吉本坂46・SHUHOがダンスで優勝後に食べた銀座のよだれ鶏

特集

吉本坂46「RED」の泣かせメシ!

2019/03/22

吉本坂46・SHUHOがダンスで優勝後に食べた銀座のよだれ鶏

2018年にシングル「泣かせてくれよ」でデビューした吉本坂46メンバーが、ウルッ(!?)ときた思い出の「泣かせメシ」をご紹介。ダンサーのSHUHOの「泣かせメシ」は、ケガからの復帰戦で優勝した直後に食べたよだれ鶏。勝利のうれしさとともに、そのあまりのうまさに感動したという。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

本格的な中国料理に和の要素を融合させた「JASMINE 和心漢菜」

クールなダンスで会場を沸かせるSHUHOだが愛犬のポコを愛でる日々を送るキュートな一面も
SHUHO

SHUHO

ダンサー

広尾の人気店がGINZA SIX内に登場

東京都渋谷区広尾の人気中国料理店「中華香彩JASMINE」の姉妹店である「JASMINE 和心漢菜」は、2017年、「GINZA SIX」内にオープンした。その名前が示す通り、伝統的な中国料理に、四季や美感、おもてなしの心といった和の要素を掛け合わせた旗艦店となっている。看板メニューは、総料理長の山口祐介氏が約10年かけて生み出した「よだれ鶏」。SHUHOが「今まで食べたことないぐらいおいしかった」と感動を口にする、至極の一品だ。

テーブル席の一部からは厨房の様子を覗き見でき、料理の完成を待つ時間も楽しめるよう趣向を凝らしている
店舗はGINZA SIXの6階。フェラガモの銀座本店をはじめ、銀座ならではの街並みを見ながら優雅な食事ができる
店のオープンに際して、紹興酒のメーカーが寄贈してくれたというかめ壺は入り口すぐに置かれている。表面には、屋号の「和心漢菜」を使った詩が書かれているというニクい演出が

\SHUHO的お店の魅力/

SHUHO
SHUHO
「ダンサーとして、ケガからの復帰戦となったダンスバトルで優勝して、その次の日くらいに食べに行った銀座のお店です。復帰戦で優勝できた気持ちもあいまって、今まで食べたことないぐらいおいしいよだれ鶏でした。よだれ鶏って色んなお店に置いてあると思うんですが、ここのは別格です」
看板メニューであり、SHUHOが絶賛した「JASMINE名物“よだれ鶏”総州古白鶏の蒸し鶏 特製香りラー油」(1922円)。味もさることながら、美しい見た目にうっとりする
たっぷりのゴマが入った黒酢ベースの甘酢ダレが、みずみずしい鶏肉にとても合う

「よだれ鶏」はディナー客の9割がオーダーする人気メニュー。鶏肉を囲むように配された甘酢ダレには、八角や山椒など約15種類のスパイスを効かせたオリジナルのラー油をブレンド。刺激的な辛さが食欲をそそり、酸味がありコク深い甘酢と見事な融合を果たしている。またピーナッツを散らすことによって食感が変化し、いいアクセントになる。

\お店の人に聞いてみました/

メニューについて説明してくれた料理長の吉澤さん
料理長の吉澤さん
料理長の吉澤さん
「低温調理なので水分が過度に抜けず、みずみずしくしっとりした肉質になります。今はよだれ鶏にそうした質感をもたせる店も増えてきたんですが、JASMINEでは、広尾本店がオープンした7年ほど前からずっとこの調理法なんです」
土鍋で運ばれてくる「JASMINEの麻婆豆腐 土鍋仕立て」(2160円)は、よだれ鶏の次に出るくらい人気のメニュー
ふたを外すと湯気とともに、グツグツと音を立てた麻婆豆腐がお目見え。四川省漢源県で採れた高級な山椒を使うことで、シビレが強く香り高い。豆腐は型崩れしないが舌触りのいい、柔らかな木綿豆腐を使用
ラグジュアリーな雰囲気が漂う店構え。SHUHOのように特別な日に利用するのもいい
吉本坂46デビューシングル「泣かせてくれよ」

吉本坂46デビューシングル「泣かせてくれよ」

2018年12月26日発売

秋元康プロデュース!乃木坂46・欅坂46に続く、坂道シリーズ第3弾。吉本坂46のデビューシングル「泣かせてくれよ」が絶賛発売中!

取材メモ/SHUHOさんが絶賛していたよだれ鶏は、刺激的な辛さでしたが、それでも口に運ぶのを止められないほどのおいしさでした。麻婆豆腐はそれよりも辛かったような気がしますが、こちらも中毒性が高く、汗を垂らしながらすぐに完食してしまいました。

構成=シーアール、取材・文=井上良太(シーアール)、撮影=浅野誠司、動画編集=culture

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES