フジロック常連ミュージシャンがバイトリーダーの異色の串カツ屋

特集

旅した時に食べたい!あったかご当地グルメ

2019/02/04

フジロック常連ミュージシャンがバイトリーダーの異色の串カツ屋

大阪グルメの名物メニュー・串カツ。本場といわれている繁華街・新世界で食べた人も多いと思いますが、せっかく大阪に来たのなら、より地元感を感じながら食べたいですよね。というわけで今回は、ファンキーな黒人音楽が鳴り響く中で串カツを味わえる「リズム&串カツ アガッタ!」をご紹介します。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

ソウルフルな串カツを生み出す大阪ファンクの代表選手

「リズム&串カツ アガッタ!」のおすすめメニュー3品+α。詳細は後ほど!
日が暮れて明かりがともり始めると、それまでの静かな雰囲気から一転してにぎわいを見せる八幡筋

「リズム&串カツ アガッタ!」があるのは、ミナミの飲み屋街の中でも特にディープなエリアといわれている八幡筋。どちらかといえばバーやスナックが多い場所なので、串カツ屋ってどこにあるのだろうと探していたら…。

あったー!! そして、お出迎えしてくれたこの人は!? さっそくお店に入ってみましょう。

串カツを手にしたジェームス・ブラウンの看板がお店の目印。店名はソウルミュージックによく出てくるフレーズ「I GOT」をもじったもの

バンドマンであり続けるために串カツ屋を

プロレス好きの少年だった安藤さんは、映画「ブルース・ブラザーズ」をきっかけに黒人音楽にハマったそう

「リズム&串カツ アガッタ!」を営まれている安藤八主博(やすひろ)さんは、大阪を中心に活動しているバンド『ザ・たこさん』のヴォーカリスト。黒人音楽をベースにしたファンキーなサウンドにユーモラスな歌詞が乗る独特の世界観が人気を集め、テレビCMでの楽曲起用、FUJI ROCK FESTIVALへたびたび出演するなど、関西だけにとどまらない人気を集めています。そんな安藤さんが串カツ屋を開業したきっかけは?

安藤さん
安藤さん
「お店をやりたいと言い出したのは僕の妻で、同じくミュージシャンの桜川春子なんです。二人ともに月に数本ライブをやっているのですが、そのたびに仕事の休みをもらうのが気を遣うし、それならもう自分で店をやってしまおうか、ということで始めました。実は店主は春子で、僕はバイトリーダーというポジションなんです(笑)」
『ザ・たこさん』は1993年結成。懐かしのテレビ番組やプロレスをモチーフにした歌詞は昭和世代ならツボにハマることうけあい
安藤さんの奥さまであり店主、そして同じくミュージシャンの桜川春子さんと。平日は交代でお店に出ているため、この日はご不在

そんな安藤さんは、バンド活動以外にも意外な経歴を持っています。

安藤さん
安藤さん
「高校を卒業後、お笑い芸人養成学校のNSCに入学し、23歳までピンのお笑い芸人として活動していました。その後、芸人を辞めて音楽がやりたくなり、当時のラーメン屋のバイト仲間と結成したのが『ザ・たこさん』なんです。ま、基本的にテレビとプロレスと黒人音楽が好きということに関してはずっと変わってないですね」
芸人を辞めた直後、23歳の安藤さん。なんとロン毛!

アガッタ!自慢のメニュー、揚げてもらいましょう!

カウンター内で作業中の安藤さん。奥から視線を送るクラーク・ゲーブルのポスターが激シブ

それでは、さっそく「リズム&串カツ アガッタ!」のファンキーなメニューを紹介していただきましょう。ゲラッパ!

まずは串カツ3大人気メニューを

左から「いんげんベーコン串巻き」(200円)、「かぼちゃのベジ串」(200円)、「カクテキ」(100円)

まずは、やはりお店の看板にもなっているということで、安藤さんおすすめの串カツ3品を。塩っ気と爽やかさが同居した「いんげんベーコン串巻き」、ペースト状にしたかぼちゃに野菜を絡めた「かぼちゃのベジ串」、大根キムチを大胆にも揚げてしまった「カクテキ」など、オリジナリティーあふれる串はいずれもお手頃価格。ぜひ他のメニューも制覇してください。

さっぱりした口当たりで女性におすすめしたい「かぼちゃのベジ串」

店主考案、最強のアテ「春コロッケ」

「春コロッケ」(250円)

店主である春子さんの名が冠せられた「春コロッケ」は、カラッと揚がった衣の中にとろっとろのじゃがいもを包み込んだ一品。コショウがよくきいているので、ビールのお供にもぴったり。取材中も周囲のお客さんがこぞって注文されていました。

安藤さん
安藤さん
「メニューはほとんど春子が考えているんですけど、このコロッケは特に好評ですね。彼女は本当に料理のセンスがある!…って言えと言われました(笑)。いや、でもホンマにおいしいので、いっぺん食べてみてください」

パワフルな味が欲しいなら「牛レバーのからあげ」

「牛レバーのからあげ」(500円)

安藤さんが味付けを考案した「牛レバーのからあげ」は、しょうが・にんにく・セロリなど野菜を煮込んだ漬けダレに2日ほどレバーを漬け込み揚げることで、とても力強い味わいに。付け合わせのオニオンスライスが、さらにレバーの旨味を引き立たせてくれます。とりあえずパンチのきいたものが食べたいという人にはドンピシャなので、1品目にどうぞ。

ビールもいいけど、特製ハイボールも

アガッタ!ハイボール(400円)

お酒も豊富にそろえているアガッタ!ですが、せっかくなのでお店オリジナルのドリンクを注文。クエン酸が入った「アガッタ!ハイボール」は柑橘系の酸味がきいており、まるでジュースのような飲み口。すいすいいけちゃうので飲み過ぎにはご注意を。

アガッタ!に集う人・人・人

個性的な店主のもとには個性的なお客さんが集います。今宵もアガッタ!のカウンターには、いい顔がたくさん。

ミュージシャンのお客さんも多いアガッタ!らしく、この日も音楽仲間4人で酒盛り中。グループを代表して右から2番目の方にお話を伺いました
リー・ルードさん
リー・ルードさん
「アガッタ!では毎週金曜にライブをやってるんですけど、僕はこれまで14回出演させてもらいました。自称ミスター・アガッタ!です! こてっちゃん串にトマト酎ハイというのが僕の定番。すいません、いい感じに酔っ払ってきました(笑)」
会社の仕事仲間というこちらの3人。左端の岡崎さんは今日がアガッタ!デビューだそうです
岡崎さん
岡崎さん
「前からお店のことは聞いていたんですけど、実際に来てすぐ気に入りました。まず、かかっている音楽がカッコいい! そしてご飯がどれもおいしい! まだまだ若造なので、これから通っていい音楽と料理をたくさん吸収したいと思います」
あれ、この人どこかで見た気が…と気付いたあなた。そう、こちらは『ザ・たこさん』のギタリスト・山口しんじさんです
『ザ・たこさん』ギター・山口しんじさん
『ザ・たこさん』ギター・山口しんじさん
「安藤とはもう25年以上の付き合いなので、食べ物の好みまで知っているつもりやったけど、新しいメニューを出してきた時なんかは、おっ!と驚くことがありますね~。飲んでると知り合いもたくさん来るし、ホンマに落ちつく場所ですわ」
壁には安藤さん直筆のミュージシャンやプロレスラーのイラストが。よく見るとみんな手に串カツを持っています。あなたは何人わかるかな?
隠れ家的な雰囲気がそそる店内。ライブの時はビールケース前がステージになります

サクサクの串カツを食べながらごきげんな黒人音楽に身を委ねられる「リズム&串カツ アガッタ!」。お店の放つ濃い~エネルギーは関西人以外にも届くようで、通りすがりで引き寄せられ、ふと入ってくる観光客や出張族もいるのだとか。あなたも次の大阪旅行で串カツを求めて八幡筋を目指してみては?

取材・文=伊東孝晃(クエストルーム) 写真=櫟原慎平

Yahoo!ロコリズム&串カツ アガッタ!
住所
大阪府大阪市中央区東心斎橋2-1-15

地図を見る

アクセス
長堀橋駅[7(長堀橋駅)]から徒歩約4分
日本橋(大阪府)駅[2(日本橋駅)]から徒歩約6分
近鉄日本橋駅[6(日本橋駅)]から徒歩約6分
電話
06-6211-5515
営業時間
月,火,木~土 18:00~27:00 水,日 18:00~25:00
定休日
不定休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

他エリアの記事をチェック!

\あわせて読みたい/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES