おいしさステーキ並み!秋葉原で黒毛和牛メガ盛りハンバーガー

特集

デカ盛りメニューにお腹も心も大満足

2019/02/26

おいしさステーキ並み!秋葉原で黒毛和牛メガ盛りハンバーガー

最高級A5ランクの黒毛和牛のおいしさをリーズナブルに伝えたいと、焼肉屋さんが始めた「HENRY S BURGER(ヘンリーズバーガー)Akihabara」。この店には絶品“メガ盛り”バーガーがあるんです。

るるぶ&more.

るるぶ&more.

肉グルメの激戦区・秋葉原で大人気のグルメバーガー店

 

グルメバーガーの店「HENRY S BURGER Akihabara」は代官山の1号店に続いて、2017年に肉の激戦区と名高い秋葉原にオープン。銀座線末広町駅から2分ほどの場所です。

 

1階はガラス張りのキッチン。2階がテーブル席になっていて、昼どきになると肉好きたちの行列ができる人気ぶり。実はこの店、黒毛和牛1頭買いの焼肉店「炭火焼肉なかはら」が経営しているので、肉にかける情熱がとにかくすごい!

黒毛和牛100%の超粗びき肉300gのバーガーは、ステーキ並みの肉々しさ!

 

「HENRY S BURGER」で1度は食べてほしいメガ盛りバーガーがこちら。最高級A5ランクの黒毛和牛100%のパティ100gを3枚重ねた「トリプル」(単品1480円)です。バンズに肉が収まらないボリューム感は圧巻!

ハンバーガーをガブッと豪快にほお張ると、肉の甘~い香りのあとうまみがグンと広がっておいしさが最高潮に!コクがあるのにクドさを感じないのは、上質な肉の証。ハンバーガーなのに、まるでステーキを食べているみたいです。

 

「HENRY S BURGER」では黒毛和牛のおいしさを最大限に引き出すために、パティのつなぎはいっさいなし。超粗びきの肉をプレスして、余分な脂を落としてこんがり焼き付けて仕上げます。

パティ以外の具材はレタス、トマト、チーズのみ。バンズは存在感を極力なくし、肉の引き立て役になるよう開発したという徹底ぶりです!

わさびがポイント!秋葉原店限定「メンチカツバーガー」も必食

 

もっと肉汁を感じたい人は2018年4月から新メニューとなった「チーズメンチカツバーガー」をどうぞ。写真は「ダブル」(単品1280円)。こちらのバーガーも思わず笑ってしまうほどのメガ盛りです!

 

メンチカツはバーガーと同じ粗びきパティを使っていて、揚げることで肉汁を閉じ込め甘さとジューシーさが焼くよりも倍増!注文ごとに揚げてくれるのもうれしいですね。ちなみにチーズはバーナーで香ばしく溶かしてカツと密着させています。

 

「HENRY S BURGER」のバーガーはどれも「コンボ」(ハンバーガー・シングル1180円~、チーズメンチカツバーガー・シングル1330円~)という名前のフレンチフライとドリンク付きのセットメニューにすることができます。プラス50円すれば、ポテトをオニオンリングかサラダに変更OK。

ちなみに一般的なA5黒毛和牛100gの相場は1600~2500円。それを考えるとこの店のバーガーは破格値です。焼肉屋による肉のおいしさを味わうためのグルメバーガー。肉好きさんなら食べずして肉を語れませんよ!

Text:松本いく子

●掲載の内容は2018年6月時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

チャレンジしてみる?ボリューム満点のハンバーガー日本初出店!

チャレンジしてみる?ボリューム満点のハンバーガー日本初出店!

おでかけメディア『るるぶ&more.』

アメリカ発『ファットバーガー』が、渋谷駅前の「MAGNET by SHIBUYA109」内に2018年4月オープン。話題性抜群のメニューは、どうやって食べようかと迷うほどのボリューム!

腹ぺこで行きたい。高さ20cmの肉肉バーガーをガブリ!!

腹ぺこで行きたい。高さ20cmの肉肉バーガーをガブリ!!

おでかけメディア『るるぶ&more.』

最近の鹿児島インスタ界隈を賑わしている「oose CAFE」の迫力満点のオシャレバーガー。モコモコの形がかわいい手づくりのバンズで、肉感たっぷりのガッツリパティを挟んだハンバーガーは人気の一品。

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES