本格チーズ料理が楽しめるカジュアルなワインバー/神楽坂

本格チーズ料理が楽しめるカジュアルなワインバー/神楽坂

2019/02/12

ちょっと高級なイメージのある神楽坂。そんな大人の街に、お料理がおいしくてコスパがいい、思わず通いたくなるような隠れ家風のお店があります。「神楽坂ワヰン酒場」は、世界各地のワインが豊富に揃い、サラミ、ハムなどの肉のおつまみや、ラクレットなどのチーズ料理が充実しています。

ことりっぷ

ことりっぷ

神楽坂の中心地にあるレトロモダンな建物

 

JR飯田橋駅西口を出て、早稲田通りの坂を上ること約6分。朱塗りの門が目立つ毘沙門天善國寺の向かいに、「神楽坂ワヰン酒場」があります。レンガとコンクリートでできたレトロモダンな建物には、複数の飲食店が入っているので一瞬戸惑いますが、その1階と地下が「神楽坂ワヰン酒場」です。

こぢんまりしてくつろげる店内

店の奥の階段から行ける地下のフロアもスタイリッシュでおすすめ

中へ足を踏み入れると、ユニークかつおしゃれな空間が。お店のスタッフさんたちが書いたという天井や壁の文字やイラストが目を引き、棚にはたくさんのワインが並びます。

このお店は、ワインの品ぞろえが非常に豊富。ポピュラーなものからレアものまで、世界各地のワインを赤白各30種類ほど用意し、グラス500円から楽しむことができるのです。

お店自慢のメニューいろいろ

「神楽坂ワヰン酒場」で味わえるのは、イタリアやスペインを中心とするヨーロッパ料理。自家製ソーセージやパテ・ド・カンパーニュなど、シャルキュトリー(食肉加工品の前菜)の種類が豊富で、チーズや野菜料理も魅力です。そのほかに、生ガキやカルパッチョなどの魚介があるのもうれしいところ。
どれもうまみたっぷり、ワインによく合う味付けが特徴です。

「名物!ラクレットチーズ」(1800円)

「名物!ラクレットチーズ」は、野菜やパン、ソーセージなど、たっぷりの具にチーズをとろりとかけたメニュー。本場スイスから取り寄せたラクレットチーズには、ほどよいコクがあり具材の風味を引き立てます。

チーズをかけてくれたエクアドル人スタッフのヒューゴさん

専用の道具であぶった大きなチーズの、溶けた部分をナイフで削いでかけてくれるパフォーマンスも楽しい一皿です。

「アンガス牛ハラミのタリアータ」(150g/1250円)。倍の300gも注文可能(2200円)

タリアータとは、牛肉を焼いたシンプルなイタリア料理のこと。店の一番人気というこのメニューも、肉の表面をこんがり焼いてからオーブンでローストしています。やわらかくジューシーな肉は、甘酸っぱい赤ワインソースとの相性抜群。ぴりっとした粒マスタードをつければさらにおいしくなりますし、たっぷりのったルッコラもさわやかです。

「デザートプレート」(1500円)。写真の中央に見える白いスイーツがカッサータ

メニューに「デザートプレート」の掲載はありませんが、お願いすると作ってもらえます。食用花やミント、ベリー類のほか、4種類のアイスとガトーショコラ、カッサータ(イタリアのアイスケーキ)がのった盛りだくさんのスイーツプレートです。ガトーショコラもカッサータも、手作りの濃厚な味わいが楽しめます。文字を入れてもらうこともできるので、パーティなどで大活躍しそう。

「自家製サングリア」(600円)

そして忘れずに味わいたいのが、フルーティーな自家製サングリア。フルーツのほか、リキュールやハチミツ、シナモンなどを3日間ワインに漬け込んで作っているそうです。赤と白の2種類あるので、気分によって選べるところがうれしいですね。

神楽坂の中心部という恵まれたロケーションにありながら、手ごろでおいしいワインと料理を提供し続ける「神楽坂ワヰン酒場」。飲み放題付きのパーティコース(4500円~)もあり、「シャルキュトリー盛合わせ」や「ラクレットチーズ」などの店の名物料理が味わえ、女子会にもおすすめです。

カジュアルに楽しめる貴重なお店、「神楽坂ワヰン酒場」。お気に入りをもう1軒増やしてみてはいかが?

ことりっぷWEB

ことりっぷWEB

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジン。週末のおでかけをもっと身近に。ガイドブックに掲載していない最新情報はコチラから。

この記事を書いたライター情報

ことりっぷ

ことりっぷ

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジンです。「“いつか行きたい”を日々の暮らしから」をコンセプトにことりっぷ目線の旅情報をデイリーで発信しています。

ことりっぷ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

特集

連載