「有田焼と食材」を追いかける器旅_其の11

2019/02/10

「有田焼と食材」を追いかける器旅_其の11

日本でも有数の知名度を誇る磁器の一つ有田焼。透明感のある肌と、多彩な文様、美しい紺色の世界が広がる染付など、今も日本人の心をとらえて離しません。今回はそんな磁器の町「有田」を中心に、器と食の魅力を追いかける旅をしてきました。11軒目は龍門峡沿いにあるくつろぎのカフェです。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

くつろぎのカフェでひと休み

店舗外観

有田の水源を支える竜門ダムの支流となっている龍門峡沿いの「龍泉荘」という川魚料理を専門にした料亭の奥に、「木もれ陽」という、くつろぎのカフェがある。

料亭の別棟に併設されたカフェながら、ラテアートのチャンピオンが在籍しているという本格派のこだわりが感じられるお店だ。

ラテアート

店主は「UCCバリスタ九州大会2015」で優勝したラテアートのスペシャリスト。きめ細かなフォームミルクで表現される美しいラテアートは必見。コーヒーには、日本名水百選にも選ばれた竜門峡の湧き水を使用し、その口当たりの良いおいしい水に合わせてコーヒーを生豆からブレンド、自家焙煎をしている。

8時間かけて落とす水出しコーヒーもオススメ。テラスから見下ろす竜門峡の湧き水を使い、コクとナッツのような香ばしいコーヒーはスッと体に入ってくる。

はがくれ盛り合わせ

木もれ陽バーガーは佐賀牛のステーキ用肉を使用したパティをサンドした贅沢なバーガー。佐賀牛100%で、柔らかくジューシーな肉の旨味がたっぷり楽しめる。

バンズはバーガーに合わせて作られており、あっさりとして肉の食感や味わいを邪魔しない味。 もちろんお皿もさりげなく有田焼が使われている。

天然酵母を使用し時間をかけて作られたパン

バンズのみならず、パンも人気で週末には遠方から噂を聞きつけて買いに来る人もいるほど。天然酵母を使用し時間をかけて作られたパンは、ふんわりと酵母が香り味わい深く、シンプルなパンだけでなく、菓子パンや惣菜パンでもおいしくいただける。

Yahoo!ロコ龍泉荘 奥の院 木もれ陽
住所
佐賀県西松浦郡有田町広瀬山甲2373-4

地図を見る

アクセス
大木駅[出口]から徒歩約36分
西有田駅[出口]から徒歩約38分
蔵宿駅[出口1]から徒歩約40分
電話
0955-41-2525
営業時間
月~日 10:30~19:00
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本全国のこだわりの食情報をお届けするWEBマガジン

“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れ発信している。

この記事を書いたライター情報

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れている。

おいしんぐ! が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES