冬季限定!オリーブ車海老のぷりぷりエビフライランチ

2019/02/10

冬季限定!オリーブ車海老のぷりぷりエビフライランチ

フォトスポットとして話題の父母ヶ浜の近くに、工場の事務所を改装したレトロなカフェがオープン! 直営養殖場でとれた冬季限定のオリーブ車海老を使ったランチを紹介します。

ガーカガワ

ガーカガワ

父母ヶ浜の近くにレトロでおしゃれなカフェがオープン!

フォトスポットとして話題の父母ヶ浜

香川県三豊市の父母ヶ浜(ちちぶがはま)と言えば、某有名旅行サイトで「行ってみたい夕日絶景ランキング」で1位に輝くなど、インスタ映えすると話題のフォトスポット。
その父母ヶ浜から北へ約1.6kmの県道沿いに、昨年10月、古い工場事務所をリノベーションしたレトロでおしゃれなカフェにがり衞門さんがオープンしました。

オープン当初はカフェメニューのみだったのですが、ここ最近ランチも充実してきたと聞き、満を持しての訪問です。

にがり衞門外観

にがり衞門さんの経営母体である仁尾産商さんは、古くはこの地で盛んだった塩田の会社が由来。現在では、「にがり」の生産や車海老の養殖などを手掛ける地元の企業です。
そのアンテナショップの役割も果たすにがり衞門さんでは、お店のすぐ先にある直営養殖場でとれた新鮮な車海老を提供されています。

お店の入り口から目に飛び込むレトロな外観は、つい足を止めて見入ってしまうほど。

まるで昭和の映画に出てきそうなレトロな建物

店内に入ると、これがまた期待を裏切らないハイカラな雰囲気です。

広々とした店内
昭和ロマンを感じさせる凝った内装

広い店内には、ほど良い間隔でテーブルと椅子が配置され、ゆったり寛げる空間になっているのもポイント!
都会だと、ついテーブル類を詰め込みすぎて「おしゃれだけど落ち着かない」という残念なカフェになりがちですものね。こういうおおらかさは大歓迎です。

新鮮オリーブ車海老のおいしさはタダモノじゃない!

にがり衞門さんのイチオシと言えば、飼料に小豆島産オリーブの粉末を配合して育てたオリーブ車海老。(冬季限定、他の季節は通常の車海老となります。)

車海老の直売コーナーもあり

聞けばオリーブの粉末を配合する事で、グルタミン酸やアラニン酸などのうまみ成分が増加。それにより、甘さ、旨さ、すっきり感が増すのが特徴なのだそう。

これは期待値が上がりますね~!

という事で、2月1日からスタートしたオリーブ車海老を使ったエビフライランチをいただく事に。

エビフライランチ(1,200円・税別)

もう、否が応でも目に飛び込んでくるこのオリーブ車海老の迫力!

まるごとフライにされている迫力の車海老!

直営養殖場から運ばれた新鮮なオリーブ車海老を、揚げたてでいただくこの贅沢。
その食感は、ほくほくでぷるぷる! なるほど、確かに少し濃厚な旨みを感じるおいしさです。
最後のひと口がこんなに惜しまれ、愛おしく感じるエビフライも珍しいと思います。
産地ならではの新鮮な美味しさに、わざわざこれだけのためにお店にまた来たいと感じさせるものでした。

ランチメニューの他に、ドリンクやスイーツ類のカフェメニューもあり。
併設されたアンテナショップでは、車海老のほか、「にがり」やパスタなどに使える各種「フレーバーオイル」などの商品も販売されていますので、おみやげに立ち寄るのもいいですね。

併設のアンテナショップ

話題になり始めた頃は何もなかった父母ヶ浜エリアも、ひとつふたつとおしゃれなカフェなどがオープンし始めました。
今後ますます人気になるであろうこのエリアは要チェックですよ~!

ガーカガワ

ガーカガワ

香川県のあれこれをクスッ笑いでお届けする地域情報webマガジン。ランチ情報も満載です!

この記事を書いたライター情報

ガーカガワ

ガーカガワ

香川県の「ヒト」「モノ」「コト」を中心に、クスッ笑いを交えながら紹介する地域情報webマガジンです。

ガーカガワ が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES