海上ランチで特別体験 熊本・芦北の魅力を満喫する夏の思い出旅

海上ランチで特別体験 熊本・芦北の魅力を満喫する夏の思い出旅

2016/07/13

白い帆をふくらませる優雅な姿が「海の貴婦人」とたとえられる不知火海のシンボル・うたせ船。海上で楽しむクルーズランチや芦北ならではの温泉、地元で愛される食堂のかき氷など、芦北の魅力を満喫できる4スポットをご紹介!(タウン情報クマモト編集部・福永)

月刊タウン情報クマモト

月刊タウン情報クマモト

大海原に浮かぶうたせ船

1.『観光うたせ船』

大海原で海の幸を味わう! 伝統漁法や太刀魚釣り体験も

mod['contents3']
「近郊で捕れるのはアシアカエビなど主にエビ類。実際に漁を行う漁師がご案内します」と芦北町漁業協同組合の組合長・八里政夫さん

うたせ船で地元を盛り上げようと1981年に観光船がスタート。

沖合で帆を広げて網を仕掛け、不知火海で捕れた海鮮を使った料理を楽しんだり、太刀魚釣りを体験したり。

釣れた魚や仕掛けた網にかかった魚は持ち帰りできる。エアコンや洗面台を完備したレディース船も好評で男性も利用OK。みんなで貸し切って大海原を走り抜けたい。

1万800円の料理一例。すり身の天ぷらや石エビの塩ゆでなど海鮮料理を船上で(内容は季節によって異なる場合あり)

観光うたせ船

料金(いずれも1隻あたり)
乗船料:4万3200円(定員12名まで)
料理代:1万800円または2万1600円(通常は海鮮料理で、イタリア料理はレディース船限定2万1600円のみ。予約の際、要望があった場合のみ対応)
※1週間前までに要予約 
※荒天の場合は欠航 
※出航は9:00〜13:00の間で希望時間に対応(貸切の場合)。所要時間は約3時間半 ※4・5・9・10月の土・日曜、祝日は乗り合い船を運航(最少人員7人以上、1人5200円)

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

入湯料は170円(6~12歳は130円、6歳未満は70円)

2.『計石(はかりいし)温泉センター』

海底からの恵みで疲れスッキリ 人情味あふれる波止場の湯

mod['contents3']
いつも笑顔で迎えてくれる受付の“看板お姐さん”。ここでの雑談が楽しみという常連客も多い

泉質の良さが評判を呼び、湯治客も足繁く通う町営の大衆温泉。

不知火海の海底で自噴する源泉をくみ上げている珍しい塩泉は、サラリとした肌触りで湯冷めしにくいのが特徴だ。観光うたせ船の発着場である計石港に隣接しているので、帰りに立ち寄りたい。

のんびりゴロ寝したくなる休憩室。飲食の持ち込みOKで、保存用の冷蔵庫まである懐の深さがうれしい

計石温泉センター

料金 :大浴場170円(6〜12歳130円、6歳未満70円、休憩室利用込みは300円)

口コミ・写真など

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

かき氷(300円)

3.『清水屋』

ふわふわ食感に秘策アリ 食べ応えたっぷりの夏の風物詩

mod['contents3']
町の人から愛される一軒は、どこか懐かしい雰囲気

たこ焼きから定食まで庶民の味でおなかを満たしてくれる店で、駄菓子屋時代の味を引き継ぐのが“かき氷”300円。

いちごなど5つの味とミルクがけ(+50円)があり、ふわふわ食感と口どけの良さは、氷を削る刃の角度や温度管理を工夫した賜物。持ち帰りは100円引きに。

入湯料は170円(6~12歳は120円、6歳未満は60円)

4.湯浦温泉センター

天然木をぜいたくに使った純和風造り 広々とした浴槽でゆったり夢心地

外観、休憩室、大浴場まで、美しい天然木でまとめた純和風の造りが落ち着く町営温泉。

バリアーフリーの室内は清潔感があり、大浴場は全長17mと広々。手足を存分に伸ばして源泉掛け流しの柔らかな湯を満喫できる。シャンプーや石鹸(せっけん)は持参または受付で購入を。

湯浦温泉センター

料金:大浴場170円(6〜12歳120円、6歳未満60円)

※この情報は取材時の情報です。ご利用の際は事前にご確認ください。

この記事を書いたライター情報

月刊タウン情報クマモト

月刊タウン情報クマモト

創刊から37年、熊本県民の皆さんに“タンクマ”の愛称で親しまれ続けている『タウン情報クマモト』。グルメ、温泉、観光、人、音楽、ファッション、アートなど、熊本の“旬”を満載。毎月27日発売。360円。

月刊タウン情報クマモト が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載