福岡のうどん居酒屋ブーム牽引の店で ちょい飲みのシメうどん!

特集

旅した時に食べたい!あったかご当地グルメ

2019/02/04

福岡のうどん居酒屋ブーム牽引の店で ちょい飲みのシメうどん!

福岡に旅行に行った時は、何を食べますか? ラーメン? もつ鍋? 今、福岡で増えているお店が「うどん居酒屋」!そのブームの先導役として人気の店「二○加屋(にわかや)長介 薬院本店」を取材しました。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

飲んで、つまんで、うどんでシメる! 福岡の人気うどん居酒屋を体験レポ

二○加屋長介 薬院本店。夜は提灯の光もありほろ酔いしてもいいような雰囲気に

福岡でここ7〜8年、増え続けている業態「うどん居酒屋」。文字通り「うどん」が食べられる居酒屋で、うどんを注文して、麺を茹(ゆ)でている間に、ツマミをアテにお酒を飲み、最後にできあがったうどんをさっと食べて帰るというのが、うどん居酒屋が登場した時の認識。

近年では、うどん以外の単品メニューも充実したお店が増えて、東京など福岡以外にもうどん居酒屋が増加中。そんな福岡のうどん居酒屋ブームに火をつけたであろう「二○加屋(にわかや)長介 薬院本店」に行ってきます!

電車で行くなら、西鉄薬院駅から徒歩6〜7分
薬院駅から薬院新川沿いの道を歩き、露切橋交差点信号の次の道を右折すると左手路地に店舗がある

福岡市の中心・天神の「西鉄福岡駅」から次の駅となる「西鉄薬院駅」。福岡のOLに絶大な人気を誇る人気の町・薬院に店があります。薬院駅からだと徒歩。天神からはタクシーですぐの場所です。

細い路地にある

それでは店内に入りましょう!

店内に入るとまず驚くのが大量のメニューの木札。日替わり、季節のメニューを入れると、約80種類あるそうです。今回は福岡の本店だからこそ食べられる厳選メニューを注文します。

店に入ると、壁に広がる大量のメニューの木札。毎日、札の入れ替えがあり、更新される
カウンター6席、テーブル14席の店内
オーナーの長介こと玉置さん

「二○加屋長介」店主でオーナーの玉置さん。2010年9月1日に薬院本店をオープン。福岡の誰もが知る高級魚介居酒屋「田中田」で修行、田中田系列の「わっぱ定食堂」を経て、世界一周旅行の後に店を立ち上げた。

二○加屋長介こと、名物オーナーの玉置さん
二○加屋長介こと、名物オーナーの玉置さん
「もともとはうどんのない居酒屋をやるつもりで、ただ『路地裏で居酒屋』というだけでは弱いなあと。うどんも出すことにしました」

まずはツマミから注文しよう!

18時くらいから来客が増えて慌ただしくなる店内の様子
何を食べたらいいのか悩みます

木札には金額はないが、だいたい500円台〜1300円台位の料金設定。店員さんに聞けばやさしく教えてくれる。食べて、飲んで、だいたい1人3000〜4000円の会計の人が多いそうだ。

それではかんぱ〜い!
厚切り雲仙ハムカツ(2ケ) 648円
一番人気のメニュー

厚切り雲仙ハムカツは長介の一番人気のメニュー。素材の良さがいいお酒に合います

薬院本店だからこそ食べられるイチオシメニューを紹介!

博多といえば「ゴマサバ」!そしてびっくりしたのが「濃厚チーズのポテサラ」。これはスモークチーズが入ったポテトサラダを型で円柱型にして、上からチーズの天かす、さらにチーズのグラナパダーノ、ブラックペッパーを散らせた手の込んだもの。

博多名物!! ゴマサバ 1404円
濃厚チーズのポテサラ 594円
ツマミメニューとは思えないクオリティー
特製アンガス牛 サガリ串 1404円
地鶏のたたき 810円

「豆腐の煮付け」は、魚の煮付けのタレで豆腐を煮た料理。タレは継ぎ足しながら作っている深みのあるタレだ。箸休めにさっぱりとした「柚子大根」もオススメ。

豆腐の煮付け 594円
柚子大根 486円

ツマミと一緒に地元・九州の日本酒や焼酎を楽しもう

お酒は、店内にワインセラーがあり、ワイン、焼酎、日本酒、クラフトビールなどが楽しめるが、やはり、ご当地の日本酒が気になります。日本酒は地酒の4種類、定番の3種類、獺祭スパーリングがあり。

右から「田中六五(福岡)」、「若波(福岡)」、「七田(佐賀)」、「東鶴(佐賀)」全て、一合810円
さらに全国の人気日本酒も日替わりである
日本酒(一合)を注文すると、店員さんがテーブルの上で注いでくれます
つまみとお酒で会話もはずみます

最後にシメでうどんを注文しよう

うどんは早めに注文しておこう

最後にうどんを注文。うどんは茹(ゆ)でるのに時間がかかるため、早めに注文しておこう。うどんは博多ならではの「ゴボ天」や肉うどんなど、20種類以上から選ぶことができる。

今回は、博多名物の水炊き鍋のスープを彷彿(ほうふつ)させる「鶏スープあつかけ」に、もつ鍋でおなじみのもつを使った「もつしょうゆかけ」、さっぱりした冷たい「すだちかけうどん」を注文。どれも長介の人気メニューだ。

鶏スープあつかけ 1026円
もつしょうゆかけ(あつ) 972円
お酒の後のシメにうどんは合います
すだちかけうどん 810円(5〜11月は648円、12月〜4月は810円)

おなかの空き具合で、うどんの麺の量は「小盛り(マイナス50円)」、「ハーフ(マイナス100円)」、「大盛り1.5玉(プラス200円)」、「大盛り2玉(プラス300円)」と調整できる。

また、プラス300円で全てのうどんに「しょうゆうどん小」を付けられるので食べ比べも楽しむことができる。

二○加屋長介こと、名物オーナーの玉置さん
二○加屋長介こと、名物オーナーの玉置さん
「ウチはうどん居酒屋ですが、うどんだけ食べにきて頂いても、お酒だけ飲んで頂いても、ツマミだけでも使い方はお客さまの自由です。気軽にお越しください」

おいしいツマミメニューを少しでも安く抑えて、料理は「映え」ではない中身が平均点以上を心がけているという玉置さん。「開店から半年はきつかった」と語るも現在は地元の人に愛される人気店に。

「二○加屋長介」以外にも、魅力的なうどん居酒屋が点在する福岡の街。あなたも福岡に来た時は「うどん居酒屋」体験をしてみてはいかがだろう。

最後はお見送りしてくれまして、ごちそうさまでした

※上記で紹介したメニューの料金は全て税込みです。長介ではお客様の人数や要望によりメニュー一品あたりのボリュームを調整することがありますので、料金も上下に変動することがあります。

Yahoo!ロコ二○加屋 長介
住所
福岡県福岡市中央区薬院3-7-1

地図を見る

アクセス
薬院駅[2]から徒歩約5分
薬院駅[中央口]から徒歩約6分
薬院大通駅[2]から徒歩約6分
電話
092-526-6500
営業時間
16:00~翌1:00(LO24:00)、日曜・月曜16:00~翌3:00(LO2:00)
定休日
なし
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ:東京にも2店舗展開する「二○加屋長介」ですが、今回紹介したツマミメニューは雲仙ハムカツ以外は、福岡の店でしか食べられないもの。ぜひ、福岡に来た時は味わってください!博多駅横のJRJPビルにも支店がありますよ。

取材・文=シーアール、撮影=宮田雅臣(ミヤタオフィス)

他エリアの記事をチェック!

\あわせて読みたい!/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES