貴重な原画がたくさん!「クマのプーさん展」

2019/02/17

貴重な原画がたくさん!「クマのプーさん展」

原作の挿絵を手がけたシェパードが鉛筆で描いたプーさんの原画を、世界最大規模で所蔵するイギリスのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)で開催された、「クマのプーさん展」が、2月9日から東京で、4月27日からは大阪でも開催されます。

Disney DAILY

Disney DAILY

挿絵を描いたE.H.シェパードよる原画や資料など200点以上を一挙公開!

©︎E.H.Shepard colouring 1970 and 1973 ©︎Emest H.Shepard and Egmont UK Limited

↑画像
「枝には、ハチミツのつぼが10ならんでいて、そのまんなかに、プーが…」、『クマのプーさん』第9章、E.H.シェパード、ラインブロックプリント・手彩色、1970年英国エグモント社所蔵 ©︎E.H.Shepard colouring 1970 and 1973 ©︎Emest H.Shepard and Egmont UK Limited

1973年、「クマのプーさん」の作者のひとりであるE.H.シェパードが、270点以上にもおよぶ原画や資料をV&Aに寄贈しました。この貴重なコレクションを中心にして企画された初めての「クマのプーさん展」が、ついに日本でも開催されます。(2月9日から東京、4月27日から大阪にて開催)

クマのプーさんは、作者のアラン・アレクサンダー・ミルン(A.A.ミルン)と挿絵画家のアーネスト・ハワード・シェパード(E.H.シェパード)によって生まれた、世界中で愛され続けている物語です。

クリストファー・ロビンは実在する少年だった

A.A.ミルン、クリストファー・ロビン・ミルンおよびプー・ベア、ハワード・コスター撮影、1926年©️ National Portrait Gallery, London

クマのプーさんは、A.A.ミルンの息子クリストファー・ロビン・ミルンとそのぬいぐるみがモデルになって作られた物語なのです。
父親であるA.A.ミルンは、息子のクリストファーがお気に入りの大きなクマのぬいぐるみと子供部屋で遊んでいる様子を見ながら、彼らの冒険を記録していきました。子ども部屋には、ほかにもプーの仲間がいて、最初がイーヨー、それからコブタ、カンガとルー、トラーが加わっていきました。

そしてミルン一家が週末を過ごす家の近くにあるアッシュダウンの森が、クリストファーたちの探検の舞台になります。挿絵画家のシェパードもアッシュダウンの森を訪れて、スケッチしました。

物語の舞台「百町森」の地図も登場

© The Shepard Trust. Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London

↑画像
百町森の地図、『クマのプーさん』見返し用のスケッチ、E.H.シェパード、鉛筆画、 1926年、 V&A所蔵
© The Shepard Trust. Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London

プーさんと仲間たちが住んでいる「百町森」は、ロンドンの南部にあるアッシュダウンの森がモデルになっています。その原画も本展覧会では目にすることができます。この原画は、1966年に公開されたディズニー映画『プーさんとはちみつ』のオープンニングにも使用された貴重なものです。

原画で見直すことができる「クマのプーさん」

なんといっても本展示会の魅力は、私たちが知っているおなじみの「プー棒投げ」や、「風船を使ってはちみつを取ろうするプー」などの名場面を原画で鑑賞できるところです。ぬくもり溢れる鉛筆画による名シーンの数々を見れば、クマのプーさんの世界が満喫できることはもちろん、その魅力の奥深さに感じ入ることでしょう。

©︎ The Shepard Trust. Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London

↑画像
「おいでよ、トラー、やさしいよ」、『プー横丁にたった家』第4章、E.H.シェパード、鉛筆画、1928年、V&A所蔵
©︎ The Shepard Trust. Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London

「ああう!」と、トラーは、
わきをとんですぎる木を見ながら、どなりました。
「気をつけろ!」と
クリストファー・ロビンがみんなにさけびました。

--『プー横丁にたった家』第4章
「トラーは木にのぼらないということがわかるお話」より

英国V&A がつくった展覧会限定グッズなども登場

シェパードの原画を絵にした展覧会限定グッズ

展覧会には、計350点以上のプーさんグッズが集合。その約200点が展覧会場での限定販売となります。いずれもシェパードの原画を絵にしたものばかり。鉛筆画がグッズになるのは初めてなので見逃せません。そのほかプーさんのイラストをすべて載せたクリアファイルやバンダナにも注目!

Disney DAILY

Disney DAILY

ここでしか読めないディズニー情報が満載の公式デジタルマガジン

Disney DAILYは、国内外問わず最新のディズニ情報を毎日更新でお届けするウエブマガジンです。パークイベント、グッズ、最新ファッション、映画のこぼれ話など独自の視点の記事がお楽しみいただけます。

この記事を書いたライター情報

Disney DAILY

Disney DAILY

Disney DAILYは、国内外問わず最新のディズニ情報を毎日更新でお届けするウエブマガジンです。 パークイベント、グッズ、最新ファッション、映画のこぼれ話など独自の視点の記事がお楽しみいただけます。

Disney DAILY が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES