冬のスペシャリテは「毛ガニ甲羅揚げ」。絶品天ぷらを郡山で戴く

2019/02/11

冬のスペシャリテは「毛ガニ甲羅揚げ」。絶品天ぷらを郡山で戴く

一代目である父がこだわったのは、食材はもちろん「旬を届ける」という思い。その意思を継いだ郡山市『天ぷら佐久間』の二代目・佐久間 明さん。東京湯島の老舗天ぷら料理店「天庄」で約10年の修行を積んだ。郡山へ戻って14年。父に認められた今、一人で揚げ場に立つ日も多い。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

冬のスペシャリテは「毛ガニ甲羅揚げ」。絶品天ぷらを郡山で戴く

佐久間 明さん。東京「天ぷら天庄 広小路店」で約10年の修業を積む。2005年に郡山へ戻り、『天ぷら佐久間』に入社。父・正敏さんから、技や素材へのこだわりを受け継ぎながら、2代目として店を切り盛りする

創業46年の郡山を代表する名店『天ぷら佐久間』。ここでしか味わえない旬の美味を求めて、福島県内外から客が訪れる。

「『天ぷらは、ネタと油で8割が決まる。残りの2割は技術。それを習得するのに10年はかかる』というのが父の口癖ですが、その言葉の重みを実感しています」と穏かに話すのは、2代目の佐久間 明さん。

職人としての父・正敏さんに憧れて同じ道を目指すようになり、父の紹介で東京湯島の老舗「天庄」で約10年間の修業を積んだ。

郡山へ戻って14年。「父のこだわりは学ぶべきことがたくさんありました。食材の選び方や揚げ方、お客様のもてなしや感謝を伝える姿勢など。この地で愛されてきた味を守ることの大切さもわかりました」。

父に認められた今、一人で揚げ場に立つ日も多い。

ゆったりしたテーブル席も家族連れに人気だが、カウンター席から席が埋まっていく。目の前で繰り広げられる技と音、香りに心が踊る

天ぷらを通して、旬の味と季節感を楽しんでほしい

揚げ油には最高ランクの太白ごま油のみを使用。食材の持ち味を生かすように、衣や温度を調整して丁寧に揚げる

父の思いを引き継ぎ、食材にはとことんこだわる。全国から厳選した旬の魚介や野菜を取り寄せ、揚げ油も太白ごま油を100%使用するという贅沢さ。油はこまめに交換して美しさを保ち、食材本来の香りやうまみを引き立てるようじっくり揚げるのが信条だ。

「天ぷらはシンプルだからこそ奥が深い。天ぷらを通して旬を感じていただけるように、食材の滋味を実感するような味を追究していきたい」と決意を新たに名店の暖簾を守る。

店自慢のスペシャリテは……

毛ガニ甲羅揚げ(花コース、天ぷら10品の中の一品。単品1,620円)

冬の味覚、北海道産の毛ガニを堪能する甲羅揚げ。甲羅の中には、甘みのあるカニのほぐした身とカニ味噌がたっぷり。「花コース」(8,424円)で味わえるメニュー。3日前まで要予約。

ウニ磯辺揚げ(月コース、天ぷら12品の中の一品。単品864円)

有明産の海苔に新鮮なエゾバフンウニをのせて軽い衣で揚げた逸品。人気の「月コース」(5,400円)は、「ウニの磯辺揚げ」がお目当てというお客も多い。「低温でゆっくり揚げて、ウニの甘みとうまみを引き出します」と明さん。

Yahoo!ロコ天ぷら 佐久間
住所
福島県郡山市富田東一丁目379

地図を見る

アクセス
郡山富田駅[出口]から徒歩約9分
郡山(福島県)駅[出口]から徒歩約43分
郡山(福島県)駅[東口]から徒歩約48分
電話
024-933-7804
営業時間
11:00~LO14:00 17:00~21:00(LO20:30)
定休日
毎週月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

奇数月10日発売

「福島再発見」にこだわり、地域の魅力を発信。福島の四季やおでかけ情報を中心とした、大人の地元情報誌。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

毎月25日発売

福島県北エリアのタウン情報誌。創刊(1985年)から、地域に密着したメディアとして親しまれている。 ※主なコンテンツ…グルメ・イベント・おでかけ・宴会・子育て・映画・地元の人紹介

ふくしま日帰り温泉

ふくしま日帰り温泉

福島県内・近県の日帰り入浴ができる施設を紹介している『ふくしま日帰り温泉』。お得な読者クーポン券も!

この記事を書いたライター情報

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『シティ情報ふくしま』は、福島に精通した編集者選りすぐりの情報を、雑誌・Web・SNSでお届けしています。Webでは、グルメ、おでかけ、イベント、その他福島での生活を彩る情報を毎日配信中!

シティ情報ふくしま が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES