ポットの中で花が咲く!芸術的な工芸茶で贅沢なティータイム!

2019/02/21

ポットの中で花が咲く!芸術的な工芸茶で贅沢なティータイム!

お湯を注ぐとポットのなかで茶葉がゆっくり開き、花がふわりと現れる「工芸茶」。まるで芸術品のようなこの茶葉は、お茶の本場・中国生まれ。熟練の技術を駆使してひとつひとつ丁寧に手作りされた茶葉は美しいだけでなく、とっても上品な味わい。そんな工芸茶を専門に扱うお店「クロイソス」をご紹介!

るるぶ&more.

るるぶ&more.

中国生まれの芸術的なお茶「工芸茶」とは?

 

華やかな銀座の通りに店を構える「クロイソス」では、上質な工芸茶を販売しています。お店の代表が自らセレクトした茶葉は、どれもとても繊細で美麗!

「工芸茶」とは1986年に中国で発案されたもの。手摘みの茶葉を1枚ずつ揉み、糸で束ねた中に花を入れています。これをガラスのポットに入れてお湯を注ぐと、ゆっくりと茶葉が開き、中からバラや菊、ジャスミンなどといった色鮮やかなお花が現れるのです。

茶葉は龍や麒麟、ハートやフラワーバスケットなどを象ったかわいいものばかり!お茶の味は紅茶と緑茶の2種類が楽しめます。いずれも上質な茶葉を使っているので、もちろん味と香りは最高級!渋みが少なく、上品な味わいです。

あまりの美しさにうっとり…イチオシの茶葉を3選ご紹介!

 

さて、そんな工芸茶を110種以上も取り揃えている「クロイソス」のイチオシ茶葉3種をご紹介! 写真は「財源茂盛(ざいげんもせい)ローズアンペリアル」(630円)。緑茶をベースに、菊とバラの花を使った一品です。

お湯を注ぐと、一度浮き上がり、徐々に沈みながら茶葉が開いていきます。すると、中から白菊が三輪重なって登場!まるで水中に花が咲いたかのようです。

 

続いてこちらが「福禄寿喜(ふくろくじゅき)エリタージュ」(520円)。緑茶の中に淡いピンクのカーネーションが包まれています。柔らかなグリーンとピンクのコントラストが美しく、静かに揺らめくその姿に思わず見入ってしまいます。

 

そして最後が、「紅紅8 ラヴィアンローズ」(830円)。ダージリン、ウバと共に三大銘茶に数えられる最高級のキーマン紅茶に、大バラと野菊、そしてカモミールを使用した贅沢な逸品です。まるでりんごのような甘くフレッシュな香りが、とっても華やか!

これらのほかにも、常に数十種類の茶葉を取り揃えています。店内では試飲をさせてもらえるので、迷ったらお店の方に相談してみてくださいね。

味覚と視覚で楽しむ工芸茶で、贅沢なひと時を

 

工芸茶は、差し湯をしながら1株で3煎までいただくことができます。透明なポットでその美しさを鑑賞しつつ、お友達や家族と一緒にティータイムを楽しみましょう!

お茶を飲み終わった後は水を張ったワイングラスなどに茶葉を移し替えると、およそ1週間は水中花として楽しむことができます。さらにその後は、乾燥させて消臭剤として使うことも可能です。無駄なく最後まで茶葉を使えますよ。

 

工芸茶のなかには、人工的に香りづけされてしまっているものもあります。しかし「クロイソス」で販売されているお茶は、すべて熟練の職人が作った特級品!どれも香りづけはされておらず、お茶本来の自然で優しい風味を堪能することができるのです。

まるで芸術作品のような工芸茶。味や香りはさることながら、美しいその見た目には心が癒されます。ぜひ、おやすみの日に時間をたっぷり使って上質な工芸茶の香りを楽しんでみてください。ゆっくりと開く茶葉の香りと、水中で揺らめく鮮やかな花に、きっと癒されるはず!

Text:中村佑衣(エフェクト)

●記載の内容は2018年6月時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

もう行った?何杯飲んでも飽きない新宿の本格中国茶専門店

もう行った?何杯飲んでも飽きない新宿の本格中国茶専門店

おでかけメディア『るるぶ&more.』

見た目も華やかな中国茶は、種類も豊富。独特な茶器や作法など、一度触れるとその魅力にハマる人も少なくありません。本格的な中国茶を楽しめる、初心者にもオススメの中国茶専門店「茶語」を覗いてみましょう。

台湾発。お茶の中を優雅に泳ぐ金魚ちゃんティーバッグが話題!

台湾発。お茶の中を優雅に泳ぐ金魚ちゃんティーバッグが話題!

おでかけメディア『るるぶ&more.』

ひらひらと黄金色の台湾茶のなかを泳ぐ、愛らしい金魚型のティーバッグ。台湾のクリエイティブブランド「チャームヴィラ」が手がけた商品ですが、こちらの直営店が実は京都にあるんです。

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES