映画『ねことじいちゃん』企画、岩合光昭監督インタビュー

2019/02/22

映画『ねことじいちゃん』企画、岩合光昭監督インタビュー

動物写真家・岩合光昭さん映画初監督!猫たちの自然な表情や島の美しい風景とともに、そこに暮らす人々をユーモラスかつ繊細に描き出した、映画『ねことじいちゃん』が、2019年2月22日(金)猫の日に全国ロードショー。知られざる作品の世界、ご堪能ください。

地球の歩き方ニュース&レポート

地球の歩き方ニュース&レポート

映画『ねことじいちゃん』ストーリー

主演男猫のベーコンくん

【ストーリー】
2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす大吉、70歳。毎朝の日課はタマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。島にカフェを開いた若い女性・美智子に料理を教わったり、幼なじみの巌や気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしている。しかし友人の死や大吉自身もいままでにない体の不調を覚え、穏やかな日々に変化が訪れはじめた矢先、タマが姿を消して――。

趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること

一人と一匹、生まれ育ったこの島で、共に豊かに生きるために下した人生の選択とは――?

という、大吉さんとタマさんを中心とした、島に生きる人々と猫を繋ぐ、ハートフルな物語です。

岩合光昭監督インタビュー

岩合監督のインタビュー中もおとなしいベーコンくん

■本作の”人間”のキャスティングにおける岩合監督のこだわりは?

岩合監督「ただひとつ、猫好きかどうかです!(笑)」と記者からの質問に対し、即答した岩合監督。「おかげで猫好きが集まりました、どうしてこの映画に出演してくださったのか聴くと、猫が好きだから、とみなさんおっしゃいます。柴咲コウさんは、猫好きとしても有名ですから」とコメントし、「田中裕子さんも猫好きです。小林薫さんは大河ドラマ(直虎:南渓和尚)でずっと膝に猫を乗せてましたよね(笑)、柄本佑さんもカフェで立ち上がるシーンがありますが、猫が驚かないように画面に映らないところからずっとあやしているんですよ(笑)」と各キャストの猫好きエピソードを披露。

主演も初挑戦、立川志の輔さん

■主演も初挑戦、立川志の輔さんを抜擢した理由

岩合監督「大吉さんのイメージに相応しいと思いまして、個人的にオファーしました。過去に、志の輔師匠と食事をしたことがありまして、その時に、学校の先生みたいな人だな、と思ったんです。大吉さんが、学校の元校長先生という設定なので、ぴったりだと」とコメント。「最初は、そんな大役引き受けられない、と見事に断られたのですが、後日、主役という違う世界のことを挑戦してみたい、とOKがでました」と、キャスティングについて話しました。

岩合監督とベーコンくん

■”猫”のキャスティングのこだわりについて教えてください

岩合監督「僕好みの、カオが大きな猫ということもあるんですが(笑)」と、前置きをおき、「人懐っこさがまず第一。そして彼はたくさんの動物たちと空港の近くで暮らしているので、物音に動じませんでした」と大物ぶり(?)がうかがえるベーコンくんのエピソードを披露。決め手については「最終選考で5匹まで絞ったんです。ベーコンは最後だったのですが、まるでアイドルが挨拶するように、壁際に立っていたスタッフ全員の足元を巡ったんです(笑)」と驚愕のエピソードも飛び出しました。100匹以上もの猫オーディションから選抜されたベーコンくんの名演技、映画でぜひご覧ください。

言われてみると、ちょっとおカオが大きいベーコンくん

■キャストの撮影秘話をこっそり教えてください

岩合監督「キャストが着替えをするための管理棟みたいなものがありまして、その管理棟に、35匹の本作出演猫たちの部屋を作ったんです。ある日、10数匹が出演するシーンの撮影のため、動物プロダクションの方々が全員出払ってしまったことがありました。そのとき、柴咲コウさんがメイクをしていると、猫の鳴き声が聞こえので、部屋をのぞいてみると猫のケージが汚れていたそうで、なんと全部のケージを柴咲さんとスタッフさんたちが掃除してくださっていたんです!」と、柴咲コウさんの猫好きというのがわかる秘話でした。

島にカフェを開く美智子役の柴咲コウさん

■初監督としてのこだわり

岩合監督「猫の目線を通じて、人々の暮らしや生活が見えてきて、街が見えてきて、国が見えて、そして地球が見えると思っているんです。本作『ねことじいちゃん』でも、島の自然、環境のなかで猫が人を結び付けていく、そんな作品にしています」と、動物写真家ならではの視点を語り、「隠し味としては、食べ物が多く登場しますが、味噌汁の湯気やご飯の蒸気などの描写にこだわっています。なぜなら、味噌汁はもちろん湯気や蒸気なども、島の水なんですね。島で生まれて育って、ずっとその水を飲んで暮らしているわけで、水とともに生きていく様子を描きました」とコメントしました。

ベーコンくんと心が通じ合っている岩合監督

『ねことじいちゃん』公開情報

『ねことじいちゃん』ポスタービジュアル

岩合監督「肩のちからを抜いて、島で過ごしている気持ちになってリラックスして観てほしい映画です、あと、全シーンに猫が必ずどこかに映っています(笑)」とコメントする本作、映画『ねことじいちゃん』。猫の目線で描かれる島に生きる人々の出会いやロマンスを、劇場でお楽しみください。

■『ねことじいちゃん』
URL:http://nekojii-movie.com/
2019年2月22日(金) 猫の日 全国ロードショー
配給:クロックワークス
©2018「ねことじいちゃん」製作委員会

舞台は太平洋に浮かぶ宮ノ島(愛知県佐久島)

アート作品が島のあちこちに

物語は、太平洋に浮かぶ架空の島、宮ノ島を舞台に繰り広げられます。この島のモデルとなったのは、愛知県西尾市に属する離島「佐久島」。三河湾のまんなかあたりに位置する、人口252人、広さは東京ディズニーランドの約3.5倍ほどの自然豊かな風光明媚な景観が特徴の島です。島では、アートによる島おこしに取り組んでいて、アートイベントも随時開催中。

映画『ねことじいちゃん』岩合光昭さんインタビュー&イベレポ

映画『ねことじいちゃん』岩合光昭さんインタビュー&イベレポ

本作の公開を記念して、岩合監督へのインタビューを実施!知られざる作品の世界、ご堪能ください。

この記事を書いたライター情報

地球の歩き方ニュース&レポート

地球の歩き方ニュース&レポート

地球の歩き方 ニュース&レポートは、国内外の観光、グルメ、イベント情報など観光客、旅行客に役立つ情報の他、地球の歩き方ユーザーのアンケートによるランキング、編集部の取材レポートなど、他では読むことのできない、世界各地の「今」を伝えるコーナーです。

地球の歩き方ニュース&レポート が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES