お値打ち

「一人焼肉」が盛り上がっている。「やきとり家すみれ」など10数業態を展開するダイニングイノベーションは2018年8月29日(焼肉の日)に東京・新橋に「焼肉ライク」1号店を、11月29日(いい肉の日)には新宿に2号店を出店。300店舗構想に向けて順調なスタートを切った。

たべぷろ

たべぷろ

自分のペースで食べられる

「焼肉はグループで行くもの」という固定観念が強い。一般的に「一人焼肉」というとアルコールをメーンに七輪やコンロの煙モクモクの中でつまみとして食べるというイメージがある。その固定観念を壊して、「TASTY! QUICK! VALUE!(うまい・速い・お値打ち)」の三拍子そろったファストフードとして、「一人焼肉」を再構築したのが「焼肉ライク」だ。

一人1台の無煙ロースター

牛肉はUSチルド肉を使用。ご飯は精米してから3日以内のものを、一度に2.5升を炊き、45分以内の炊き立てのご飯を提供。タレは、ご飯に合う味わい。一人1台の無煙ロースターで好みの部位を好みの焼き加減で、自分のペースで食べられる。

提供は注文後約3分。料理は、トレーにのせられて提供される。卓上にはトレーがスッと収まる凹みがあり、トレーが動かず、快適な空間で食べられるように工夫されている。1人前約1200円のお値打ち価格で満足感たっぷり。

家庭での個食の浸透と肉ブームにマッチし、一人で食事として焼肉を楽しみたいという客層に応えた初の業態としてリピーターも急増中だ。

テーブルに凹みがあり、そこにトレーを入れ込むため、トレーがずれることなく一人のスペースが確保できる

女性のリピーターも多く

「焼肉ライク新橋店」は、午前11時の開店前から行列ができる。集客は1日当たり400人、日販60万円を売り上げる。男女比率は男性8、女性2。一人で気兼ねなく食べられることから女性のリピーターも多く、男女比率は出店地域によって変わる見込み。時間帯による客数はランチ、ディナーが半々だ。

オープン前から行列ができる

メニュー、サイドメニューは厳選して絞り込んでおり、厨房1.5人・サービス2人の少人数での運営が可能だ。外食産業の大きな悩みである人手不足に対応し、さらに収益性の高い業態といえる。しかし、まだ「焼肉ライク」は完成された業態ではない。店舗数を重ね、立地条件なども考慮しながら進化し続けていく業態だ。

一番人気はカルビ&ハラミセット

●店舗情報
「焼肉ライク新橋店」

経営=ダイニングイノベーション
店舗所在地=東京都港区新橋2-15-8 新橋WBビル1階
開店日=2018年8月
営業時間=11時~23時。無休
坪数・席数=16坪・21席(19ロースター)
平均客単価=1500円
1日平均集客数=400人

たべぷろ

たべぷろ

たべぷろは「おいしい食べ方のコツ」がわかるWEBサイトです。食の魅力をさらに引き出すノウハウを知って「食べ方のプロ」をめざしましょう! 食の専門紙・日本食糧新聞社が運営しています。

この記事を書いたライター情報

たべぷろ

たべぷろ

たべぷろは「食べ方のコツ」がわかるWEBサイトです。食の魅力をさらに引き出すノウハウを知って「食べ方のプロ」をめざしましょう! 食の専門紙・日本食糧新聞社が、おいしい食べ方、健康な食べ方、ニッポンの食べ方などをお届けします。

たべぷろ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES