HAMACHO HOTEL&APARTMENTS オープン!

HAMACHO HOTEL&APARTMENTS オープン!

2019/02/26

デザイナーの作品を体感する客室や、ブルーノート運営のダイニング&バー、ビーントゥバー「nel」が浜町にオープンしました。

metropolitana tokyo

metropolitana tokyo

HAMACHO HOTEL&APARTMENTS オープン!

日本橋の一角に位置し、緑あふれる公園や明治座などで知られる浜町。観光客らでにぎわう隣の人形町に比べ、落ち着いた雰囲気ですが、最近は話題のお店が増え、ひそかに人気が高まっています。その注目エリアにホテルを中心とした新たな複合施設「HAMACHO HOTEL&APARTMENTS(ハマチョウ ホテル&アパートメント)」が2月15日(金)、オープンしました。
170室のホテルは2人部屋が中心のビジネス仕様ですが、デザインホテル「CLASKA」(中目黒)を手がけたUDSが企画・運営し、内装やアメニティを充実。2階の客室「TOKYO CRAFT ROOM」は、国内外のデザイナーが作ったシェルフやコップを展示し、宿泊しながら作品を体感して購入することもできます。
1室1万1000~3万5000円(TOKYO CRAFT ROOMは5万円前後)とリーズナブルな価格設定で、観光客から人気が集まりそうです。

デザイナーのカップが展示してあるTOKYO CRAFT ROOM 年に3回程度、作品が追加されていく予定

1階部分はジャズクラブを運営するブルーノート・ジャパンが新業態ダイニング&バー「SESSiON」を出店し、音楽を感じるカジュアルな空間に、ハンバーグを羊肉でつくるなど一捻(ひね)りしたメニューをそろえました。さらに、カカオ豆の選別から板チョコまで一貫してつくるビーントゥバーのショップ「nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO」が入り、気の利いたお土産にも便利です。

店内でつくったチョコレートが並ぶnel
レコードなどが壁に並ぶSESSiON

ホテルと同じ建物に賃貸住宅(108室)を設けるほか、隣接地にはキッチンやラウンジを共有スペースとした新形態のシェアハウス「WAVES 日本橋浜町」が3月にオープン。注目施設の誕生で新たな交流が生まれ、浜町がより盛り上がっていきそうです。

この記事を書いたライター情報

metropolitana tokyo

metropolitana tokyo

「街(エリア)」を特集の切り口にした、新しいライフスタイル誌。東京メトロに乗って行ける駅=街(エリア)を、各号のテーマとして、その街の個性を衣・食・住さまざまな角度から楽しむライフスタイルの提案をしていきます。

metropolitana tokyo が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載