HKT48森保まどか、保護猫カフェでメロメロになるの巻!

特集

今日は「猫の日」!

2019/02/20

HKT48森保まどか、保護猫カフェでメロメロになるの巻!

猫好きのみなさんが小躍りする2月22日“ニャンニャンニャン”の猫の日がやってまいります♪ そこで、近年注目を集める保護猫カフェを、自身も保護猫と暮らすHKT48の森保(もりやす)まどかさんが体験します!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

そもそも「保護猫カフェ」ってニャンだ?

「保護猫カフェ」には、さまざまな事情を抱えた猫たちが集まっています

飼い主に捨てられたり、保健所や動物愛護センターに持ち込まれたり、避妊去勢手術を怠ったために起きる多頭飼育崩壊などから、ボランティアによって保護された猫が「保護猫」。そんな保護猫たちに新たな家族=里親を探す縁結びの場が「保護猫カフェ」です。不幸な境遇から救い出された猫たちが、運命の家族との出会いを待っています!

ボクたちに会いにきてくださいニャ

\HKT48の森保まどかさんが体験/

保護猫と暮らしている森保まどかさんが体験します

もりやす・まどか●1997年7月26日生まれ、長崎県出身。2011年にHKT48第1期生に。HKT48チームKIVメンバー。FM福岡「HKT48 渡辺通1丁目FMまどか まどかのまどから」(毎週木曜日21時~)に出演中。

とっても猫が似合うまどかさんですが、もともと動物は苦手だったとか……! それを変えたのが愛猫“おぼろ”くんとの出会いだったそうです。

森保家の愛猫おぼろくん(1歳9か月)。2017年6月の保護当時は小さな仔猫でした

おぼろくんは、カラスに襲われていたところを動物好きな弟さんが保護した猫。なんてラッキーな仔猫ちゃんでしょう! 名前の由来がこれまたステキで、ケガをしてぼんやり濁った右目が「朧月みたいだったから」。手当てをしてもらい、すっかり右目は良くなったそうです。

森保まどかさん
森保まどかさん
「最初は怖かったけど、おぼちゃんと暮らすうちに、自分と同じように呼吸して、ごはんを食べて、あったかくて……生命を感じました。今は遊んだりお世話をしたり、絆もできて仲良しです。とくに冬場は寒いのか、私の膝の上で寝ていることも多くてかわいいですよ♪ 保護猫カフェは、おぼちゃんのようにいろいろな事情を抱えた猫さんが集まっているイメージ。初めてなので楽しみです!」

保護猫カフェを楽しむ3つのポイント

1.基本姿勢は追わずに“待つ”!
2.オモチャとおやつで猫とふれあう
3.猫との出会いは一期一会

\訪れたのは「ネコリパブリック東京 お茶の水店」/

御茶ノ水駅から5分ほど。にゃんこのシルエットが目印のビルの4階にあります

「2022年2月22日までに、日本の猫の殺処分ゼロ!」を目標に掲げて、東京や大阪などで保護猫カフェを展開するネコリパブリック。カフェ利用や猫グッズの売り上げで運営&保護活動をサポートする、ビジネスとしても“自走”できるスタイルを目指しているのが特徴です。お店を利用するだけでも「猫助け」ができるので、「里親にはなれないけど、猫に会いたい」という人も大歓迎なのです♪

それでは、いざネコリパブリック(猫共和国)へ入国!

衛生面や猫の健康管理のため、靴下の着用がマストです。カフェ入口で販売もしていますよ

まずは足元の消毒と手洗い、ネコリパブリックの国民になるための入国手続きをしてから、保護猫たちのいるスペースへGO!

利用料金/平日30分1100円~、土日祝日30分1300円~ ※税別、1ドリンク付き。混雑状況により60分以上のコースを利用できない場合があります。

ネコリパのスタッフさん
ネコリパのスタッフさん
「ここにいるのは提携する地域の保護団体から預かった保護猫たちです。臆病な子や人馴れ訓練中の子もいますから、いきなり手を出したり、隠れているところをのぞき込んだりしないよう注意してくださいね。あとは家にいる感覚で自由にくつろいでください♪

1.基本姿勢は追わずに“待つ”!

追いかけたり、無理やりさわったりするのはNG

店内は昭和レトロな和室で落ち着きます。「猫さん来てくれるかな(ドキドキ)」(まどかさん)

保護猫のいるスペースに入ると、キャットタワーや猫ベッドなど、部屋のあちこちにまったり過ごす猫たちの姿が! 壁に貼ってある保護猫たちのプロフィールを読むと、ビビリ猫さん率が高いよう。早くふれあいたい気持ちをぐっとこらえて、猫たちを怖がらせないよう、ゆっくり距離を縮めていきましょう。

森保まどかさん
森保まどかさん
「うちのおぼちゃんも家族以外には人見知り。猫さんは繊細だから、まずは向こうから寄ってきてくれるのを待ってみます……!」
静かに待っていたら「にゃんだにゃんだ?」と猫たちが動き始めました
そろそろ存在を認識してもらえたかな?と、近くにいた黒猫さんにごあいさつ
森保まどかさん
森保まどかさん
「はじめまして~。驚かさないよう動きはゆっくり、姿勢を低くするといいみたいです♪」

ちょっとビビリなノワール(メス・1歳)

カメラにびっくりして真ん丸目になっています
森保まどかさん
森保まどかさん
「かわいいっ! おぼちゃんと同じ黒猫さんですね」
そのうち猫たちのほうからも、あいさつしにやってきました!

ナデナデ大好きなむぎまる(オス・9歳)

体重5.5kgと大きめで、おっとり穏やかな性格。長く外で暮らしていたそうです
森保まどかさん
森保まどかさん
「この黒白のむぎまるくんは、さっきまで猫ベッドで寝ていた子ですね。どっしりとして落ち着いています。うちの猫が若くて活発なので、落ち着いている大人猫さんって新鮮!」
茶白くんもまどかさんになでてほしそう

しっかりもののジェット(オス・1歳半)/左、好奇心旺盛なちゃろ(オス・8か月)/右

茶白のちゃろくんは、面倒見のいいキジトラのジェットくんが大好きなのだとか
兄弟みたいに仲良し。ジェットくんが毛づくろいしてあげています
なんだか気になるジェットくんにアプローチ。自然になでさせてくれました♪
ジェットくん、気持ちよさそうにコテン。「か、かわいい……」(まどかさん)
森保まどかさん
森保まどかさん
「ジェットくんはプロフィールにビビリでパンチが来るのでご注意!と書いてあるけど、とっても人懐こいですね」
ネコリパのスタッフさん
ネコリパのスタッフさん
仲間思いで空気が読める賢い子なんですよ。ちなみに羽田方面で保護されたのが名前の由来です」
森保まどかさん
森保まどかさん
「あれ? よく見ると耳が花びらみたいになってますね!?」
ジェットくんの右耳にご注目
ネコリパのスタッフさん
ネコリパのスタッフさん
「これは“さくら耳”といってTNRをした地域猫の印です。TNRはTrap(捕獲)・Neuter(避妊・去勢)・Return(元の場所へ戻す)の略で、不幸な野良猫を増やさないよう不妊手術をして一代限りの命を地域で見守る活動です。うちには事情があって外で暮らすのが難しくなった元・地域猫もいるんですよ」
森保まどかさん
森保まどかさん
「知らんかった……!(思わず九州弁)。みんなここへ来る前は過酷な生活をしていただろうに、フレンドリーな子が多くて驚きです」

華(メス・10か月)

前髪のオシャレな華ちゃんは、まだ人が怖いんだそうです

おとめ(メス・2歳)

ビビリな三毛猫のおとめちゃん。タワーの上から様子をうかがっています

もちろん怖がりな猫さんもいるので、温かく見守ってあげてくださいね。さて、猫たちとの距離がぐっと近づいたところで、もっと仲良くなれるアイテムを使ってみます!

2.オモチャとおやつで猫とふれあう

猫の大好きなアイテムで、親密感が一気にアップ!

オモチャを振ったとたんに猫たち大フィーバー!

カフェ入口には買って「猫助け」できるグッズがいっぱい。猫が喜ぶオモチャやおやつも売っています。まどかさんがチョイスしたのは猫じゃらし580円。ちなみにグッズを1000円買うと保護猫1匹の2日分のごはん支援になるそうです。

オモチャが大好きなキジトラのフィオちゃん(メス・2歳)に「オモチャを取られそう(笑)」(まどかさん)
すっかり猫使い!? さすがは猫飼い、猫じゃらしの振り方が上手です
森保まどかさん
森保まどかさん
「若い猫さんたちの食いつきがスゴイ……!(笑)。落ち着いたむぎまるくんはベッドへ帰ってしまいましたが、代わりに遊び好きな新メンバーが出てきましたよ」

ピノ(オス・1歳)

オモチャに誘われて出てきたのは、黒猫ノワールちゃんの兄妹のキジ白くん

エバ(メス・3歳)

好奇心が旺盛な白黒のエバちゃんもオモチャパーティーに見参

そして一番フィーバーしていたのが、この子!

むすび(メス・1歳)

人が大好きで、のっけからスリスリ攻撃してきた甘えん坊さん

オモチャでたっぷり遊んで猫たちもおなかがすいたかも? ここでトドメのキラーアイテムを投入!

おやつタイムで、さらにモテモテに!

ついに、にゃんこ界でも人気アイドルになる

さらにガッチリ猫心をつかむべく、おやつパーティーを開催♪ 「この人といるとうれしいことばかり起こる!」と思ってもらう作戦です。1日のおやつの販売数量は限定されているので、お早めに。1皿200円のおやつのほか、平日限定・要予約の猫用パフェ2000円もありますよ。

手のひらのおやつがなくなっても膝から下りないむすびちゃん

待ち→オモチャ→おやつの流れで、完全に保護猫たちと打ち解けたまどかさん。

森保まどかさん
森保まどかさん
「短時間で猫たちとこんなに仲良くなれるなんて、これはハマって常連になってしまいそう!」

でも、同じメンバーにまた会えるとは限らない、それが保護猫カフェなんです。

3.猫との出会いは一期一会

幸せをつかんで保護猫を卒業する子も続々!

おやつタイムでむぎまるさんも再びちゃぶ台へ戻ってきました

保護猫たちの一番の幸せは、里親さんに見初められて晴れて“家猫”になること。この日も新しい家族の下へ巣立った猫さんがいたそうです。だから保護猫カフェでの出会いは一期一会。今日、出会えた猫さんとの時間を存分に楽しみたいですね。

スタッフさんは掃除などで常に忙しく動いていますが、質問すると親切に答えてくれます
森保まどかさん
森保まどかさん
「猫に癒されるだけでなく、人と猫の貴重な出会いの場になっているのが、すごくイイですね」
ネコリパのスタッフさん
ネコリパのスタッフさん
「長くお店にいた子にはファンのお客様がいて、卒業の時に会いに来てくださったりするんですよ
森保まどかさん
森保まどかさん
「まるで学校みたいですね。学校といえば、猫たちはケンカしないんですか?」
ネコリパのスタッフさん
ネコリパのスタッフさん
「しますね~(笑)。例えば、むすびは人間には甘えん坊だけど、猫に対しては気が強くてオラオラ。むすびと相性が合わず、別の部屋へ移動した子もいます。一方で、フィオと三毛猫のたまが出産経験のあるママ同士で仲良しだったりと、いろいろな猫模様がありますよ」
森保まどかさん
森保まどかさん
「そんな関係性があるなんて……おもしろいですね!」
話し中、ちゃぶ台の上から動かないむぎまるさん。人に見ていてもらうと安心するみたい
ネコリパのスタッフさん
ネコリパのスタッフさん
人馴れ訓練中の子が人懐こい子を見て、人間との付き合い方を学んでいく面もありますね。猫同士も相性があるので、相性や食べるもの(療法食など)で、3つの部屋にチーム分けしています」

他の2つの部屋には、どんな猫さんがいるんでしょうか? おじゃましてみることにします!

まったりした空気が漂うシニア猫さんルーム

ここでもまずは“待ち”の姿勢

4畳のこぢんまりとした和室にいるのは高齢猫さん2匹。腎臓の療法食を食べているため別室なんだそうです。1匹はちゃぶ台の下にいるけれど、もう1匹はどこ?

ぎん(オス・15歳)

トイレにおこもりしていました! お茶の水店の名物おじいちゃん猫です

モミ(メス・6歳)

ちゃぶ台の下にいたのは、のんびりした癒し系の麦わら猫さん
森保まどかさん
森保まどかさん
「シニア猫さんはおっとりマイペースで、なごみますね。元気で長生きしてほしいな」

最後は新入りさん中心の洋室で締めくくり

3つ目の部屋には6匹のにゃんこがいます

こちらの個室のメンバーは、ネコリパに入国して間もない猫さんが中心。すっかり初対面の猫さんとの付き合い方に馴れたせいか、待たずとも猫たちが寄ってきましたよ。

ジタン(オス・8か月)

オモチャ好きなキジ白の若猫さん。「りりしい顔をしていますね」(まどかさん)

ダヤン(オス・8か月)

あれ? ジタンにそっくり! それもそのはず兄弟猫でした
「白いソックスがかわいい♪」(まどかさん)
アメショーっぽい柄のケイタくんは背中をなでられるのが大好き

ケイタ(オス・1歳)

気が弱く、守ってあげたくなるタイプ

このケイタくんが、むすびちゃんと折り合いが悪くメインルームから個室へ移った子でした。

森保まどかさん
森保まどかさん
ケイタくん人懐こくて良い子なのに、猫社会もいろいろあるのね……。早く里親さんが見つかりますように!」

カロン(メス・4歳)

ゴージャスな長毛三毛さん。耳がカールしています

カロンちゃんは人馴れ訓練中でパンチが出ることもあるそう。でも、そ~っと頬をなでさせてくれました。

ミコ(メス・1歳)

1月21日に入国したばかりの麦わら猫さん

このミコちゃんは現在、店内で唯一抱っこできる猫さん。膝に乗ってきたら抱っこチャンス!

「ミコちゃん、抱っこさせてくれてありがとう」(まどかさん)
森保まどかさん
森保まどかさん
「かわいい猫ちゃんに囲まれて、ふれあって、あっという間の2時間でした! 楽しむことが猫のためになる……WINWINというか、すごく温かみがあってステキな試みですね。そして保護猫たちの背景を考えると、猫を迎えたら最期まできちんと責任を持って飼ってほしいと思いました」

この日、店内にいた保護猫は25匹。大人猫ばかりだったのに気づいたでしょうか? ネコリパブリックでは、仔猫に比べて里親が見つかりにくい大人猫をメインに預かっているそうです。性格が分かりやすい大人猫は初心者でも飼いやすいのがメリット。何度か通って、自分のライフスタイルに合う子や仲良くなった子を迎えられるのも、保護猫カフェの魅力ですね。

取材メモ/取材当日は休日で、お店は大にぎわい。閉店後の取材に猫たちもさぞやお疲れでは?と思いきや、オモチャにおやつに大盛り上がり。大人猫がメインなのに、人懐こい子がこんなに多いとは! 森保まどかさんの猫へのまなざしも温かく、とてもなごやかで楽しいひと時でした。みんニャに幸せなご縁がありますよう!

構成=嶌村優(エンターバンク) 取材・文=伊藤正子 撮影=菊池さとる

\あわせて読めニャン/

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

SERIES