「朝食専門店」というスタイルで食の本質に迫る。

2019/02/09

「朝食専門店」というスタイルで食の本質に迫る。

「朝食」の意義を見直して、丁寧な暮らしとそこに息づいていた心を取り戻したい、そんな想いのもとにオープンした『朝食喜心』。現在、京都と鎌倉に店を構え、こだわりの食材で作られた朝食をゆっくりと時間をかけ、コースのように味わえる貴重な体験の全貌に迫ります。

ONESTORY

ONESTORY

一日の始まりの食。そこに秘められた喜びをかみしめて。

一日の始まり。季節の食材をたっぷり入れた汁物を作り、炊き立てのご飯をよそい、丁寧にお茶を淹れてから頂く――かつてはどの家庭でも見られたそんな日本の朝食は、せわしない現代では徐々に失われつつあります。

今一度「朝食」の意義を見直して、丁寧な暮らしとそこに息づいていた心を取り戻したい――そんな想いのもとにオープンしたのが『朝食喜心』です。

その名が意味するのは、「喜ぶ心を持って食事に向き合えるのは素晴らしい」という禅の教え。
食べることは生きることであり、一日三度の食事は生きていく上で欠かせません。食べることも作ることも、生きている限り続けていかなければなりません。それは楽しいばかりではなく、時に修業のように苦しかったり、面倒な一面もあります。

だからこそ、喜びの心を持って食事に向き合い、時に忘れがちな有難さや喜びを、喜心に訪れたお客様にも、作る料理人にも、供するスタッフにも持ち続けてほしい――「喜心=喜ぶ心を持って食事に向き合えるのは素晴らしい」という想いを感じて、それを各人の家庭にまで持ち帰ってもらえる食事を味わって頂きたい。それが『朝食喜心』の願いだそうです。

そんな『朝食喜心』で待っているのは、いったいどんな体験なのでしょうか?
一日の始まりであり、基本でもある朝食に秘められたパワーに、思わぬ驚きと喜びを感じられるかもしれません。

喜心とは、「食事を作ることも食べることも、その全てが修行であり、生きることそのもの。喜ぶべき尊い行いである」という禅の教えからきている言葉
良い朝を過ごせれば一日が豊かになる。食の満足感だけでなく、温かな想いまで持ち帰って

「朝食」にとことんこだわった「朝食専門店」の意義。 

『朝食喜心』を立ち上げたのは、鎌倉生まれの双子の姉妹・池田めぐみ氏、さゆり氏とその友人の奥谷舞子氏が創業者のViajes株式会社です。第一号店は京都・祇園の一角に構えられたホテルの一階。「京都にふさわしい食の場をプロデュースして欲しい」という依頼によるものでした。

昨今の京都は、インバウンド需要の激増によって多数のホテルや旅館が林立しています。ですが、それに反して朝食がとれる場所は希少でした。「落ち着いたしつらえの中で、京都らしい美味しい朝食が食べたい!」というインバウンドのニーズが宙に浮いている状態だったのです。

そこで「日本と京都らしい朝食が食べられる、素敵な一日を始めるきっかけとなる場所」を提案。こうして『朝食喜心 kyoto』がオープンしたのです。

「朝食専門店」という斬新なスタイルの中に、食の基本と理念が息づく
シンプルでいて、和食文化の本質に迫る食事

食の基本は朝食にあり。「一飯一汁」で本質をきわめる。

『朝食喜心 kyoto』の食事を監修したのは、京都の名店『草喰なかひがし』に生まれ、「一飯一汁(いっぱんいちじゅう/One Rice One Soup)」という日本の食の真髄を提唱するプロジェクトを主催している中東篤志(なかひがし あつし)氏です。シンプルでいて、食の本質を感じられるメニューを提供しています。

その基本となるのは、土鍋で丁寧に炊き上げたご飯と、京野菜をふんだんに使った汁物。さらに京都・南御所の老舗の湯葉工房『半升(はんしょう)』の汲み上げ湯葉を、四季折々のアレンジで向付(むこうづけ)として添え、他にもウルメイワシの丸干しや漬物などを加えて、まさに古き良き、丁寧な「朝ご飯」に仕上げています。

加えて、鎌倉の名店『うつわ祥見』とセレクトした作家ものの器を用いるなど、あらゆるシーンに本物とストーリーを配置。「その土地の食文化を心を込めてお届けし、体験して頂くこと」をモットーとしています。

お米そのものの味が最も引き出されるのが「煮えばな」。そこからお焦げに変化するまで、ご飯の全ての状態と味を堪能できる
ひとつひとつ、土鍋で丁寧に炊き上げるのが信条

一日の要となる朝食を最高のクオリティとシチュエーションで。 

『朝食喜心』が大切にするのは、素材そのものの味を堪能してもらえる調理とメニューです。そして、それをゆったりと楽しめる「時間」も大切な要素です。

手を加えすぎず、味を殺さず、特にメインディッシュとなるお米は、炊き上がった瞬間からお焦げができるまでの、すべての状態と味を楽しんでもらいます。滋賀県の窯元・一志郎窯に特注した土鍋は、『朝食喜心』が求める最上のご飯を炊き上げられる逸品。これをそのまま客席にすえ、蒸らす前の「煮えばな」の状態から供します。

徐々にふっくら、次にしっかり、最後に香ばしいお焦げへと変化していくご飯の艶姿。真っ白なお米ただ一品が、まるでフルコースのような満足感を与えてくれます。わざわざここに足を運び、ここで味わう価値のある一品です。

ご飯はゲストの来店時間に合わせて炊き上げ、蒸らす前の「煮えばな」から供する。とにかく手間と時間をかけている
朝食は予約をするのがおすすめ。ゲストを待たせず、メインディッシュのご飯も最高のコンディションで提供できる

古き良き「日本の朝食」は、忘れ去られていたゆとりを取り戻してくれる。

そんな『朝食喜心』を訪れた人々は、「久しぶりにゆっくりと丁寧な食事をした!」「今日はいい一日が過ごせそう」などなど、とても満足した言葉と共に帰路につくそうです。それは単に、ゆったりとした時間と心尽くしの料理を味わえた満足感だけでなく、ふとした会話のおもてなしや、『朝食喜心』そのものに流れる温かな空気をも堪能した結果なのでしょう。

約1時間半もの時間をかけて、コース仕立てのような朝食を味わう。そんなせわしない現代ではまず体験できないシチュエーションに、様々な気付きや驚きがもたらされるのです。

例えば、日ごろは朝食を食べない人が訪れて、その後3日間にわたって通いつめた、なんてエピソードも。「今までの人生でこんなにゆったり朝食を食べたことも、じっくり味わったこともなかった」「もともとはゆっくりご飯を食べる方だったが、子供の頃に『速く食べて』と急かされたり、大人になって忙しくなり、そんな感覚を忘れていた」などという声も寄せられています。「改めて時間をかけて朝食を食べてみると、自分はじっくり味わいたい人間だったのだと気付かされた」という感想もあり、多くの人々のライフスタイルにまで変化をもたらしています。

そんなゲストたちの声に手ごたえを感じながら、『朝食喜心』のスタッフたちはお店の意義をも実感。そして、今日も豊かな食と時間を提供し続けています。

一日の始まりであり、要となる朝食は何よりも大事。それに改めて気付かせてくれる場
親切なスタッフとの会話も、ゆとりと満足感を与えてくれる。京都や鎌倉の観光情報もお任せ!
丁寧な食と豊かな時間が国内外のゲストに好評。京都祇園店のインバウンド率は約2割に迫る
2号店の鎌倉佐助店は朝食の他、週末の夜限定のバルタイムも楽しめる

2号店を鎌倉にオープン。『朝食喜心』が追求する食は新たな境地へ。

まずは京都祇園店から始まった『朝食喜心』ですが、2018年の4月には、池田姉妹の故郷である鎌倉に『朝食喜心 kamakura』と名づけられた2号店をオープンしました。こちらは鎌倉の地物野菜や海に面した立地ならではの海鮮を取り入れ、週末にはバルタイムを設けるなど、京都祇園店とはまた違った魅力があります。

特に注目したいのは、週末の夜限定で営業する『喜心バル』。朝食よりも自由度を増したスタイルで、アラカルトな食と出合いが待ち受けています。

地元の人々や同じ旅人たちとの交流は、バルスタイルならではの楽しみ。「料理人が出したい、食べて頂きたい料理を様々な趣向でお出ししています。鎌倉をサンセバスチャンのような料理好きや料理人が集まり情報交換や交流ができる街にしたいのです」と池田さゆり氏が語るように、季節と仕入れた食材によって変化するメニューは一期一会の驚きを与えてくれます。

舞台となる建物は、築40年のうなぎ屋をリノベーションしたもの。日本家屋がそのままレストランになったかのような調度品や、その由来、山々の緑に囲まれた佇まいなど、全体の雰囲気も含めて満喫したいものです。

京都と鎌倉、それぞれの地に根付いて、食の喜びを再発見させてくれる場所。『朝食喜心』に漂う時間と空気に、あなたも触れてみてはいかがでしょうか?

鎌倉佐助店は立地を生かした獲れたての海の幸が自慢。海鮮の和風トマト汁など、鎌倉らしいメニューにも注目
鎌倉佐助店の佇まい。中心地の喧騒から少し離れた場所にあり、やはりゆったりとした空気と時間が流れる
朝食を知り、食の基本を知る。温故知新が待つ
Yahoo!ロコ朝食喜心 kamakura
住所
鎌倉市佐助1-12-9

地図を見る

アクセス
鎌倉駅[西口]から徒歩約9分
和田塚駅[出口]から徒歩約12分
由比ケ浜駅[出口]から徒歩約13分
電話
0467-37-8235
営業時間
8:00~18:00(L.O.17:30)/朝食8:00~15:30(14:00LO)/ティータイムは要確認 、金土日はバータイムあり18:00~22:30(22:00LO)
定休日
木曜
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

この記事を書いたライター情報

ONESTORY

ONESTORY

「ONESTORY」は「ONE SPOT,ONE TRIP」をテーマに日本に潜むONE=1ヵ所を求めて旅するトラベルメディアです。そのONEは地域で活躍する人との出会いや宿、レストランのような場所など様々。ONEを深く知ることによって生まれるSTORY=物語の感動をお伝えします。

ONESTORY が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES