このソースはなんだ?「スペイン料理 Charo」

2019/02/14

このソースはなんだ?「スペイン料理 Charo」

島根県松江市にある「Charo(チャロ)」はスペイン料理のお店。山陰ではあまりないスペイン料理専門店。とは言っても肩肘張らずに居酒屋や食堂のように気軽に行くことができます。場所は松江駅から徒歩7分の松江市伊勢宮町にあります。

鳥取マガジン

鳥取マガジン

パエリアとソース

パエリア

島根県松江市にある「Charo(チャロ)」はスペイン料理のお店。山陰ではあまりないスペイン料理専門店。とは言っても肩肘張らずに居酒屋や食堂のように気軽に行くことができます。

やっぱりスペイン料理といえばパエリアです。この日食べたのは魚介のパエリア。鍋に入ったままで登場です。魚介類もゴロゴロ入っていてボリューム感あります。一口食べると、コメの固さ、味のしみ加減、おいしい。あーこの味です。

パエリアに付けて食べたソースがとてもおいしい。名前を伺うと、ニンニクの入ったアリオリソースとのこと。酢の入ってないマヨネーズのような感じです。この日本人の想像外のソースがまたうまい。このソースだけ持って帰って食べたい。

鍋にへばりついたご飯をすくって食べるのも、このパエリアの醍醐味ですね。

スペイン風ミックスサラダ

スペイン風ミックスサラダ

スペイン風ミックスサラダは季節の野菜にゆで玉子、ツナ、オリーブなど具沢山な贅沢なサラダです。オリーブが美味しい。

にんじんの下にロメスコソースが入っています。まぜて食べます。ナッツの入ったソースが香ばしい。

寒ブナのフライ

寒ブナのフライ

寒ブナのフライ。寒い季節のフナは臭みもなく、脂があってとても美味しいのだとか。付けて食べるソースにはフナの卵が入っています。クリーミーでまろやかです。衣サクサクのフライにぴったり。あっという間になくなっちゃいました。

先ほどのロメスコソースとこのアリオリソース。ソースが美味しいお店です。

他のメニューもおすすめ

メニュー

他のメニューは、塩ダラのオムレツ、松葉ガニの甲羅焼き、大山豚肩ロースのローストなどもあります。先日、貸切のお客さんからの要望で島根のご当地食材ノドグロを使ったパエリアを作ったそう。かなり好評だったようですよ。

お店のファンには松江の方はもちろん、鳥取県からもいらっしゃる方もいるのだとか。確かに美味しいスペイン料理が食べられるところはあまりないですからね。コースや歓送迎会などの他、日常使いもできるお店ですので、ふらっと遊びに行ってはいかがでしょう?

この記事を書いたライター情報

鳥取マガジン

鳥取マガジン

鳥取マガジンは鳥取県・島根県の情報を発信するWEBマガジンです。 「山陰を上機嫌に」をコンセプトに、山陰地方で暮らしている住民がリアルな取材を元にした記事作りをしています。山陰地方のおでかけスポット・グルメからお得情報まで紹介中。

鳥取マガジン が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES