吉本坂46・ダイノジ大地が熱く語り合い涙する五反田もつ焼き店

特集

吉本坂46「選抜メンバー」の泣かせメシ!

2019/02/28

吉本坂46・ダイノジ大地が熱く語り合い涙する五反田もつ焼き店

2018年にシングル「泣かせてくれよ」でデビューした吉本坂46メンバーが、ウルッ(⁉)ときた思い出の「泣かせメシ」をご紹介。デビュー曲で選抜メンバーを務めたダイノジ・大地の「泣かせメシ」は、お酒と好相性のもつ焼き。それを味わいつつ、大地は後輩芸人たちと夜な夜な語り合い、涙する。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

昭和33年に中目黒から始まった老舗の系譜を継ぐ「もつ焼き ばん 五反田店」

吉本坂46のデビュー曲「泣かせてくれよ」の選抜メンバーに選出された
大地洋輔(ダイノジ)

大地洋輔(ダイノジ)

お笑い芸人

ノスタルジックな雰囲気に涙腺がユルユル(!?)

店内は昭和を思わせるノスタルジックな雰囲気。席数は47で隣同士が近い。見ず知らずの人同士でも楽しんでもらいたいという思いから、4人がけのテーブル席にあえて2名ずつ案内することもあるという
壁には芸能人のサインがずらり。8割ほどが芸人だという。もちろん、大地のサインも飾られている

中目黒で1958年(昭和33年)のオープン以来、長年多くの人から愛されてきたもつ焼きの名店「もつ焼き ばん」。2004年(平成16年)、都市再開発により閉店したものの、その2年後には五反田店が誕生した。店内からは本店同様の昭和の雰囲気が漂い、日夜、美味くて安い酒ともつ焼きを求める多くの人で賑わっている。

大地洋輔(ダイノジ)
大地洋輔(ダイノジ)
「レモンサワーともつ焼きをいただきながら、売れない後輩の愚痴とかを聞きながら。最終的にほだされて僕も熱い話をして、みんなで涙する。そういうお店です」
ピースをしてくれた店長の池田さん。フランクな対応から、居心地のいい店であることがうかがえる
店長の池田さん
店長の池田さん
「大地さんは、いろんな芸人さんをお店に連れてきてくれます。一人で来られることもあったし、そういうときは常連さんと一緒に飲み食いされていますね。大地さんは本当に気さくな人で、常連さんとも仲良しなんですよ」
店の顔と言えるもつ焼きを作ってもらった
「もつ焼き」(各118円)と「レモンサワー」(453円)。串は左からノド、ガツ、レバー、シロ、なんやわ(はつ元)。「もつ焼き」と「レモンサワー」は飲みの最強タッグ
店長の池田さん
店長の池田さん
「もつ焼きの材料は、品川の食肉センターから直接買い付けています。新鮮なモツを安く仕入れているからお客さんに安く提供できる。焼き方など特にこだわりはないんです。新鮮な肉を使っているので、シンプルな調理でも美味しく召し上がっていただけると思います」

「レモンサワー」発祥の地とされているが、お店の人に聞いたところ厳密には、サワーという名前を初めて使ったのが中目黒の本店なのだとか。海外にはかねてより「サワー」と呼ばれるカクテルが存在していた。一方日本では戦後、安い焼酎と炭酸を使った飲み物が誕生。それが実に爽やかな飲み応えだったため、「サワー」という名前で提供されるようになったという。

「レモンサワー」は自分でレモンを絞って炭酸を注ぐスタイル。ちょっと手間なのが楽しい夜もある
大地洋輔(ダイノジ)
大地洋輔(ダイノジ)
「“ハラミ串”をぜひ食べてほしいです。噛めば噛むほど味がどんどん出てくる。噛み応えもあるし、味も濃厚でございますし、味付けも最高でございます。1人10本いけますから!」
大地が「ぜひ食べてほしい」と語る「ハラミ串」(1本118円)。池田さんによると、好きな人は1度の来店で8本でも10本でも食べるという
店に入ってすぐの場所には「本日のばんばんばん」と書かれた謎の黒板が
店長の池田さん
店長の池田さん
「黒板に書かれているのは日替わりメニューなんです。値段が3種類でメニューも基本的には3種類。グランドメニューはずっと変えていなくて、それでもわざわざうちを選んでくれている常連さんが飽きないようにしたくて。メニューは店長判断で決めています。うちは肉料理が多いので、日替わりメニューでは魚介や野菜などを多めに出すようにしていますね」
入り口にビールケースが置いてあるなど、雑多な店構えに趣を感じる
吉本坂46デビューシングル「泣かせてくれよ」

吉本坂46デビューシングル「泣かせてくれよ」

2018年12月26日発売

秋元康プロデュース!乃木坂46・欅坂46に続く、坂道シリーズ第3弾。吉本坂46のデビューシングル「泣かせてくれよ」が絶賛発売中!

取材メモ/とにかく席と席の距離が近い。お店の人によると、だからこそ、客同士がすぐに仲良くなり、常連さんが増えていくんだそうです。味も価格も抜群ですが、そういった雰囲気が人気の秘密なのではないでしょうか。

構成=シーアール、取材・文=井上良太(シーアール)、撮影=浅野誠司、動画編集=culture

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES