海遊館近くにプロ直伝の「たこ焼き教室」!観光客殺到のワケは

2019/02/19

海遊館近くにプロ直伝の「たこ焼き教室」!観光客殺到のワケは

海遊館やUSJなどの大型エンターテイメント施設が立ち並び、「大阪・関西万博」の開催も決定したことから、注目を浴びている大阪ベイエリア。海遊館すぐに位置する「たこ焼き教室 無限」も観光客からのラブコールが絶えないのだとか。その人気の秘密を探りにミーハーライターSが潜入してきました!

ラプレ

ラプレ

\「たこ焼き教室 無限」のここが凄い!3つのポイント/

①海遊館から徒歩4分!体験時間約50分!料金1,200円!で気軽に楽しめる
②店名「無限」の名にかけて。豊富な具材×ソースで「無限」の組み合わせを探求
③店長の想いがアツい!今後の展望や想いを聞いてみた

①海遊館から徒歩4分!体験時間約50分!料金1,200円!で気軽に楽しめる

「たこ焼き教室 無限」は、海遊館から徒歩4分の場所に位置する日和橋ビル2階に店を構えています。それではさっそく潜入してみましょう!

ここがたこ焼きマスターになれる場所…「TAKOYAKI」の文字が眩しいです

中に入り、階段を上ると…?

提灯がぶら下がる楽しげな雰囲気
わぁ~タコ焼き器がいっぱい!

こちらの「たこ焼き教室 無限」では、大阪では馴染み深い自宅でタコ焼き機を使って楽しむいわゆる「たこ焼きパーティー通称:たこパ」で、自分がたこ焼きを焼くコツを、「たこパのプロ」に伝授してもらえる、大阪らしさ満点の教室です!

海遊館から徒歩4分という好立地もさることながら、『たこ焼きを焼いて(コツを伝授してもらいながら)→食べる』の、一連の工程が約50分で楽しめるのも◎。海遊館に行く前、もしくは帰り道など、隙間時間に楽しめるのが嬉しいですよね。(※体験時間50分、1日に10回開催しているのですが、スムーズに体験するためにも予約推奨です!)

しかも、手ぶらでOK!材料費などすべてコミコミ価格で1人=1,200円というリーズナブルな設定!立地・時間・価格全て、フラッと行ける気軽さが人気の秘密♪大阪のソウルフード「たこ焼き」の作り方のコツをこの手軽さで取得できると思うと…最高ではありませんか!

②店名「無限」の名にかけて。豊富な具材×ソースで「無限」の組み合わせを探求

参加条件に「お腹を空かせて参加してください」と記載されている通り、こちらの教室では、1人12個、2人1組で合計24個のたこ焼きを協力しながら焼いていくスタイル。お腹いっぱい自分が焼いたたこ焼きを楽しめます♬

また、店名『無限』の名の通り、具材とソースの組み合わせを無限に楽しめます!ご覧ください!この豊富な具材の数々を!

具材は全部で約20種類!どの具材にしようか迷っちゃう!

通常のタコだけでなく、貝柱、イカ、エビなどの魚介類から、ソーセージ、コーン、ツナ、餅、チーズ、シソ、ネギ、桜エビ、プチトマトなど選べる具材料(別途料金が発生する具材も有)が盛りだくさん。約20種の具材を用意しています。

山田店長に聞くと、「自分好みのたこ焼きを見つけてほしい」「ベジタリアンの方でも楽しんでもらえたら」という想いから。イケメン店長です。

慣れた手つきでたこ焼きをひっくり返す山田店長

また、具材だけでなく定番のソース以外にも、マヨネーズ、ポン酢、しょうゆ、岩塩、出汁など約10種用意。日替わりで「パクチーソース」などの変わり種も用意しています。「味変」しながら、最後まで飽きることなくたこ焼きを楽しめますよ。

意外な組み合わせが実は美味しかったり…?新たな発見があるかも!

教室では、生地の作り方から、たこ焼きのひっくり返し方まで丁寧に指導。教室を出る頃には、たこ焼きマスターになれちゃいます。また、海外観光客向けに、教室では英語と日本語を交互に使って進めていくのも、この店ならでは。

そのほか、机には日本語・英語・中国語に対応した「たこ焼きの作り方マニュアル」がセッティングされていますので、ぜひご参考に♬

「作り方マニュアル」の後ろからひょっこり顔を出す山田店長

詳しい指導内容は記載出来ないのですが、たこ焼きのコツを一部抜粋すると…
(1)スイッチ側は火力が弱いのでたこ焼きの位置をその都度交換しながら焼いていく
(2)ひっくり返し方は、ドアノブを回すように時計の2時から7時の方向に竹串を鉄板に沿ってひっくり返す

などなど、惜しみなくコツを伝授してもらえますよ~!

体験の様子はこんな感じ。和気あいあいと進んでいきます。

ファミリーで参加する方も。思い出づくりにピッタリですね

ちなみに、たこ焼きの器は「経木舟皿」!一気に本物感が出て嬉しいですよね♬

無事にたこ焼き完成!美味しそう~~

③店長の想いがアツい!今後の展望や想いを聞いてみた

さて、先ほどから度々出ている山田店長。山田店長の地元は、大阪・弁天町でこの大阪ベイエリアが地元。生まれも育ちも大阪ということで、いわば「たこパのプロ」です。

そして、「大阪に観光に来る方に、普段大阪人が食べている『たこパ』のたこ焼きを楽しんでもらえたら」と、この教室をオープンしました。そんな山田店長に、今後の展望や想いについて聞いてみました。

たこ焼き器を手に持つ山田店長
山田店長
山田店長
普段大阪の人が食べているたこ焼きって、店のたこ焼きではなくて、たこパで楽しむたこ焼き。安くて美味しいたこ焼きを味わって欲しいのと、店名『無限』の名の通り、たこ焼きの楽しみ方や組み合わせって『無限』にあると思うので、この教室で培ったたこパの技術を地元や自国に持ち帰って、新しい具材を楽しんで自分好みのたこ焼きを探求してほしいです。

観光客の方で連日賑わっている「たこ焼き教室 無限」の様子、伝わりましたでしょうか?自分で焼いて楽しむ「たこ焼き教室 無限」は、たこ焼きの味の組み合わせも、楽しみ方も「無限」です!ぜひ一度足を運んでみてください♬

この記事を書いたライター情報

ラプレ

ラプレ

大阪・関西を中心に、新しいお店、イベントなどの取材活動を行っています。地域ニュースサイト「梅田経済新聞」「なんば経済新聞」「大阪ベイ経済新聞」も運営しています。

ラプレ が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES